FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 2014年08月  

第730巻 この国は役人共が貴族階級化し、邪魔な政治家を冤罪で葬り去るような国 など

2014 - 08/17 [Sun] - 22:57

■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。速報リンク転載版はこちらです

第730巻 この国は役人共が貴族階級化し、邪魔な政治家を冤罪で葬り去るような国 など

この国は役人共が貴族階級化し、邪魔な政治家を冤罪で葬り去るような国元同人文字屋氏」
また起こったメディア殺人・・・笹井さんの自殺と浅田農園の老夫婦の自殺  武田邦彦

STAPの悲劇を作った人たち(1) 放送法の意味  武田邦彦
STAPの悲劇を作った人たち(2) 最初の人は理研  武田邦彦
笹井芳樹氏の遺書公表は「行き過ぎ」「リークするのは大問題」と弁護士が解説 小保方氏が警察に賠償を求める可能性も指摘
また、若狭氏は、人の信書や手紙を正当な理由なく、開けてはいけないという刑法(信書開封罪)にも触れ、警察に正当な理由がない場合、遺書を保管したままというのはよろしくないと付け加えると、山田氏は「ましてやマスコミにリークするのは大問題ですよね」と指摘した。
荒川氏が、遺書を公開した場合は、法に触れないのかを訊ねると「民事的には小保方さん側が警察に対して、秘密にわたることを勝手に公にしたという形で賠償を求めるということはあり得ると思います」と、若狭氏は説明。
最後に荒川氏が「これ問題にならないんでしょうかね、この先」と問題提起すると、若狭氏は、遺書の中に公にしても構わないと書かれている場合は別、としたうえで「遺書というのは本当に個人に宛てた最後の手紙・信書ですから、それを勝手にマスコミに公にするというのは警察の捜査としてはあり得ないこと」と、解説した。

笹井氏遺書「マスコミなどからの不当なバッシング」理研・笹井氏自殺 いつまで許される野依理事長の責任逃れ(日刊ゲンダイ)
理研・笹井氏自殺 いつまで許される野依理事長の責任逃れ
ノーベル賞を受賞した権威を汚すな!
湯川秀樹
朝日で慰安婦強制連行を捏造した吉田清治は 共産党員で共産党から立候補していた  共産党は捏造に絡んでいないのか?
朝日新聞社長は会見して、責任の所在をはっきりせよ。  花田紀凱



スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム