FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 2010年03月18日  

第207巻 「特捜」崩壊 墜ちた最強捜査機関  など 

2010 - 03/18 [Thu] - 15:57

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
    (特捜検察の民主主義破壊批判大全集


■検察のおかしな逮捕に関するものすごい数の批判意見をリンクしていきました。参考にしてください。

第207巻 「特捜」崩壊 墜ちた最強捜査機関  など 
 ==>リンク集を開く

「特捜」崩壊 墜ちた最強捜査機関
◎身内から危機感が噴出!

特捜検察

「難しい捜査を組み立てて指揮管理できる人材が不足している。要するに素人だ」(元東京地検特捜部幹部)
「最初に描いた筋書きに強引に当てはめて事件を作っている。恫喝的な取り調べが度を超している」(元東京地検特捜部幹部)
「事件の処理能力自体が著しく落ちた。経験不足を露呈している」(国税当局筋)
「もはや捜査のプロ集団ではない。持ち込まれた情報の裏に何があるかを見抜ける人がおらず、裏のある情報に飛びついて安易に事件を組み立ててばかりいる」(警視庁筋)


無責任な「報道の自由」は許されない
後藤「検察のリークに基づく有罪視報道」という文脈で、毎日新聞・読書室に多くの意見が寄せられた。それにも拘わらず、そのような趣旨の投稿は一つも「読者の声」として報道されなかった。
メディアが、「報道の自由」の名の下に無責任な報道をする。その最大の理由は、メディアを批判する者がいても、その批判を国民に提供するメディアが少ないからだ。つまり、新聞とテレビとの間に相互監視の緊張関係がないことが、無責任報道の原因だと言える。そのためには、クロスオーナーシップを禁止して、メディア同士が相互監視し、批判する体制にする必要があるのだ。
 
小沢氏への謝罪はまだなのか!

経団連
小沢幹事長に“翻弄”される「財界の総本山」経団連の凋落

世論調査の辞任要求 それでも小沢一郎が絶対辞めない3つの根拠
[2月8日 小沢幹事長定例会見]より「それから、もう一つは世論調査ですけども、ここ1ヵ月以上にわたりまして、小沢一郎は、水谷はじめその他のところからの不正なお金を受け取っていると、けしからん人物であるというたぐいの皆さんの報道がずっと続きました。そしてその後の世論調査でございます。今度そのような不正はなかったということが結果として明らかになったわけでありますので、私の願いとしては、小沢一郎を不正な献金は受けとっていなかった、潔白であったという報道を同じように続けていただいて、その後に世論調査をしていただければそのときにコメントいたします」

【法務省と千葉法務大臣が民主的政権を崩壊させる】
千葉
可視化法案、今国会提出見送り【時事】←皆さんTwitterに溢れる怒りの声を聞いて下さい。

世論調査で嘘をつく大手マスコミに飽きてしまったw

山崎行太郎:郷原信郎の役割は終わったね。・・・・
国家や検察は、はむかう人間を、決して許しはしないし、放置しはしない。検察による「小沢潰し」の強引な捜査は、検察が小沢一郎という豪腕政治家を、国家や検察にとって危険人物と察知したから始まったのであって、小沢一郎氏の「犯罪」とは無関係である。小沢一郎氏が犯罪を犯していようと犯していまいと、つまり「犯罪事実」や「捜査能力」とは無関係に、小沢氏を「悪徳金権政治家」として「犯罪者」に仕立てあげて逮捕し、スケープ・ゴーととして政界から抹殺することが目的だったのだ。だから強引と言われようと暴走と言われようと、あるいは「劣化」と言われようと、がむしゃらな国策捜査が必要なのだ。検察は劣化しているのではない。本性をむき出しにしただけだ。郷原氏には、それが分かっていない。

小沢が悪いと言えば検察が免罪され

 ==>リンク集を開く

スポンサーサイト



第206巻 まずは小沢氏と国民に謝罪せよ! など

2010 - 03/18 [Thu] - 15:42

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
    (特捜検察の民主主義破壊批判大全集


■検察のおかしな逮捕に関するものすごい数の批判意見をリンクしていきました。参考にしてください。

第206巻 まずは小沢氏と国民に謝罪せよ! など 
 ==>リンク集を開く

目覚めよ!お人好し国民:アンチ小沢勢力の世論操作にだまされるな
官報複合体による世論操作にまんまと乗せられる日本国民
みのもんた辛抱古舘星浩2

小沢問題の本質、どう伝えてきたか・・3月15日毎日新聞・開かれた新聞委員会から
こんな子供だましで済むと思っているのか毎日新聞とTBSの報道犯罪を犯してきた記者たちよ、まずは小沢氏と国民に謝罪せよ!
後藤小沢幹事長の政治資金問題に関連して毎日新聞・読者室に多くの意見が寄せられた。その多くは「検察リークに基づく有罪視報道」という文脈で、新聞と検察を批判するものだったという。


2010.3.13_01/11 リチャード・コシミズ【医療と健康】山梨増富座談会
小沢幹事長でもネット70%支持とTV新聞70%不支持で正反対!
表側メディアの役割は伝えるべき情報を隠蔽すること!


鳩山政権の支持率はなぜ下がったか
マスコミは、とにかく小沢幹事長が怖いので、「政治とカネ」の問題だとかいって煽るわけだが、しかし、根本的に国民が感じている空気感というのは、こういう、「変えるといっていたのに、たいして何も変わらないじゃないか」というところのストレスなんだろうなと思うわけである。

[民主党政権] 衆院圧倒的多数盤石議席の民主政権はあと3年半安泰
【また「政変」を煽る大マスコミ】(ゲンダイ的考察日記)

[文化放送3/16]山口一臣氏「鳩山政権支持率低下は検察のデマに負けただけ」
「あの捜査は検察の出世・保身・金儲けのため」

名古屋高検の検察官が盗撮しても逮捕もされず単に書類送検で終了。マスゴミは名前さえ出さず。植草一秀との扱いのあまりの違いに唖然

マスコミがにぎりつぶした舛添議員の発言。
マスコミは検察とマスコミ自身に都合の悪い情報はいっさい報道しないという方針を変えるつもりはないようだ。
日本人は真実を知ることができないので、虚偽の報道でミスリードされてしまう。


 ==>リンク集を開く

 | HOME | 

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム