FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第301巻 「民意」より「官意」を重んじる「菅官政権」 など   

第301巻 「民意」より「官意」を重んじる「菅官政権」 など 

2010 - 06/27 [Sun] - 13:02

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。

第301巻 「民意」より「官意」を重んじる「菅官政権」 など 

「民意」より「官意」を重んじる「菅官政権」
権力構造戦後、はじめて実現するかのように見えた真の「民主主義」は、再び「官主主義」に後退してしまった。しかし、はっきりと、小沢一郎氏は、「消費税増税反対」の旗幟を鮮明にした。

民主党政権ははっきりと、旧体制の大いなる期待を担い、彼らの利害を代弁する政権へと変質した
小沢一郎昨年の西松以来、目の前に見せられた景色は、驚くべきものでした。日本の司法、マスコミの、さらに日米関係の実態は、 〝ウソ〟〝まさか〟の連続でした。
私が何十年も見てきたものは、何だったのか?今、はじめて小沢さんが、語ってきた言葉の意味、その重さを苦い悔いと共に、わずかながらも理解出来るようになりました。
〝普通の国〟それは、他国の軍隊が駐留することなく、国民が汗水たらし、稼いだ資産を他国にかすめ取られない国、自分の国は、自分で守る国。
メディアが言う〝国民〟をほんとうの民意などと思わないで下さい。この国を底から支えている、日々汗水たらし働いている人間の声を聞いてください。大きな声ではないかもしれません。ささやかな人間たちの声です。でもその声こそ、真の国民の声です。どうか小沢さんが生み落としたこの政権を、変質しないように守り育て上げて下さい。もう、しばらく国のため、力を尽くして下さいますようこころからお願い申しあげます。


小沢一郎を排除した民主党大敗の後
「すぐに消費税増税はせず、ムダを徹底的に省いて財源を捻出するのがわれわれの主張だった」――。

増税前にやることがあるだろうにw
どうも菅政権は完全に財務・外務官僚に取り込まれてしまったように思えてならない。 米沢間違いなく、方向性が間違えている話であろう。もっとも、消費税税率引き上げと企業減税を口にしている自民党も同罪ではあるが。そこが有権者の悩ましいところではあるが、結局は小沢氏の話が一番筋が通っている事を改めて再認識をさせる出来事でしかない。それにしても、前原たち京都の民主党議員達は、見苦しい所業であるw

小沢・検察・市民をめぐるニュースの怪
-この記事がniftyのトップ記事になっている

特捜検察の異常な権力犯罪捜査によるネガキャンによって鳩山政権は崩壊した


読売新聞の≪小沢氏「過半数とったら私の役割終わり」≫は、本社による情報操作記事だ!
渡辺これは読売新聞が意図的に語ったセリフを書き換え捏造し、意図的に小沢氏を貶めることを目的としたものであると。今までの読売の行状をみてくれば、よくわかる。
読売と菅政権とは陰で手を組み小沢氏抹殺を企てている、という昨日の見立てはあたっているかもしれない。この読売新聞=ナベツネ老害新聞は、今後、厳重に監視していかなければならない。


「壊し屋小沢」を期待する無責任ジャーナリズム
後藤後藤謙次氏などはその代表格といえる。かつて竹下登氏を囲んで、小沢の悪口を肴に酒を酌み交わしたジャーナリストらのグループ「三宝会」のメンバーだ。
共同通信出身で、TBS「NEWS23」のキャスターをつとめたあと、政治コラムニストという肩書きになった。


mentur 「増税で財政再建した国は無い。EU統合の際、財政赤字を減らすために取った方法には『歳出削減』と『増税』の2通りあったが、増税を選んだのは(事実上破綻した)ギリシャとイタリアの2カ国でした
一概に比較できない数値を“喧伝”して「増税やむなし」の雰囲気をつくろうとする財務官僚には注意した方がいい。税収(国税)に占める消費税の割合を比べると、日本の36.3%に対して、イギリスは38.4%。日本の2倍の消費税(10%)のオーストラリアは26.8%だから、日本国民の消費税負担が極端に軽いワケではない。
arths2009 「高野論説」に反論・批判コメント多数 前回の「論説」では反論が削除されていたようだが、圧倒的に批判が多い
buggta 官僚とマスコミは、完全に結託していると確信した。メディアで、バッシングされている政治家は、官僚組織にとって都合の悪い政治家、すなわち官僚と戦っている、国民優先の政治家。
江川amneris84 今日の東京新聞特報面、「創」の篠田編集長がコラムで、大相撲の賭博スキャンダルを追及するマスコミも、これまで疑惑を知りながら、追及してこなかった、と批判。上杉さんの官房機密費追及キャンペーンを紹介しながら、マスコミ自身が膿を出すべき、と主張
iwakamiyasumi 立花隆の経済学者版。究極は全体主義。大馬鹿の所説です。RT @kunikoasagi 小野教授の話。わからない(x_x)お金が国民の手にあるより政府の手にある方が、賢い使い方が出来ると言っているようにしか聞こえない。


Re: 管内閣になって急に自民の匂いが
    ∬(^―^)∬/   鳩山氏は
   <(   )    普天間移転先は
   /     \   ずっとテニアン等の海外を
     II II     心に描いていらっしゃったと
             思いますよ。。。
             
             外務官僚、防衛官僚達の
             強烈な巻き返しで
             それは成就できませんでしたが
             掲げていらっしゃった内容は
             大変崇高だと思います。。。

             今回の菅さんは
             鳩山政権、小沢執行部が
             官僚、マスコミ、アメリカに
             足を引っ張られて
             短命に終わったので
             自らの政権の延命の為
             官僚に擦り寄り。。

             財務官僚の入れ知恵で
             消費税10%増税を突然掲げるなど
             自民党のやってきた事と
             あまり違いがなくなって
             しまいました。。。

             消費税も、地方の企業・商店が疲弊していて
             今増税するのは大変心配であると
             おっっしゃっている小沢氏が
             表舞台に再浮上されるよう
             心から願っています。。

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/135-ac2aec97

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム