FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第285巻 カネまみれマスゴミが「政治とカネ」連呼? など   (みのもんたは何故に処分をされないのだろう!)     

第285巻 カネまみれマスゴミが「政治とカネ」連呼? など   (みのもんたは何故に処分をされないのだろう!)   

2010 - 06/05 [Sat] - 22:20

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。

第285巻 カネまみれマスゴミが「政治とカネ」連呼? など    
    (みのもんたは何故に処分をされないのだろう!)

マスコミは謝罪付で報道してほしい
管さんの公式ウェブサイトみて初めて、
年金未納問題が役所の誤りであったことを知りました。
マスコミは誤った報道に対して謝罪して訂正報道をすべきです。
世の中の人は皆報道によって事実を誤って理解していますよ!
報道のあり方の本質を問う問題ですね。

政治部長ら4人処分 TBS
 TBSが5月20日、裏付け取材が不十分なまま、当時の赤松広隆農林水産相について「口蹄疫発生後の外遊中にゴルフをしていたと複数の民主党幹部が証言した」と報じた問題で、同局の政治部長ら4人を懲戒処分としていたことが4日、分かった。処分はいずれも2日付。
 当日の政治部デスクと同部の与党担当キャップが給与日額の半額を減俸、政治部長とニュース時間帯の編集長だった編集部部次長を譴責(けんせき)処分とした。このニュースは、5月20日未明のTBSのCS放送「TBSニュースバード」や、午前の地上波「みのもんたの朝ズバッ!」内で報じたが、赤松農水相は全面否定した。
みのもんたさんの鼻息が荒かったと思います。

みのもんた
みのもんたは、何故に処分をされないのだろう! 
記事を読んだだけだとでも言いたいのだろうか?


偏向メディア:辛抱次郎まっ青
辛抱樽床「首班指名後、小沢・管・鳩山順番に挨拶に行ったが、小沢さんのところだけが報道された。メディアは親小沢、反小沢で色分けするほう面白いのでしょう」
※メディアは偏向報道のためには編集・カットして真実を報道しない。はっ きりしましたな。国民は、ワイドショウがこのようにして編成されている ということをはっきり認識すべきである。
 隣席の一太クンがいっそう馬鹿面に見えるのは気のせいかな。

Re: 日テレ辛坊、お主も悪じゃのおおおおお
機密費受領=脱税。
テレは、脱税疑惑アナを使って放送していいのか?
小沢の説明責任を追及してきた以上、日テレ自身説明責任を果たせ!
日テレと読売は、機密費ニュースを一度たりとも報道していない。


【韓国の事件だが日本でもありそうだなw】
スポンサー疑惑:現職検察官20人の関与を確認

検察庁の歴史的に根ざす構造的腐敗(1)
mori
米沢検察庁の歴史的に根ざす構造的腐敗(2)大阪高検の三井環公安部長の不法逮捕

検察審査会は米澤敏雄の陰謀

検事とはサディストの別名だ!姑息な卑怯者 民野健治 検事

偏向マスコミの存在は、もはや「公害」である。

カネまみれマスゴミが「政治とカネ」連呼?
>週刊ポスト6月11日号
>上杉隆(ジャーナリスト)と本誌取材班
>怒りの告発キャンペーン
>大新聞は1行も報道せず
>テレビは特集番組をあわてて中止!
>それでも本誌はあくまで追及する!
>官房機密費マスコミ汚染問題
>歴代官邸秘書を連続直撃!


>あるテレビ局の政治部の幹部連中が、本誌キャンペーンに怒り心頭だという。
>「上杉のスキャンダルを探せ。全力で探せ。
>経歴詐称でも、女絡みでも、誤報問題でも何でもいい。
>とにかく潰せ」
>こうした号令が部内にかけられているというのだ。
>呆れるほかないが、各方面から私に対する
>圧力が増してきているのはたしかだ。
宮崎
>TV朝日系『ビートたけしのTVタックル』
>6月1日に官房機密費の特集を収録するとのことで、
>私もゲストとして呼ばれていた。
>ところが、直前になって企画自体が中止になったのである。

>評論家の宮崎哲弥氏
>「官房機密費のテーマをぜひやりたいと番組側から打診を受け、
>上杉氏が出るというのでそれなら出たいと思っていたところ、
>後日番組側から、官房機密費については扱わなくなったと聞きました。
>野中広務氏が出ないからだという。
タケシ>企画内容が変わって上杉氏も出ないというので、
>私も出演しないことにしました」

>TVタックルのプロデューサー
>「野中氏のスタジオ出演がスケジュール的に忙しく、
>VTRにも出たくないとのことで、
>企画が空洞化してしまったことが理由」
>しかし、私はこれまでも何度か出演したが、
>当事者がいないと企画が成立しないなどというのは初めてのケースだ。
>何か企画を中止しなければならないような「力」が働いたのだろうか。
>それ以上に不思議なのは野中氏のこの間の行動だ。
>5月20日の毎日新聞の取材に応じている。
>「政治評論家へのあいさつなども
>前任の官房長官からノートで引き継いだ。
>1人だけ返してきたのが田原総一朗さん」
>(毎日5月21日朝刊)
>など、これまで同様、小出しの発言を繰り返している。
>記者クラブメディアになら答えるが、
>私と話すのは嫌だということなのだろうか。

自分達の醜聞は黙殺し、
それを報じようとする者や追及しようとする者は、
スキャンダルで潰そうとする。


これがド汚いマスゴミ=守旧派利権勢力の本性だ!


スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/119-988fe223

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム