FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 2018年11月  

第878巻 「カルロス・ゴーン氏は無実だ」ある会計人の重大指摘 など

2018 - 11/26 [Mon] - 23:19

「カルロス・ゴーン氏は無実だ」ある会計人の重大指摘 そもそもの罪が成立していない(現代ビジネス)
大鶴
ゴーン逮捕で日本の“中世並み”司法制度に海外から一斉批判! それでも特捜部は自白強要のために長期勾留するのか
ゴーンを小沢方式で叩きだす ニッサン果実は俺たちで 
役員報酬「隠蔽」は退任後の「支払の約束」に過ぎなかった~ゴーン氏逮捕事実の“唖然”(郷原信郎が斬る)
ゴーンの逮捕容疑「50億の報酬」は払われていなかった! 検察の杜撰すぎる捜査とリークに丸乗りするマスコミ
まさかの無罪も…? ゴーン巡る大マスコミの迷走と混乱(日刊ゲンダイ)
大坪被告
前田トイシイクオ
村本道夫弁護士、大室俊三弁護士、山本健一弁護士、この3名の名前は
sengoku38最高裁長官竹崎博充

スポンサーサイト



第877巻 「説明責任は韓国政府にある」と沖縄タイムス! など

2018 - 11/22 [Thu] - 22:18

「説明責任は韓国政府にある」と沖縄タイムス! 
韓国では絶対教えてもらえない1900年当時の東アジア勢力図
韓国とは一切の関係を断つ方が良い。(日々雑感(My impressions daily))
「移民によって壊された国」スウェーデンは明日の日本の姿だ。(日々雑感(My impressions daily))
ゴーン逮捕の謎(小笠原誠治の経済ニュースゼミ)
陸山会事件でドジ踏んだ元特捜部長がゴーンの弁護士に!!
 ゴーンの弁護士に、陸山会事件で東京地検特捜部が虚偽の捜査報告書というドシ踏んだ時の次席検事だった大鶴君が就任したってね。ホリエモン逮捕の捜査指揮をとったのもこの男で、ヤメ検の弁護士がすべて優秀とは限りませんからね。どうなることやら。
「慈愛に満ちた東京地検特捜部」と金子勝! 
検察庁
発覚! 自民党議員直系の<悪のネット工作システム>(simatyan2のブログ)
Wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/特別捜査部
 東京地検特捜部が連合国軍による占領下で、旧日本軍が貯蔵していた
 隠退蔵物資を摘発してGHQの管理下に置くことを目的に設置された
 「隠匿退蔵物資事件捜査部」としてスタートした経緯や特捜部エリートに
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 駐米大使館の一等書記官経験者が多いことから、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「アメリカの影響を受けている」とする見方がある。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 また、捜査対象が歴史的に木曜クラブの流れを汲む
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 平成研究会系列(田中派―竹下派―小渕派―橋本派―津島派)の
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 政治家に集中する一方で、
 ~~~~~~~~
 党風刷新連盟を興りとする清和政策研究会系列
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 (福田派―安倍派―森派―町村派)の政治家は多くが免れていることから、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「捜査対象が偏っているのではないか?」という主張がある。
  🔺🔺🔺🔺🔺🔺🔺🔺🔺🔺🔺🔺🔺🔺🔺🔺

第876巻 中華思想を妄信する中国人と韓国人の悲劇 など

2018 - 11/20 [Tue] - 22:48

中華思想を妄信する中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)ケント・ギルバート
領土問題についての意見
韓国では絶対教えてもらえない1900年当時の東アジア勢力図
日本の最大版図(領土・領域)
儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)ケント・ギルバート
日本だけが「悪の中華思想」を撥ね退けた 単行本(ソフトカバー)ヘンリー・S・ストークス (著), 藤田 裕行 (翻訳)
中国解体後的様子
中國解體倒計時
日本人だけが知らない世界から尊敬される日本人 (SB新書)ケント・ギルバート
日本人だけが知らない本当は世界でいちばん人気の国・日本 (SB新書)ケント・ギルバート
新編 東洋的な見方 (岩波文庫) 鈴木 大拙
鈴木 大拙:作品一覧、著者略歴 - アマゾン

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム