FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 2010年04月  

第244巻 捏造・でっちあげ:また特捜部の実体が明らかになど 

2010 - 04/26 [Mon] - 18:09

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
    (特捜検察の民主主義破壊批判大全集


■検察のおかしな逮捕に関するものすごい数の批判意見をリンクしていきました。参考にしてください。

第244巻 捏造・でっちあげ:また特捜部の実体が明らかに など  
 ==>リンク集を開く

捏造・でっちあげ:また特捜部の実体が明らかになった。(岩上安身氏のツィートより)
特捜検察iwakamiyasumi 続き。石川氏は言う。「検察官は、「大変なコストをかけて作った政権を、つぶしていいんですか?」と、禅問答のようなことを言うんです」。つまり、あなたひとりのためたに、新政権に迷惑をかけていいのか、意地を張らないで、自己犠牲を払うべきではないか、という誘惑である。
(注:筆者から。検察が政権を倒したい事を、過酷な取り調べの中で「石川氏のせいで政権を潰してしまう」と誘導、洗脳しているのだ)
iwakamiyasumi 続き。これは石川氏に限らず、生真面目で、所属する組織や共同体に迷惑がかかることを、ひどくおそれる日本人には、非常にこたえるはずである。もうひとつ、検察官からは、「事実と裁判は別のものだ」と言われた、という。
iwakamiyasumi続き。取調べ中、検察事務官からは、「あんたが、やっていないことは、みんな知っている。だけど、それとこれとは違うんだ」とも、言われたと。たしかにその通り。検察が作り出していく事件のストーリーというは、事実とは違うものなのだ。
「事実と裁判は別のものだ」というのは「捏造・でっちあげに協力しろ」と言っているようなものだ。
普天間、鳩山首相の問題がかたずいた後に残るものは、参院選前の小沢氏への猛攻撃しかない。良識ある国民のみなさん。  できる事でいいので戦闘態勢(暴力ではない)に入り、情報を共有して小沢氏を守ろう。 そして特捜部を即刻解体させるべきだ。


渡辺誤算続きの反小沢マスコミのドン = 大手マスコミのドン・ナベツネ  

オープン化答弁書「結果として、国民の声に検察も同意したのではないか、今回の決定を素直に受け止めるべきである」 ムネオ日記

沖縄の基地問題に、どうしてこうも日本人は冷たいのか。
鳩山おそらくマスコミは、それを鳩山政権に対する大規模な反対集会であるかのように、確信犯的に曲解して、テレビや新聞で垂れ流すのだろう。そして、バカな国民は、テレビをつまみ見ては、ますます鳩山政権は追い詰められているなと、溜飲を下げる人もいる。まさに、このバカな国民にして、バカなマスコミありである。

[電波利権の闇] 電波独占を民主党にジャマされたくない
電波オークションが進まないウラには、総務省官僚の天下りも隠されている。民主党が昨年5月に発表した国家公務員の再就職調査では、総務省からNHK関連団体や民放キー局の系列局に天下っている連中がゴロゴロいた。天下り廃止も掲げる鳩山政権は、「電波利用権」を抱え込みたい官僚とテレビの「共通の敵」になっているのだ。グルになった日本の「テレビ一家」が、鳩山政権つぶしで総攻撃をかけているのが現状だが、果たして民主党に反撃の準備はあるのだろうか。

【国内】ジャーナリズムをダメにした記者クラブの実態(前半) 20090302

【国内】ジャーナリズムをダメにした記者クラブの実態(後半) 20090302


民主議員は、テレビで毅然と反論を!
   ∬(`・ω・´)∬   朝の。。細野氏の出演された番組を
   <(    )>   見ませんでしたので
   /      \   それに関しては何も言えないのですが
      II II       皆様のおっしゃりたいのは
              弁解に終始しないで。。もう少し
              積極的に反論しろ!ってことですね?

              そうですね!細野さんに限らず
              民主党の皆さん
              テレビ出演の際は。。
              彼等マスコミが。。いつもの
              「政治と金」を持ち出してきた時
              何故。。ちゃんと
              「ちょっと待ってくれ!」と
              毅然と。。。反論しないのでしょう?

              不思議でなりません。。

              何故。。「1月13日の大久保秘書さんの
              公判では
              これこれこういう事に
              なっている。
              検察の主張が、覆された!
              ほぼ無罪が決まったも、同然なのです!」
              と、一言言えないのでしょう。。?

              マスコミがその事を、敢えて国民に
              伝えないのですから
              貴方たち民主党の議員さんが
              国民に伝えるのが、当たり前です!

              民主党の議員さんの、怠慢です!

              折角のテレビ出演を無駄にしては
              いけません。。。

              国民に。。生で説明できるチャンスなのです。。

              現在では、記者に話しても、それが新聞や
              テレビで間接的に報道されると
              彼等マスコミの都合の悪いところは
              カットされ
              都合の悪いところだけ、報道されます。。

              どうか。。生で語って下さい。。

              テレビに出て厳しいことを言うと
              それを倍返しにされるかも。。なんて
              恐れないで下さい。。

              傲慢な彼等マスコミは
              下でにでると。。余計にのさばって 
              やりたい放題です。。。

              どうか!勇気を出して
              テレビに出て
              毅然と主張して下さい!

              それが。。ひいては。。
              民主党に所属している
              貴方がた議員さんの為でも
              あるのです。。。

              「政治と金」で、うちの支持率が
              落ちたなんて。。嘆かないで下さい!
              事実は違います!

              東京地検特捜部と、マスコミが作りあげた
              冤罪です!

              勇気をもって
              国民に、丁寧に説明して下さい!

              それが、一番です!

前原氏は。。卑怯では、ない?
   ∬(`・ω・´)∬    昨年の3月3日
   <(    )>    当時の小沢代表の大久保秘書さんが
   /      \    特捜部に逮捕されました。。。
      II II
               その逮捕を理由に
               仙石、前原氏などは
               小沢氏に代表辞任を迫り
               その座から、引きずり降ろしました。。

               さて今年1月13日の大久保氏の公判で
               検察の。。西松の政治団体がダミーで
               あるという主張が崩れ
               無罪が、ほぼ決まったのです。。。


               この公判を前原さん達は
               知らないのでしょうか。。?

               知っていて。。その後も
               小沢氏の責任論を
               繰り返しているのでしょうか。。?

               こんな卑怯な連中が。。。
               今や。。大臣だなんて。。。

みのもんたが、岡本真夜ファンを誹謗中傷!
みのもんた<==拡大する
先日、私はTBSの朝ズバを見ていたら、
みのもんたが、上海万博のテーマソング盗作問題について論じていた。

みのもんたは、はっきりとこう言った。
「上海万博のテーマソングは、中国の有名な作曲家が作った
オリジナルの作品です。
それなのに、日本の三流女性歌手の歌のパクリだなんて、
とんでもない侮辱ですよ。言いがかりもはなはだしい。
岡本真夜のファンは、いいかげんで、バカですね。
中国もアメリカも日本なんかよりも、ずっと立派な国ですよ。
日本はサイテーの国ですね。」

私は、みのもんたのこの発言に唖然として、言葉もなかった。
もとより、みのもんたがアメリカや中国を始めとした
諸外国に媚びへつらい、日本及び日本の総理大臣に罵声を浴びせる
売国奴の司会者であることは、知っていたが、
ここまでひどいとは…。

みのもんたは、さらにこう言った。
普天間問題にしても、アメリカは
「地元の民意を大事にする」と明言しており、とても良心的ですね。
それに比べて、日本の鳩山総理はバカですね。
鳩山さんなんかを選ぶ日本国民もバカですね。」

私は悔しさのあまり泣きたくなった。
TBSはいつまで、みのもんたのような日本国民を平気で侮辱する司会者を
テレビのMCとして起用し続けるのだろうか?

明日から、また朝ズバが始まる。
私はTBSに強く要求したい。
みのもんたは、岡本真夜のファンを誹謗中傷したことについて、
また、日本国民全員を侮辱したことについて、
一日も早く、謝罪すべきである!


 ==>リンク集を開く

第243巻 茶番検察:こっそり西松事件起訴状を変更 など  ([電波利権の闇] テレビはなぜ鳩山政権を叩くのか)

2010 - 04/25 [Sun] - 12:43

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
    (特捜検察の民主主義破壊批判大全集


■検察のおかしな逮捕に関するものすごい数の批判意見をリンクしていきました。参考にしてください。

第243巻 茶番検察:こっそり西松事件起訴状を変更 など 
    ([電波利権の闇] テレビはなぜ鳩山政権を叩くのか)
  
 ==>リンク集を開く

茶番検察:こっそり西松事件起訴状を変更
起訴状変更で表現修正 特捜部、西松建設事件
検察庁検察は捜査の誤りを認めたわけだ。共謀と単独犯では、与える印象も量刑にも差がある。意図的にやったとしか考えられない。まさにでっち上げ捜査の典型。
西松建設事件では、検察側証人により、起訴事実が否定され、大久保秘書の無実が確実であったが、本来、修正届けで済む収支報告書の記載ミス事件を拡大解釈し、逮捕、起訴し、西松建設事件の無実を覆い隠そうとする検察の魂胆がミエミエであり、卑怯、かつ許しがたい行為である。恐らく、過去にもこのようなことをして、数多くの冤罪事件をでっち上げてきたのであろう。

西松事件は一国の総理大臣になるべき人への歴史に残る大冤罪事件だ!
検察&マスコミ&自民党よ!
まずは小沢氏に謝罪せよ!

村木iwakamiyasumi また、東京地検に抗議しようかな。RT @ogawahiro 東京地検のオープン記者会見の参加条件が時代錯誤過ぎて面白い。インターネット報道協会の参加がOKなのに、会見中の撮影・音声・電子配信は禁止。動画・静止画ともに冒頭のみ。これじゃ、インターネット報道、意味ないじゃん
厚労省文書偽造 村木元局長公判 
供述調書証拠扱い 来月判断  
「不採用なら無罪濃厚」
神戸新聞4月19日付夕刊記事より


小沢主義考(5) リーダーの条件と政局を見る
鳩山首相は、優柔不断だとか言う声もあるが、決めることは決めて来た。自民党政治では、全て官僚が次官会議で決め、閣議で大臣が署名捺印する政治であった。だが、民主党政治のスタイルは違う。閣議決定前までは、百家争鳴なのである。だから一見優柔不断に見えるだけである。なお、普天間問題は5月末と言っているのを、マスコミが、勝手に足を引っ張っているだけである。リーダーとしての真価はこれからだ。

[電波利権の闇] テレビはなぜ朝から晩まで鳩山政権を叩くのか<1>
鳩山テレビの「鳩山政権バッシング」が日増しにエスカレートしている。首相の弱々しい会見、大臣たちの発言食い違い、普天間移設問題などを朝から晩まで流し、コメンテーターが「迷走だ」「公約違反だ」とダメ押しする。内閣支持率が急落するのも無理はない。テレビはなぜ、政権の足を引っ張ることに異様に執念を燃やすのか。そのウラにはとんでもない利権の闇が隠されていた
売上3兆円に対して電波利用の負担はたった40億
このウマ味を手放したくなくて民主党批判
民主党を弱体化し支配下に置きたい(日刊ゲンダイ)

民主党が政策に掲げた「電波利用料のオークション制度」。電波を有限資源としてとらえる世界では当たり前の考えだが、これまで格安料金で電波を独占してきた日本のテレビ局はそこに触れてほしくない。現在40億円で済んでいる利用料が、数倍、数十倍に膨れ上がる可能性があるからだ。
 それで、オークション制度はもちろん、そんなことを言い出す民主党政権そのものを封じ込み、弱体化させ、支配下に置いてしまおう。そうテレビ局経営者が考えたとしても不思議じゃない。いや、経営者なら当然の感覚だろう。
後藤 テレビの民主党叩きの本質はここにあるのだ。
 しかも、今回の特徴は民主党批判するテレビ局を、資本関係にある新聞社が全面的に支援していることだ。それが表れたのが、民主党・小沢一郎幹事長に対する嵐のような攻撃だった。
 昨年春から報道が始まった小沢氏の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件。テレビでは女子アナや芸人キャスターまでが「小沢さんは辞めるべき」「説明責任を果たせ」と叫び、街頭で「小沢氏は国会議員を辞めるべきか」などと「○×アンケート」を行う番組もあった。影響力が絶大なテレビが、起訴も逮捕もされていない政治家を“容疑者扱い”した報道を連日続けたのだ。
みのもんた タッグを組むように新聞社も検察の尻をたたき、捜査情報をロクに検証しないでタレ流し続けた。
「自民党時代は、新聞メディアが汚職政治家を厳しく批判しても、テレビは後追いで、報道もソフトだった。小沢幹事長の事件は、テレビも横並びという点で異様だった」(民主党議員)
 こうした状況に原口一博総務相が、テレビ・新聞を牽制する対抗策に出た。特定資本が新聞社やテレビ局などの複数メディアを持つ「クロスオーナーシップ」を規制しようとした一件だ。
「日本では総務省令で、新聞、テレビ、ラジオの『3事業支配』は原則、禁止です。しかし、基準があいまいで例外的に認められているケースもある。このため、読売新聞と日本テレビ、朝日新聞とテレビ朝日、毎日新聞とTBS、産経新聞とフジテレビ、日経新聞とテレビ東京のような系列関係が築き上げられてきました」(ITジャーナリスト)
渡辺 この5大メディア資本が、すべて同じ方向に動いた結果、狂気のような小沢バッシングになったのだ。元秘書の石川知裕衆院議員がいきなり微罪で逮捕された乱暴さなどは、まったく検証されなかった。原口総務相は会見で「同一資本が一色で支配することは、言論の多様性からみて問題」と指摘したが、テレビ、新聞は「クロスオーナーシップ」に言及した大臣発言をほとんど取り上げなかった。阪大名誉教授の鬼木甫氏(情報経済論)はこう言う。
「この件は新聞・テレビのクロスメディア所有の弊害がそのまま出た。つまり国民の『知る権利』が害されているのです。クロスメディアの規制を実施し、テレビの好まぬ話題は新聞が、新聞の批判はテレビが行うという環境づくりが必要です。外部批判を欠く状態は『停滞と腐敗』を生みやすいのです」
 ところが、テレビは耳の痛い話だから全く報じない。そればかりか、原口総務相まで縛ろうと、民主党政権攻撃をさらにエスカレートさせた。それが現在の普天間基地移設をめぐる鳩山首相「無能無策」報道、「5月退陣論」報道なのである。


【だいたい褒めている記事は紹介しないマスゴミ利権屋w】
鳩山政権。日本メディアが報じない海外メディアの評価

古舘 
古館降板!? マスゴミも確実にメルトダウン中

朝日新聞、腐ったような社説を書くな!
(世相を斬る あいば達也)

Re: 日刊ゲンダイは→正論♪
    ∬(*^m^*)∬   その論理でいけば。。
    <(     )    読売新聞は
    /      \   アメリカから
       II II     お金が流れているのでしょうね!

               それで。。
               毎日毎日、やいのやいのと
               普天間問題で、むやみやたらと
               総理をせかし。。
               アメリカ様のご機嫌を損ねるぞ!と。。?


               あっ!それから。。
               肝心の日刊ゲンダイですが。。
               どの。。腐ったマスコミも
               切り込まない。。
               いえ! 自分たちの権益を
               そっとしておきたい。。
               「対価として安すぎる電波使用料」を
               国民に知らせ。。
               大変素晴らしい記事だと
               思いました!

               昨年夏、私達庶民が作った政権を
               一緒に支えて下さって
               いつも、大変感謝しています!

               日刊ゲンダイさん! 頑張って下さい!

               そして。。鳥越氏、勝谷氏。。
               岩上氏、大谷氏、高野氏、郷原氏
               その他の方々。。
               宜しくお願い致します!

 ==>リンク集を開く

第242巻 迷走しているのは大マスコミのほうだ! など    (東京地検は最高検通達を過去にも無視)

2010 - 04/23 [Fri] - 17:33

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
    (特捜検察の民主主義破壊批判大全集


■検察のおかしな逮捕に関するものすごい数の批判意見をリンクしていきました。参考にしてください。

第242巻 迷走しているのは大マスコミのほうだ! など  
    (東京地検は最高検通達を過去にも無視)
  
 ==>リンク集を開く

迷走しているのは大マスコミのほうだ!
大マスコミは敗北宣言をせよ!

小沢一郎2マスコミ報道では迷走している のは民主党なのですがそれならば何で?自民党からの離党者+新党を作る必要があるのでしょうか?
民主党が迷走しているのではなく、マスコミが迷走しているのではないでしょうか。
政権交代してやり方が変わったことを理解しようとせず、官僚いいなりの自民党と違うと言っているようにしか聞こえません。
民主党は新しいことをしようとしているのだからモタツクことは当然で、じっくり見守る姿勢が全くないマスコミは異常としかいいようがありません。
国民のためにモタツクことは大歓迎です。


Re: 卑怯な。。マスコミ。。   
   ∬(^―^)∬/    そのとおりです!
    <(   )     検察が、事実上「敗北」している事を
    /     \    どのマスコミも
      II II       ほおかぶりして
               報道しようとしません。。

               それでいて。。。
               まだ。。「政治と金の。。」と
               小沢氏の前に枕詞をつけるのです。。

               全く!卑怯極まりない。。。マスコミです。

■■記者クラブ解散に怒るマスゴミの■■
渡辺鳩山総理が会見を「記者クラブ」以外にもオープンにしたために、将来的な「記者クラブ」の解散に怯えたマスゴミたちの民主党叩き。
オープン化した頃からマスゴミの民主党攻撃が執拗になった。オープン化した記事は紙面で小さく扱っただけ、読売などは記事にもしなかった。
サンケイの日枝・読売の渡辺・電通成田は、麻生の「安心社会実現会議」のメンバー。自民党べったりのマスゴミども。


鳩山首相のクビ取り狙う記者の心理
後藤デマ報道ばかりのマスコミは日本の健全な世論形成にとって有害な存在である。選挙で選ばれた国民の代表である総理大臣がマスコミの汚い世論操作により失脚させられるようなことはあってはならない。われわれ国民にできることはマスコミのデマに踊らされないことだけのようだ。

田原官房機密費を受け取った疑いのある「政治評論家」の実名
田原総一郎・藤原弘達・俵孝太郎・細川隆一郎・早坂茂三・竹村健一・三宅久之・・・。
(マスコミ抱き込みに有効な官房機密費として。) 「日本の裏金」「裏金」(共に、古川利明 第三書館)


●「日本の新聞はなぜつまらないか」(EJ第2800号)

「一億総白痴化」というリアル
テレビ局が過剰に、「日本はおしまいだ」「この国に未来はあるのか」というように煽り立てるが、それは自分たちの会社自体がヤバイから、余計に、この国も、もうおしまいだろう、と悲観的になり、そのマスコミがつくりだすネガティブな「機運」や「雰囲気」が、この国を覆い、悪い方向に、不景気な方向に、向けていっているわけである。

東京地検は最高検通達を過去にも無視
と期待しないでみる。uesugitakashi

特捜検察 記者クラブの牙城またも陥落
最高検は全国の地検と高検に、地元記者クラブに所属しないフリー記者らも含め会見を開くよう通知。
2010/04/22 18:45 【共同通信】


速報!検察庁が記者クラブ開放?
どの程度の実効性ある記者クラブ開放かは予断を許さないが、あまりの評判の悪さに、一定の見せかけ譲歩なのかどうかは、今後の推移によるだろう。
飛びつくほど喜ぶべきかどうか、経過観察ということだ。


検察の記者会見オープン化通達には、何か意図的なニオイがするが…検察審査会の結果に関連しているようなニオイを感じる・・・、そんなタイミングではある。

hageta[霞ヶ関・天下り問題] 天下りの天皇はコイツだった~渡り生活16年、生涯賃金10億円…
生涯賃金もさることながら、天下りの弊害のひとつには組織の質の問題があります。
プロパー(生え抜き)職員にしてみればどんなに頑張ってもトップや幹部にはなれずモチベーションはあがらない。
それどころか、出る杭は打たれる事なかれ主義が横行―。そのプロパー職員もコネ入社ばかり―。
天下りポストを確保することが目的化し税金の無駄遣いは拡大する。
心ある人はこんなあり方ではいけないと考えているでしょうが、余計な波風を立てる余裕はないでしょう。
枝野大臣はトコトンやって欲しい。
今でこそ大きく取り上げる問題ですが、大マスコミは知らなかったはずはありません。


 ==>リンク集を開く

第241巻 ネットメディアが新聞・テレビに代わる など     「マスコミは、もはや政治を語れない」

2010 - 04/22 [Thu] - 19:01

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
    (特捜検察の民主主義破壊批判大全集


■検察のおかしな逮捕に関するものすごい数の批判意見をリンクしていきました。参考にしてください。

第241巻 ネットメディアが新聞・テレビに代わる など
     「マスコミは、もはや政治を語れない」

 ==>リンク集を開く

ネットメディアが新聞・テレビに代わる
 佐々木俊尚「マスコミは、もはや政治を語れない」

八ッ場ダムや記者クラブ開放、小沢一郎氏の政治資金問題など、世間が注目したニュースについても、「大マスコミ」の記事とブログやtwitterで明かされる内容を対比させ、メディアが本来伝えなければならない「事実」がもはや新聞・テレビにはないことを主張している。

議員【帯広市長選挙 民主系候補が勝利!】
この選挙で何が重要なのか。それは、この選挙区があの石川代議士の地盤であり、直接的に陸山会事件の審判が地元で下される選挙だったからだ。
もし、敗北していたなら、普天間くらい報じられたに違いない。新聞は、一面で報じるだろう。しかし勝利の結果、何処の新聞も通信社も報じることは無かった。

誰かさんはイラク戦争の戦費に35兆円もの国民の税金を差し出した。
一方で、毎年2200億円の医療費をケチり、労働者を搾取し、高齢者と障害者と要介護老人を放り出した。
要は、社会保障が小さく、朝貢が大きな政府だったのである。


CIAの手先になっていた読売グループ
渡辺マスコミは自分たちの利益のために虚偽の情報を流したり、政敵を誹謗中傷をすることを忘れてはならない。
日本のマスコミは自主規制ルールすら守らない集団なのでCIAよりも凶悪なブラックプロパガンダを展開することもたびたびである。
日本のマスコミの報道は怪文書を日本全国にばらまいているようなものであり、日本人の健全な世論形成にはなはだ有害である。
日本のマスコミの記者はジャーナリストではなく、日本人を洗脳する諜報工作員である。
2010年現在いまだにマスコミの記者たちは日本人を洗脳し世論操作しようと必死である。
マスコミの記者たちの本当の目的は自分たちに都合のいいように視聴者を洗脳して日本人の心を支配することだ。
日本人の心を支配しているということが、マスコミの権力と富の源泉なのである。
どうもわれわれ日本人はマスコミの言うことを信じすぎるきらいがあり、マスコミの木偶になっている気がする。


「いかれた鳩山」記事。日本のマスコミではなく海外誌が批判

小沢氏の言葉行動全て批判するマスコミ
岸井警察に逮捕されていないのにまるで極悪人犯人扱いのマスコミに人権を考えて貰いたい。
民主党の行おうとしているマスコミ改革の反発は解るが度が過ぎるのでは。
小沢氏の行動、言葉はごく当たり前の事、それがいつの間にか独裁者・日本をダメにするに代わっている。
日本をダメにしているのはマスコミ各社ではないか、マスコミの低能ぶりには世界中の笑い物になっているのでは。
小沢一郎国民のための政策を貫こうとする小沢氏の存在は既得権益を守ろうとする一部の特権階級者たちにとっては脅威。
マスコミの世論操作やあらゆる手段を使って、小沢氏に悪印象を植え付け潰そうとしてきた。
小沢氏本人は政策は語っても、他党の批判は絶対しない。


日本記者クラブと検察(1)
<<保存版>>日本記者クラブが隠蔽し報道しない検察の失態
検察庁去年3月に大久保秘書が突然逮捕された事件について、裁判で検察側が致命的な状況に立たされていることを日本の大手マスコミ(記者クラブ)は報道していない。

あの事件で、大久保秘書を有罪にするには、検察が次の二つを立証する必要があった。

とにかく記者クラブ制度は廃止して競争原理を取り入れなければならないのは確かですね。
①献金した政治団体が西松建設の完全なダミーであったこと
②大久保秘書がそのことを知っていたこと

ところが、1月13日に、何と検察側証人として出廷した西松の元総務部長が、団体には実体があり、ダミーではなかった証言してしまった。

千葉この時点で大久保の無罪がほぼ決まった。

この証言に慌てたのは検察である。検察は、1月15日に大久保氏を再逮捕し、2月4日に大久保氏の起訴について、東京地裁に訴因変更を請求した。要するに、検察は西松ルートでの裁判を諦めたのだ。

大手マスコミ(日本記者クラブ)はこの事実を国民に知らせていない。今後、裁判が進む中で、検察庁と日本記者クラブが失態をどのように誤魔化そうとするのか、実に楽しみだ。


Re: 日本記者クラブと検察(1)
特捜検察>検察は、1月15日に大久保氏を再逮し、2月4日に大久保氏の起訴について、東京地裁に訴因変更を請求した。要するに、検察は西松ルートでの裁判を諦めたのだ。

西松建設問題で公判維持ができないとみて、別の政治資金規正法違反(4億円借入金記載漏れ)で逮捕したわけですね。

訴因変更ということは、西松建設問題は問わないということになりますから事実上は無罪ということになりますが、最初の逮捕によってダメージを受けた本人にとっては大変なことですね。

それにしても大手新聞の全てがそのことに触れていないことは、記者クラブあたりでの申し合わのようなものがあったんでしょうかね。

日本の民主主義は大丈夫でしょうか。


Re: 日本記者クラブと検察(1)

    ∬(`・ω・´)∬   大久保氏の1月15日の公判で
    <(    )>   西松の総務部長が
    /      \   「団体はダミーではない!」と証言
       II II        したのに。。
              殆どのマスコミは
              音なしの構えでした。。。

              一体。。どういう事なのでしょう。。?

              昨年の3月3日に大久保秘書が逮捕され
              マスコミは、大騒ぎし。。

              その結果として
              小沢氏が責任を取らされ
              代表を辞任されました。。
        

              それなのに
              上記のように。。。
              秘書さんが、実質無罪になったら
              マスコミは
              ダンマリなのです。。

              報道しないのです。。。

              これが。。現在のマスコミの
              ありようなのです。。。

              検察が不利である事を書いたら
              次から。。検察に嫌がらせをされ
              情報を教えてくれなく
              なるのでしょうね。。。

              だから。。書きたくても。。
              書けないのでしょう。。。


              官邸も、先日。。記者会見を
              フリーにも開放しました。

              検察庁も、一刻も早くフリーの記者にも
              開放しなくては、いけません。。。

              でないと。。冤罪が又起こって
              しまいます。。。

              検察官僚達が、気に入らない政党、政治家を
              簡単に葬ってしまうことができる
              現状を。。。何とかしないと
              いけません。。。

              今は、フリーの記者の方が
              果敢に取材をしていますよね?!

Re: 日本記者クラブと検察(1)
>今は、フリーの記者の方が果敢に取材をしていますよね?!

フリーの記者の記事は高くて
不況、真っ只中ののマスコミ業界では
あまり需要が無いという現実もあります。

お抱えのサラリーマン記者の方が
ずっと安く上がりですみますからね。

果敢なフリー記者の活躍によりスクープが
どんどんネットメディアなどに流れ出せば
閉鎖的なマスコミの現状も変わるかもしれませんがね。


 ==>リンク集を開く

第240巻 『暴走検察』(上杉隆・週刊朝日取材班) など    (検察 vs 小沢一郎のバトルロワイヤルの記録) 

2010 - 04/21 [Wed] - 20:50

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
    (特捜検察の民主主義破壊批判大全集


■検察のおかしな逮捕に関するものすごい数の批判意見をリンクしていきました。参考にしてください。

第240巻 『暴走検察』(上杉隆・週刊朝日取材班) など 
    (検察 vs 小沢一郎のバトルロワイヤルの記録) 
 
 ==>リンク集を開く

『暴走検察』上杉隆+週刊朝日取材班 vs 検察 vs 小沢一郎のバトルロワイヤルの記録が発売中!検察庁

『検察が危ない』【郷原信郎著】を読んで(江川紹子)

小沢一郎をはめる謀略を行おうとしている疑惑がある検察審査会
検察が徹底的に調べて不起訴にしたのに、検審が数週間で「起訴相当」か「不起訴不当」を出した場合、検察が即起訴すると検察の威信にかかわる。しかし、検察が「不起訴」にすると、検察は全資料を裁判所が指定した弁護士に渡すことになる。検察はこれを嫌がる。不正がバレル恐れがあるからである。
検察審査会の決定はオーバーにいうと、日本の今後の運命を決するほど重要だ。もし、「起訴相当」が「不起訴不当」が出たとき、検察がどう出るかに注目が集まる。その場合、普通は検察は「不起訴」とするのが普通であるが、即座に起訴するという噂がある。注目である。


検察が小沢だけを狙う理由 (高橋敏男のブログ)
何か恐ろしいことになっていると感じるが、真実は意外と簡単なことなのではないか。
上手いこと税金を掠め取って、優雅な生活を続けたい。
何時までも支配者でいたいがために嘘を嘘で繕っているだけなのだ。
それにマスコミがグルになって国民を洗脳しているだけである。
気づかない国民がバカなのだと、
ほくそえんでいるのであろう。
また国民以上の政権も作り得ないことも確かである。


やはり小沢総理しかいない
小沢一郎小沢嫌いの人に言いたい。独裁独裁といいても彼は永久に政治家をすることはない、4年間だ。
とにかく後はマスゴミ対策を徹底的にやってもらいたい。この国のマスゴミは腐っている。いつもアメリカのポチであり国民のことより、自社の利益や視聴率しか頭考えないマスゴミの抜本的な改革が必要だ。後は官僚公務員改革。検察の改革。これだけはやって小沢さんは楽しくて健やかな老後を送ってもらいたい。


危険水域に突入したのは有権者の政治意識である
自分たちが選んだ民主党政権をわずか半年で不支持に回ってどうする

「最後の総仕上げ、最後のご奉公のつもりで、日本の民主主義を定着させたい」―。18日、両親の法要の場で、小沢一郎がこう訴えかけた。窮地に追い込まれた民主党政権を、何としても守り抜くという決意が見てとれる。
「ヨチヨチ歩きで頼りないが、新たな道を歩み始めた政権と、足腰が立たなくとも、権力の甘い汁にすがりつく旧体制勢力。どちらが、ベストな選択かは自明の理です。軽佻浮薄(けいちょうふはく)な報道に惑わされたら、いけません」(九大名誉教授斎藤文男)


本当にマスメディアも信用も失墜したな
岸井俺が子供のころテレビ新聞は絶対正しいと信じていた。しかし民主党政権になり、突然メディアは本性を現し、現政権に牙を向け始めた。
わかったことはメディアとはジャーナリズムという美名のもとに本性を隠してはいるが本当は利権にまみれた汚物だということだ。
テレビ新聞で正義ズラして喋ったり書いたりすることは国民のことを考えてるのではなく、すべて既得権益にしがみついた汚い集団だということが分かってきた。
今度の選挙で民主党が勝てば、メディアは壊滅的な打撃を受けるので、そうはさせじと今は死に物狂いだろう。この国の民主主義を守るために今度の選挙では民主党にぜひ勝ってもらいたい。


日刊ゲンダイに。。テレビのことが。。
∬(`・ω・´)∬/   日刊ゲンダイに
 <(    )    次のような記事が
 /      \   載っていました。
    II II        要約します。


     テレビは政権の足を引っ張る事に、何故異様な執念を
     燃やすのか?

     その裏には、とんでもない利権の闇が隠されていた。

     「『不運で愚か』って書かれていますよ。」
     「メシ食うとき10分間喋ったのどうの、そんな次元じゃ
      ダメだってこと!」

     TBS の朝ズバッ!で、みのもんたが、ワシントンポストの
     記事を取り上げ、こうコキ下ろした。

     みのもんたに限らず、民放は横並びで鳩山政権に攻撃的だ。

     お笑いの爆笑問題や、女子アナまでが、「頼りないですね」と
     言って、視聴者を反鳩山に誘導する。

     「権力監視はメディアの役割」などと、もっともらしい理屈を
     主張しているが。。。

     テレビが、鳩山政権を叩く理由は別にある。
    
     ズバリ、「電波利権」を、守るためだ。

     民主党が昨年の総選挙直前の7月に掲げた政策集
     「INDEX 2009」。

     発表時、テレビ業界に、衝撃が走った。

     どうしてかと言うと、テレビや携帯電話会社が利用している
     電波の料金に、競売(オークション)制度を導入する記述が
     あったのだ。

     電波は、言うまでもなく、国民の有限資源だ。

     それなりの「対価」が当然なのに、テレビ局が負担する
     電波利用料が「破格に安い」のだ。

     総務省によると、テレビや携帯電話会社が、納める電波
     利用料は年間約750億円。

     このうち、携帯電話会社が8割以上を占め、テレビは全体の
     5%、たった約38億円しかない。

     「現行料金は、安すぎる。

     年間3兆円の売り上げがあるテレビ業界の負担が、極端に
     少なすぎるのです。」
     
        (電波業界に詳しい阪大名誉教授、鬼木氏)

 
     民主党は、ここに切り込もうとした。
     そして、テレビから大反撃を受けているのである。



     ∬(`゜mm゜´)∬   メディアが反対しているのは 
      (     )   クロス・オーナーシップ規制
     /       \  記者クラブ全面解放
        II II     新聞の再販制度禁止

                だけでは。。。
                なかったのですね!

                それで。。。
                政権の悪口三昧。。& 潰し狙い
                なのですね。。。

Re: 日刊ゲンダイに。。テレビのことが。。
全く同感です。
シナリオにそった口パクであることが露骨にわかり気持ちが悪いです。
信頼できるジャーナリストはTVでは非常に少なくなりました。
しかし、ネットでは岩上さんのようなすごい人があらわれ期待しています。
問題はTV新聞を信じる国民が非常に多いことです。
私も長年、TV新聞のどれかが真実を伝えているだろうと信じていました。
TV新聞が自分の利権のためにデッチアゲ記事を平気で書くなんて夢にも思っていませんでした。

 ==>リンク集を開く

«BACK | HOME |  NEXT»

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム