FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第294巻 民主・高嶋氏、小沢氏再登板期待 など  

第294巻 民主・高嶋氏、小沢氏再登板期待 など

2010 - 06/16 [Wed] - 16:42

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。

第294巻 民主・高嶋氏、小沢氏再登板期待 など

民主・高嶋氏、小沢氏再登板期待
「もう一度、一肌脱いでしかるべき」

小沢一郎 民主党の高嶋良充参院幹事長は15日の記者会見で、今後の政権運営について「徳川幕府300年のような基盤をだれがつくるのか。私はそれを小沢(一郎前幹事長)さんにかけた。強烈な個性を持ったリーダーシップのある人がもう一度、一肌脱ぐことがあってしかるべきではないか」と述べ、小沢氏の“復活”に期待を寄せた。
 今期での引退が決まっている高嶋氏。「参院という場でとらえれば与野党逆転など戦国時代だった。戦国時代というよりも(小沢さんの)『国盗り物語』だったのかな」と、自身の2期12年を振り返った。


小沢一郎氏の夢を見た
小沢総理小沢氏は、菅氏がマスコミに語ったように、しばらく静かにしているのかもしれないが、小沢氏に期待している国民は、小沢氏が口を開くのを待っているのだ。米国による支配や官僚政治を終結させられるのは、小沢氏しかいないのだから。だから、小沢氏には、これからの民主党の方向性をぜひ示して欲しい。そして、国民の期待にこたえて欲しい。そうすれば、民主党は、次期参院選で必ず勝利するだろう。

東京地検特捜部長、大津地検の検事正に
 後任には東京地検公安部長
検察庁「小沢起訴」のハードルをあげて、「事件をつぶした」と捜査現場に評判の悪い伊藤鉄男最高検次長は留任するものの、岩村修二東京地検検事正は退任、 後任には鈴木和宏最高検刑事部長の名が挙がっている。
 現場指揮官の佐久間達哉特捜部長は、外部からは「小沢捜査」を繰り返しながら小沢氏本人には行き着かなかったという意味で、「指揮能力に問題あり」と映る。だが、内部的には会計責任者の逮捕で政治資金規正法上の罪は問うた、 ということになり何の問題もない。地方の検事正に“栄転”する可能性が高く、その後任には堺徹東京地検公安部長が有力視されている。
 さて、大林総長―笠間東京高検検事長―伊藤最高検次長―鈴木東京地検検事正と並ぶ検察首脳の顔触れは、何を意味するのか。 また、検察捜査にどんな影響を及ぼすのか。検察関係者は明快にこう言い切る。 「政界ルートは封印します、という民主党政権に対するメッセージです。1年以上、政界最大実力者の小沢氏を“的”にかけ、 成就できなかったということで検察首脳の疲労感は頂点に達しています。大林、伊藤、鈴木の3氏は、小沢起訴を見送らせただけでなく、 小沢捜査そのものに反対でした。笠間氏も同様で、大久保(隆規)秘書逮捕の時、『笠間さんがいたらやらせなかった』といわれるほど 政界ルートには慎重な人。政界と距離を置きたい“穏健派”ばかりです」
 一方で、3月1日にいち早く異動した大鶴基成東京地検次席は、「権力者の不正は見逃さない」という“イケイケ派”。 「小沢捜査」にも熱心だった。  また、特捜部長が確実視されている堺公安部長は、特捜部副部長も務めていて捜査現場は知るが、 「上」の指示には素直に従う能吏だという。


いつまで続く「政治とカネ」の呪縛(永田町異聞、6.15)
【悪質な決めつけとウソの報道を繰り返したゴミメディア】
議員「石川氏は「裁判が決着するまでは」と、これらの虚報に対し法的措置をとるのを我慢している」というが、早いところ法的措置をとるべきではないか。
ある意味で、基本的人権が毀損されているのである。メディアのよりどころはニュースソースの秘匿だろうが、それでこれほど悪質なデマ報道が許されていいわけではない。おそらく裁判になればほとんどのマスゴミは敗訴になり、膨大な損害賠償金を払うことになるだろう。
後藤岩手のゼネコン談合の「天の声」、水谷建設の5000万円違法献金、都内のホテルの喫茶店での5000万円の受け渡し、小沢の4億円不記載了承の石川供述など、悪質なデマ報道の繰り返しと、そうしたデマを既成事実のごとくさらに屋上屋を重ねるデマ記事のバラマキ。これはもうマスコミではなくマスゴミ、デマゴミであり、生ゴミ以下のクズゴミとでも言うほかないレベルである。
渡辺基本的には、朝日、読売、毎日、日経、サンケイおよび系列のTV局は一度倒産して、トップを総入れ替えし、社員給与は中小企業レベルに下げて再出発すべきだろう。そうすれば世の中がマスメディアに対して何を期待しているのか、世の中に対してマスメディアは何をすべきなのか、身を持ってわかるのではないだろうか。
現状では、利権勢力のデマ機関、デマ広報誌、怪文書の類というほかない。


6月13日 「神保町フォーラム」で、マスメディア報道と対極の意見続出 ! (一市民が斬る!!)
米沢
【正論過ぎて】民主・細野氏、検察審査会を「人民裁判怖い」【笑った】
法律の適用じゃなくて、人情で起訴か不起訴が決まるからな。そんなの法治国家のすることじゃねーよ。政治資金規正法って、政治資金管理団体の会計責任者の責任について明記してある法律で、政治家の監督責任については、これっぽっちも書かれてないんだけどな。
検察審査会は、大岡越前にでもなったつもりか?それとも水戸黄門にでもなったつもりか?おお、怖い怖い。


対小沢一郎報道を猿に見せたらどう反応するか

それなら朝日の「カネ」問題はどうなんだ?
前政権の内閣官房機密費に関する二、三の事柄

売国奴が邪魔者を陥れるための常套手段
img_1547703_48263367_0.jpg実は今日のニュースで、民主党の蓮舫行政刷新担当相の公設秘書が痴漢で取り調べを受けてたという記事があった。 この内容もよく読むと明らかに冤罪の手口と似ており、おそらく参院選を控え、事務所費でも問題にされている蓮舫氏へのイメージダウン(参院選敗北)を狙った事件と記事だろう。 これは仕分け作業でコテンパンにやられた霞が関官僚組織が仕組んだものと推測する。 「無知蒙昧な国民に選ばれた、たかが民主党の一議員のくせに、今まで偉そうに仕分けしやがって。 大臣になったからといって今まで以上に仕分けで名を売れると思うなよ。その前に冤罪仕掛け人が誰だかわからないやり方でお前を攻撃してやる」ということなのだろう。 またある意味、菅(官)首相への警告でもある。


スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/128-fd622df7

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム