FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 2011年04月26日  

第546巻 首相にふさわしい政治家→小沢氏がトップに など

2011 - 04/26 [Tue] - 16:31

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。速報リンク転載版はこちらです

第546巻 首相にふさわしい政治家→小沢氏がトップに など

首相にふさわしい政治家→小沢氏がトップに
安藤優子(FNN&産経合同世論調査) hivere 壺井須美子 osamu9912がリツイート
国民は、小沢氏が掲げた「国民の生活が第一」のマニフエストを支持して、民主党に政権を与えたのに、実際には「小沢一郎の政治」を一度も、まだ体験していない。劣化した自民党、菅内閣。それに代わる政権は、衆議院選で国民に支持され、しかも未だ実行されていない、小沢政権しかありえない


もう革命しかない! 天木直人 | 民主党で政権運営の本質を知っているのは小沢だけ 平野貞夫『日刊ゲンダイ』 04/23


やっぱり可視化は必要だ~陸山会事件第9回公判傍聴記
(江川紹子ジャーナル)
 4月22日に行われた陸山会事件の第9回公判。検察側証人として出廷した検事が、取り調べ中に作成したメモを、被疑者の面前で破り捨てたことを認めた。3人の裁判官たちはこの事実に強い反応を見せ、口々に「なぜ破ったのか」「どのようにして破ったのか」「あなたはその時に興奮してたのか」などと検事を追及。郵便不正事件の裁判では大阪地裁の裁判官たちが、公判前にメモを廃棄したことについて取り調べ検事に鋭い質問を浴びせていた。東京でもメモの扱いを巡っては、裁判官が敏感に反応するようになってきたのだろうか…。
[小沢裁判] 呆れた特捜副部長登場 『日刊ゲンダイ』 (「日々担々」資料ブログ)“別件”を持ち出し、そちらは目をつむる代わりに“本件”を認めさせる。よく検察が使う手だ。吉田検事も、勝手に描いたストーリーを完結させたかったのだろう。ところが、肝心要の水谷建設の裏金についても、吉田検事は法廷で「証拠関係を精査して間違いないと思った」なんて言いながら、その根拠は「覚えていない」といういい加減さだった。
脱原発孫正義は経済界の小沢一郎だ (ryuubufanのジオログ )
原発孫の100億円寄付で検察は手を出せない (ryuubufanのジオログ)

田中真紀子1 投稿者 maruimarui2121

田中真紀子2 投稿者 maruimarui2121
▼低線量被曝でも発がんリスク―米科学アカデミーが「放射線に、安全な量はない」と結論―
kawauchihiroshi 川内 博史 chateaux1000がリツイート
現時点において、東京電力福島第一原子力発電所から放出された放射性物質の総量は、大気中に放出された量が、広島型原爆が撒き散らした放射性物質の量の、少なく見積もっても30倍。水に溶かした量は60倍。恐ろしい量。ベクレルとか、国民に分からない単位ではなく、分かりやすく説明すべき。
iwakamiyasumi 岩上安身
続き。田中龍作さんの質問。保安院は、電気事業者の天下り先であり、文科省は原子力の安全神話をばらまき、原子力安全委員会のトップは推進派。メディアは広告を受け取っている。国民は信用していない。細野氏の回答。そうした不信感があることは承知している。それを払拭するのが、政治家。


電力会社の膨大な原子力マネーは、大小様々なメディアにばら撒かれ反原発世論を封じ込めてきた。
その大物ジャーナリストも、週刊現代に反小沢記事を書いていたライターも一致したのが、「なぜ、この時期に小沢一郎を使わないんだ!」という疑問であり怒りだった。
INTRODUCTION ●さらば八百長メディア。
【原発事故】金と権力で隠される東電の闇
 マスコミ支配の実態と御用メディア&文化人の大罪!   川端幹人
【原発利権】用地買収、下請け参入、利益供与
 原発ビジネスと反社会的勢力   李策


「市民運動家」という偽りの仮面を被った菅直人の正体 ~正体は「全学連に対峙する”体制の犬”」~
アホが官僚を怒鳴り散らし官邸機能せず
   ( ̄(●●) ̄)/    あのアホは
     <(官僚です)   アホのくせして
       ■■       僕らを
       II II        怒鳴り散らすので

                  もう
                  僕たち
                  官邸の建物を
                  見るのさえ
                  嫌なのです。。。
                    (キッパリ!)

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム