FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第309巻 参院選後は新内閣で本格的な日本の大掃除を断行すべし など   

第309巻 参院選後は新内閣で本格的な日本の大掃除を断行すべし など 

2010 - 07/06 [Tue] - 20:32

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。

第309巻 参院選後は新内閣で本格的な日本の大掃除を断行すべし など

小沢一郎参院選後は新内閣で本格的な日本の大掃除を断行すべし

小沢一郎氏を代表にした「反米独立・国民生活第一党」を結成して「日本革命」を成就しよう!

小沢一郎の力となり得る参議院選・候補者リスト(前篇)
小沢一郎の力となり得る参議院選・候補者リスト(後編)

CUHKyyamada 小沢氏側 上申書提出。朝日(ネット)は「期ずれの問題に過ぎぬ」という小沢氏側の論点を記述。日経(ネット)はむにゃむにゃ、とにかく上申書を提出したことしかわからない記述。「期ずれ」に過ぎないという小沢氏側主張をとにもかくにも出した朝日の方がまだまし、という判断ができる。(次の朝のモニサテのインチキニュースでは農地転用のための2ヶ月あまりの記ズレを一年の記ズレとほざいていました。)

検察審査会のような素人集団に国政が。。
米沢圧力ではないですね。。。
米沢弁護士が前回の議決直後、どうもトンズラをなさったようで
(笑)。。。、そして。。、今回の第2回検察審査会の補助はお断りにな
ったとか。。?
あんな議決内容で11人全員一致の「起訴相当」を議決させるなんて。。
よっぽどの補助?がないと。。できませんよね。。?(笑)
きっと。。、罪悪感でいっぱいで。。、しばらく人前に出られなかったの
では。。ないでしょうか。。?
検察審査会のメンバーも、小沢氏の被疑事実を本当に「明確に把握」でき
ていたのか。。、疑問にもってしまいます。。。
そういう意味も含めて、小沢氏の弁護士が上申書を提出なさったのだと思
われます。。。


審査を担当した市民11人には守秘義務が課せられている
渡辺 つい先日まだで「政治とカネ」一色で小沢・鳩山氏をバッシングをしていた大手既存マスコミであるが、官房機密費がマスコミに渡っていたと暴露され「報道とカネ」が巷にも知られ始めると沈黙をはじめ、参議院選挙の報道一色になってしまった。
同様の報道はテレビでもなされていて、現在の既存の大手マスコミの恣意的ででたらめな体質を垣間見た思いである。大手既存メディアにとって、この小沢氏側からの上申書は非常にマスコミにとっては不利(不愉快)なものであることが伺いしれる。
 一回目には検察審査会は、「起訴相当」の議決をしているのであるが、この時の補助弁護士であった米澤弁護士には「多くの弁護士の方からも疑問符」がつけられていたし、審議では「やくざの親分子分の事例」を出したり、「検察が出席をした時点では議決」が固まっていたともされ、また審査を担当した市民11人には守秘義務が課せられているにもかかわらず、「11人全員が起訴相当」したことがもれ伝わったり、審議の内容が伝わったりと「もう無茶苦茶な状態」である。


現行の検察審査会はおかしい!
小沢氏の上申書提出
犬察 オピニオンの一つとして、元検察官の高井康行氏は検察が嫌疑不十分にしたものは検察審査会の対象から外すべきであると述べていた。これは小沢氏の案件にあてはまり、東京地検が嫌疑不十分と判断したのに審査会が起訴相当にし、再び地検は不起訴にした。これで審査会がまた起訴相当にすると、強制起訴になり、とんでもない人権侵害につながりかねない。
 小沢氏が上申書を提出したのは、当然のことであり、禁止されていることではない。もし、2回目も起訴相当が議決され、小沢氏が強制起訴されたら、日本の政治史上、最大の汚点の一つとなるであろうし、愚民による人民裁判であり、到底、許しがたい事案となる。
 最近の菅首相の消費税をめぐる発言はぶれまくっていて、信頼性に欠けているが、一方、小沢氏は一貫していて、ぶれることはなく泰然自若としていて、頼もしい。日本の大洗濯は小沢氏にやってもらいたい。


小沢民主党前幹事長の上申書要旨 
 小沢一郎民主党前幹事長の代理人弁護士が、東京第5検察審査会に提出した上申書の要旨は次の通り。
 【告発事案の評価】
 告発事実は、小沢氏の資金管理団体「陸山会」が2004年に購入した土地について、同年分の収支報告書にその代金の支出と土地の取得を記載せず、05年分の収支報告書にそれを記載したことを問題にしているが、これは、いわゆる「期ずれ」処理ということだ。
 証拠に基づいて冷静に事実をみると、小沢氏が自己資金を自己が代表者となっている資金管理団体に貸し出し、秘書らの宿舎用地を購入した事柄について、現実の出金および不動産の売買契約の時期と収支報告書の記載について約3カ月のズレがあることが厳しく指弾されてきたというのが、これまでの経緯だ。
 小沢氏の当時の秘書が建設会社から5千万円を受け取り、それが土地購入原資の一部になっているなどと喧伝され、それ故、悪質だという主張がなされたが、このことに関する一連の証拠関係を全体的に検討すれば、そのような見立ては合理性に欠けることが分かるはずだ。あくまで告発事実自体について冷静に判断すれば、資金管理団体の代表者たる政治家本人の刑事責任を問うような事案ではない。
 【直接的証拠の評価について】
 04年10月、担当秘書が土地購入資金4億円を小沢氏から借りたことを隠すとともに土地購入時期を翌年にずらすことを報告したところ、小沢氏は、これを了承したとの供述調書が存在するとのことだ。
 ところが、収支報告書には「借入金 借入先 小沢一郎 ¥400000000」と記載されている。これでは、小沢氏から借りたことを隠したことにならない。小沢氏から借りた4億円を隠す意図があったとの供述は信用できない。
 そもそも、04年10月の会話をもって、翌年3月に提出する収支報告書の虚偽記入について「犯罪を共同して行う意思を通じ合っていた」とはいえない。
 【小沢氏の立場と判例について】
 前回議決では、小沢氏に絶大な指揮命令権限があるとの前提で、共謀に関する諸判例から考えて、小沢氏を共謀共同正犯に問えるとのことだ。
 収支報告書への記載については、小沢氏は担当秘書らに任せているので、収支報告書の記載の仕方という分野では、小沢氏には絶大な指揮命令権限などない。多忙な日常の中で、小沢氏が事務仕事の細部にまで関心を持ち、指揮するなどとは想像できない。
 前回議決にいう諸判例の一つは、暴力団組長が外出する時に拳銃を所持するボディーガードに守られるのを常としていた状況下では、拳銃所持につき直接指示を下さなくても共謀共同正犯の責任を問うことができるとの判例と思われる。しかし、これは事案の性格が全く異なり、本件における共謀関係の判断になじまないものだ。本件の事案のような場合に担当秘書らと共謀したというためには、黙示的ではなく、明示的で具体的な意思の連絡が必要と考えねばならない。


消費税を上げなくても、財源はいくらでもある。
(菊池英博 氏、岩上安身氏)
岩上日本は、一般会計予算は80兆円、そのうち社会保障費が 20兆円、国債と地方交付税を除いてみると、4割も 社会保障費が食っている。これは大変だと言われています。
ところが、 日本には別に、31の特別会計があります。連結してみると、歳出規模は260兆円にもなります。社会保障費20兆円をこつこつ 削っていけば何とかなるというような規模の話ではありません。
連結予算で見ると、歳入が290兆円、歳出が260兆円、30兆円の余剰金 があるのです。こんなもんを役人に持たせておいたら大体ろくなことには なりません。
(裏金にしたり、天下り先をさらに増やすだけです。年金、社会保険、国民保険を他に流用して、つまみ食いし、莫大な損失をすでに国民に与えているではないですか。)
また官僚天下りの温床組織(独立行政法人)にも、単年度補助金(運営交付金など)が3兆円出ています。出資金ベースでは、毎年10兆円以上のお金がこのような天下り先に出ています。


100704緊急国民財政会議
2010年7月4日、フリージャーナリスト岩上安身と経済アナリスト菊池英博氏によるトークイベント『財源はいくらでもある!消費税増税反対!緊急国民財政会議』の動画です。


亀井静香、テレビ朝日は許さない! 番組なんか出るものかっ! 
星浩27月4日放送のコメンテーターは藤原帰一と星 浩。藤原が言ったのなら、流石の亀井もテレビ朝日に向かって怒らないだろう、勿論そんなこと言うとは思えない。犯人は朝日の星 浩に違いない(笑)

朝日星氏は、国の行く末を考えている か?
全く、そのとおりです!
検察が事件を作りあげられやすいように、検察を正当化するような情報をマ
スコミに意図的に流したりした事は、大変由々しき事です。。。
そして、マスコミ改革を小沢氏に大胆に断行されては困るマスコミは、検
察の言われるままに、いかにも小沢氏が大きな贈収賄事件にでも関係して
いるかのごとくの情報を、流し続けました。。。
彼ら検察官僚や、マスコミの悪辣な意図が、大変残念な事に。。功を奏し
てしまい。。、小沢氏は幹事長職辞任を余技なくされてしまいました。。
全く!検察もそうですが。。。日本の政治を歪めてしまうマスコミは。。
万死に値すると言っても過言ではありません。。。
星浩2今朝のテレビ朝日の番組でも、朝日新聞の星浩氏はまだ「政治と金」と言って蒸し返そうとしております。。。
彼らは、この国の行く末ではなく。。。自分の新聞社の「経営の行く末」のみを考えております。。。  
 

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/143-8ea5ef03

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム