FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 2012年02月18日  

第626巻 東京地検特捜部のでっち上げ捜査は誰が罪に問うのか など

2012 - 02/18 [Sat] - 11:21

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)

■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。速報リンク転載版はこちらです

第626巻 東京地検特捜部のでっち上げ捜査は誰が罪に問うのか など
小沢元代表公判で石川議員の調書を違法と不採用、
東京地検特捜部のでっち上げ捜査は誰が罪に問うのか
(shimarny) 小沢氏公判での証拠却下決定、注目すべきは、虚偽公文書作成の範囲と偽証の認定、特捜部の組織的な不当取調べの認定 郷原信郎 
hiwatari大鶴佐久間
◎まず特捜部元幹部の謀略を明らかにせよ
  ∬(*μ_μ)∬   田代元特捜検事は
  <(   )   上司の命令で   
  /     \  捜査報告書を作成したと
    II II    証言しました。。

         トカゲの尻尾切りで
         終わらせては
         いけませんね~

         それから
         ゼネコンの
         「小沢さんに裏献金を渡していない!」と
         いう70点にのぼる
         供述メモの証拠隠し。。

         検察審査会の素人11人に
         「故意に」
         小沢氏を起訴させるよう
         仕向けた

         特捜部元幹部の罪は
         重いですね!

         郵便不正事件での
         大阪地検の
         大坪元特捜部長や
         佐賀元副部長など。。
         
         比べ物にならないぐらい

         ずっと、ずっと
         悪質ですね。。。
大坪被告
東京地裁(大善文男裁判長)は、石川調書の証拠採用をしない決定を出しました。(各々方、安心するのはまだ早い。裁判所には「推認」と言う分けワカラン手がありますからねー)
[小沢被告第14回公判(1)]「取り調べは違法、不当」「組織的な圧力」…裁判長が痛烈批判、検察官調書を次々否定 産経新聞
「虚偽供述に導く取り調べ」地裁、検察を批判(読売新聞)
本日(2/17)、東京地裁で石川議員の調書を不採用が決定。 (文藝評論家・山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』)
「小沢一郎無罪」は確定となるところだが、大善文男裁判長にその度胸があるかどうか。大善文男裁判長が、 「最高裁判所事務総局」のピエロかどうかが判明するだろう。「推認」の次は、「妄想」とか「神のお告げ」により有罪とか言い出したりして。これが、日本司法の哀しい現実。北朝鮮を笑えない。
小沢裁判 検察審査会イカサマ発覚! 「チェッ・・バレちゃぁ 仕方ねぇ」 最高裁事務総局
最高事務総局2
小沢裁判:大善文男裁判長は大部分の調書を不採用したが、判決は不透明? - (傍観者の独り言)
大善君登石君と同じやり口かな (ryuubufanのジオログ)東京地裁 石川調書全面却下 これで小沢元代表無罪決定的か 崩れた!検察審の強制起訴根拠 (日刊ゲンダイ) 小沢氏裁判 石川議員の調書不採用 2月17日 10時49分 NHK「違法不当なもので、許容できない…」[陸山会公判] 小沢氏への「報告・了承」調書を証拠採用せず 東京地裁 弁護側に有利に? (産経新聞) 共謀認めた石川議員の調書、証拠採用せず 小沢氏公判 (朝日新聞) 
朝日新聞が検事4人を実名報道
田代政弘検事  供述調書を却下 (石川知裕議員を調べた)   逮捕間近?
花崎政之検事  供述調書を却下 (池田光智元秘書を調べた)  ?
蜂須賀紀雄検事 供述調書を採用 (池田光智元秘書を調べた)  ?
前田恒彦検事  供述調書を採用 (大久保隆規元秘書を調べた) 服役中


小沢裁判:17日、東京地裁も供述調書を不採用、でも有罪判決(邪推) - (傍観者の独り言)
まんがで説明・陸山会事件「お天道さまがみてる」(まんがイラスト ぼうごなつこのページ)
あとは田代検事逮捕、登石判事罷免へ
むけてネットで国民の総力を結集していくしかない
掲示板、twitterでマスコミが報じない真実が明らかになる今
陸山会事件での東京地検特捜部の政治介入には必ず落とし前をつけさせる
前代未聞の一連の政治謀略事件はクライマックスへと向いつつある

◎虚偽記載は、秘書でなく特捜検事だった
 ( ̄(●●) ̄)  えっと
 Ф(田代検事 )  親分がー、子分をー
 I ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄I  かばうようなーことをー
            こんなもんでいいかな~


    (^(m)^)/    僕も大久保秘書を
   (前田元検事)   聴取している時
      ■■     「僕、今・・作家の時~!」
      II II    な~んて
             言ってたけど

            「親分が子分を・・・・」
             だ、な~んて
             田代君は
             作家のセンス
             ないな~~~

◎ 小沢氏無罪で、改革に大鉈を奮って☆
とにもかくにも、今日の石川氏供述調書証拠不採用は良かったですね。。
それにしても、何と陳腐(金銭を支払った時に記載か、登記日に記載か)
な起訴事由で、国民の血税を浪費しているかと、検察官僚、司法官僚に強い
憤りを感じずにはおられません。。。。

マスコミよ、死ぬな、生きろ! 衆議院議員 石川知裕(月刊日本)
若狭
NHK~!冤罪検察を擁護する古狭を使うな
「小沢氏の関与を疑う、証拠の柱が殆ど消滅しました!」は良いのだけど
毎度お馴染み、あのさも悪徳弁護士面の古狭のコメントを入れるな~
~~
どうしても有罪にしたいのが、ミエミエだ~~
彼のコメントは、検察そのもののコメントだじょ~~~☆
NHKも、まだ諦めきれないのか~~~~~☆
もう、観念しなちゃい~~~~☆


小沢氏裁判の楽観視は禁物。気を緩めず更なる反撃が必要。攻めるが最大の防御。(かっちの言い分) 
「政治家失格は自明」 調書不採用で自民・脇氏 公明・井上氏も「説明責任ある」=馬鹿ですね!説明責任は検察にある
野党党首
show_you_all 笹田 惣介
「裁判の結果」を左右するのは「法廷における立証の巧拙」でも、「事実と証拠の積み上げ」でもない。最大の要因は「裁判官の属性」である。裁判官の人事処遇を支配している「最高裁事務総局」が司法行政の全てを専有している。非常に悔しいが、小沢裁判も同様だろう。「その後」が大切だ…。

5ba2a
◎NHK大越、都合が悪い時はコメントせず
 ( ̄(●●) ̄)    という事で
/( NHK大越)\  小沢氏の裁判の予定は
I ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄I  この後論告求刑が3月○日で
              判決が4月の下旬に・・・

     
   ∬( ゜曲゜)/    大越~~~!
  <(   )    これまで
  /     \   「政治と金」を
    II II     散々煽ってきた時は
          余計なコメントばかり
          言っていたくせに

          都合が悪くなると
          いつも
          だんまり。。。

          卑怯者~~~!
          何か一言でも
          言いなさ~~~い!

          バカたれ~~~~!

野田政権頓死の情勢強まる 悪党は小沢排除の菅・仙谷・野田一派だ (日刊ゲンダイ)
代表戦 
菅直人は小沢さんに土下座して謝罪しろ
そうでなければ潔く議員辞職しろ
できないなら
党員資格剥奪と党から追放するノダ
菅だけではなく岡田も即刻責任を取れ
何時も煮え切らない岡田がやっとこさ決断して小沢さんを党員資格停止処分に。
岡田はこんな間違った重罪を犯して党にとてつもない被害を与えたのだから即刻党員を辞するべきだ。
何の証拠もなく菅や仙石の尻馬にのって小沢氏を嵌めたのだから責任は重大だ。
菅も仙石もミスしても責任を取らないで来たが、これが民主党の一番悪い点だ。
岡田のミスは取り返しが出来ない程大きかった。
小沢さんが資格停止解除になれば民主党はまた元通り信頼回復可能だろう。
即刻小沢さんに党を委ねる事だ。
非常事態の日本の為にも。
そんな事は馬鹿でも判る事だ。
ったく。

スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム