FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 2010年02月  

小沢vs検察;われわれにできること

2010 - 02/25 [Thu] - 16:28

まだブログを始めたばかりで試験的に書いてみているだけなので、おかしな書き方ご容赦お願いします。
以前書いたものをアップしてみたりしています。

民主党は次のような方向で粛々と対応していってもらいたい。
(残念ながらほとんど進んでいないのが現状である)

①司法記者クラブの解体(信頼できない60%・すぐにできる)
②クロスオーナーシップの廃止(後進国日本急ぐべき)
③検察官適格性審査会による検察官の罷免(多数の審査請求)
④取調可視化法の制定(恣意的捜査や冤罪の危険性の防止)
⑤企業献金の全面禁止(政治家抹殺のテロ行為の防止)
⑥検察官人事の一新(政治介入・裏金問題追求証人喚問)
⑦指揮権発動(最後の切り札)

われわれができるのは③である。
今回はまだ捜査中であるが、
西松事件については検察官の適格性を審査することが可能である。
まだ郵送していない人は早めにしましょう、切手代90円でした。

宮崎学:緊急告知「検察官適格審査会へ審査申し立てを」
http://www.the-journal.jp/contents/miyazaki/2010/01/post_76.html


西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版

■検察のおかしな逮捕に関するものすごい数の批判意見をリンクしていきました。
参考にしてください。

きっこ氏が日本マスメディアの偏向ぶりを「国際世論」に説明中

第175巻 【TBSの電波を放送停止にしろ!】税金の恩恵を返上せよ!など

第174巻 「小沢捜査」の検察側敗北を認めないマスコミの責任 など

2010.1.15水谷捏造事件の真相(第51巻から第175巻まで)

2009.3.3西松捏造事件の真相 (第1巻から第50巻まで)

小沢vs悪徳ペンタゴン=民主主義破壊勢力

2010 - 02/24 [Wed] - 19:19

●攻撃されているのは小沢氏ではない=民主主義そのものだ●
●倒せ悪徳ペンタゴン(天下り官僚癒着帝国=民主主義破壊勢力)●
=①検察特権官僚+②記者クラブ利権メディア+③自民党清和会+④企業献金+⑤米国CIA

検察特権官僚&記者クラブ利権メディア&自民清和会という
民主主義破壊勢力の重大犯罪が毎日TV新聞で繰り返されている!
国民はこれを絶対に許すことができない!

小沢。vs。記者クラブの最終戦争が勃発した。

市民ネット・ラジオが支持する小沢氏と、
大新聞・TVを支配する記者クラブとの闘いなのだ。

後藤TBS後藤キャスターは今年の選挙のテーマは「政治とカネ」だとしたいようだ。
昨年の選挙で「官僚とカネ」をテーマに大敗北したばかりなのを忘れたのか。
国民にとって「官僚とカネ」による大借金のほうがはるかに大きな問題なのだ。
「マスコミとカネ」の問題から目をそらしたいためだけに公共の電波を使っているとしたら大罪だ。

昨年と同様に世論調査が正反対になっている。
昨年も真実が知れ渡るにつれて選挙結果は、
ネット世論をはるかに越えて小沢大勝利となった。
今年は既に真実が知れ渡りつつあるがはたして勝敗はいかに。


西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版

■2010.1.15検察のおかしな逮捕に関する
ものすごい数の批判意見をリンクしていきました。
参考にしてください。

第173巻 【新聞の時代は終わった!?】ネット向け広告が新聞上回る など

第172巻 卑怯者、大手マスコミ!石川議員にインタビューしないのか!など

第171巻 民主党トロイカ体制破壊を狙う悪徳ペンタゴン など
     (小沢vs悪徳ペンタゴン=民主主義破壊勢力)

2010.1.15水谷捏造事件の真相(第51巻から第173巻まで)

2009.3.3西松捏造事件の真相 (第1巻から第50巻まで)

民主主義を破壊する検察&マスコミ相場

2010 - 02/22 [Mon] - 00:30

私は普通の老人ですが、戦前を思わせるような
民主主義の危機を感じてリンク集を作っていたら
どんどん大規模なものになってしまいました。
民主主義を破壊する検察&マスコミ相場では
安心して投資できず外国人も逃げていってしまうでしょう。
大敗北した自民党には反省してもらって、
政党名のように自由と民主主義にめざめて頂きたいと思っています。
健全な相場は上がることが大切なのではなく、
活況であることこそ大切なのです。
上がってもバブルでは意味がありません。
株価は好材料でも出尽くせば下がるのです。
小泉政権は米国の証券バブルにささえられていたにすぎません。
クリントン民主党政権時代のように活況になってもらいたいと願います。


西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版

■2010.1.15検察のおかしな逮捕に関する
ものすごい数の批判意見をリンクしていきました。
参考にしてください。

第170巻 「地検を指導できない」千葉法務大臣、即刻の更迭を など

第169巻 石川議員独占告白「新聞・テレビはデタラメだらけ」 など

第168巻 アホな東京地検とマスコミは解体をするしかない など

第167巻 時代の大局観でみれば小沢一郎の政治姿勢こそが尊い など 

第166巻 検察&メディア・スクラム が激しく劣化させた日本の民主主義 など 

2010.1.15水谷捏造事件の真相(第51巻から第170巻まで)

2009.3.3西松捏造事件の真相 (第1巻から第50巻まで)

«BACK | HOME | 

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム