FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第319巻 ついに出た検察審査会は違憲の意見 など  

第319巻 ついに出た検察審査会は違憲の意見 など

2010 - 07/17 [Sat] - 15:25

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。

第319巻 ついに出た検察審査会は違憲の意見 など

ついに出た検察審査会は違憲の意見
img_1547703_48263367_0.jpgもはや法的技術の問題ではなく、制度によって認められた「国民感情・市民としての意見」が万能になってしまった世界がある。このような制度の異様な実態が見えてきても、法体系との矛盾に異を唱える論調、あるいは法律専門家はあまり見かけない。憲法違反との告発すら可能ではなかろうか。
lemon2lemon3 これほど明らかな憲法違反の人権蹂躙がなぜ議論されないのか不思議でなりません。

東京第一検察審査会 小沢氏不起訴不当議決。その背後にある闇にもっと目を凝らせ。検察審査会という制度自体にある欠陥をもっと恐れよ。
犬察小沢氏の起訴相当議決では上記法理が一緒くたにされ「誰もが、共謀の事実を厳格に証明しなくても」「共謀共同正犯」は成立するという破壊的な法理を創り出した。意外なところで「共謀罪」が復活したのである。罪刑法定主義、刑罰の謙抑性など、公権力が恣意的に国民を弾圧する手段として刑罰を行使してきた長い歴史の反省に立って磨き上げられてきた、刑事司法の原則が、抽選で選ばれたたった11名の匿名の「善良な市民」によって粉々に打ち砕かれた。
刑法学者や憲法学者や法曹が色をなしてこれに続々と抗議をしたという報道は無い。


完全無罪小沢氏起訴相当議決と郵政不正村木被告裁判証拠却下を肴に検察審査会制度を批判する

「共謀共同正犯」小沢氏起訴相当議決でどうしても付け加えたい視点

クーデター政権延命作戦:また検察と大手マスコミによるスクラム
小沢一郎の決起を待つ
…検察審査会など蹴散らせ!

20100315001612c33.png仙谷官房機密費発動か
・・違法性のない収支報告記載方法を犯罪行為と誘導する小沢たたき報道復活

産経もとうとう泣きが入ったようだ
この政治資金問題でいつも感じるのは、商売をしている人間であれば当然理解が出来る事が、会社から給料を得て生活をしている方には理解が出来ないものなのか。という事である。

事件の一連の推移に疑問を持っているから。
起訴を恐れているから投稿しているのではありません。。
昨年からの東京地検特捜部の捜査と、その後の不起訴決定後の右翼による
検察審査会への不起訴決定異議申し立て、そして検察審査員の素人11人
と彼らにアドバイスした自民党系の弁護士により議決された「起訴
相当」。。。
それらが正に、検察官僚、自民党、右翼が一緒になった、大きな陰謀では
ないか?と、一国民として。。疑問を呈しているのです。。。
小沢氏を襲ったこの事件について、大いなる疑問を感じているのは。。、
全国に大勢いらっしゃるのでは。。、ないでしょうか。。?


まさか、市民団体が。。右翼の団体だとは。
小沢一郎幹事長を告発した市民団体「真実を求める会」と桜井誠氏(在特
会代表)が検察審査会に「不起訴」不服申立てを一緒に行ったのですから
、「真実を求める会」と桜井誠氏は「特別な関係」があることが分かります。
 http://www.janjannews.jp/archives/2579446.html
 3つの市民団体「鳩山由紀夫を告訴する会」「世論を正す会」「真実を
求める会」はそれぞれ鳩山民主党代表(当時)と小沢民主党幹事長をター
ゲットにして東京地検特捜部に刑事告発しており、告発はすぐに受理され
てその後の強制捜査の口火を切っています。
 3つの市民団体の基本情報が一切公開されず報道もされず一切不明であ
る点、及び名称が非常に似ている点から考えますと、これら3つの市民団
体は東京地検特捜部に刑事告発するためだけに促成に作られた運動実績の
ない「偽装市民団体」だということが推測されます。
 「真実を求める会」と桜井誠氏が「特別な関係」である以上、3つの市
民団体と桜井誠氏及び「在特会」との間には特別な関係があることは容易
に推測されます。
 おそらく3つの市民団体を仕切っているのは桜井誠氏だと推測されます。
 2つ目は「在特会」と検察・警察との関係です。
 「在特会」はここ1年程排外主義をむき出しにして全国で暴力的な直接
行動を繰り広げていますが、検察・警察が彼らの暴力行為を取り締まった
ことはありません。
 「在特会」は市民団体が開催する従軍慰安婦問題の展示会場に押しかけ
無理やり中止に追い込んだり(東京都三鷹市)、ネットジャーナリストの
リチャード・コシミズ氏の池袋の事務所と自宅にデモで攻撃したり(20
09年10月1日)、京都の朝鮮初級学校に押しかけて「在日特権粉砕」
などとマイクでがなり立てて生徒・教員・保護者に脅迫・脅しを繰り返し
ました(2009年12月4日)。
 これら一連の「在特会」の暴力行為に対し、検察・警察は傍観して彼ら
のするままに任せて暴力行為や脅迫罪や威力妨害罪容疑で逮捕も強制捜査
も訴追もしていません。
 このことは「在特会」と検察・検察とのあいだに「特別な関係」がある
ことが推測されます。
 3つ目は、検察と「在特会」桜井誠氏との関係です。
 「在特会」の暴力的な排外主義運動を容認して取り締まらない検察・警
察は当然ながら在特会代表の桜井誠氏を「特別扱い」にしています。
 検察は「在特会」の排外主義右翼運動を容認する代わりに、鳩山民主党
政権転覆のための偽装市民団体を作らせて捜査情報をリークして鳩山首相
の「献金問題」と小沢幹事長の「西松建設不正献金」問題と「越山会土地
購入資金」問題をでっちあげて刑事告発をさせ強制捜査の口実づくりをさ
せたのだと推測されます。
 今回の一連の検察と大手マスコミの異常な行動は政権転覆を目的とした
「司法クーデター」だと思っていましたが、実は検察と大手マスコミに「
在特会」が加わった、より大掛かりな「クーデター」だったことが分かり
ます。
 おそらく、検察と「在特会」と大手マスコミの背後には、自民党清和
会、公明党・創価学会、特権官僚、財界、統一教会、右翼・暴力団と米国
支配層・CIAが深く関与してものと推測されます。


     ∬(`゚д゚´)∬   マスコミは
    <(    )>   常に。。検察審査会に告発した
    /      \   「市民団体」。。。と言い
       II II        もちろんどういう団体かを
               知っていながら
               口をつぐんで
               いかにも善良な市民の団体。。
               「市民団体」で
               済ませております。。。

               一般国民は
               この団体が
               右翼の団体とは
               全く。。知りません。。。。

残念ながら昔からこの旧権力の構造は変わっていません。
ナベ恒(マスコミ)中曽根(政治家)児玉誉士夫(右翼)東京地検(特捜)

田中角栄氏の時代はネットが無かった。情報は新聞・TV・ラジオ・雑誌。
今はネットが急速に普及。マスコミに洗脳される人が減り、旧権力も弱体化
しているからでしょう。
 ナベ恒・氏家(84才のご老体)
 自民党の政治家(小粒)
 右翼団体(実態がネットでばれている)
 東京地検・特捜部(捜査能力の低下、この組織もネットで実態が明らか)


庶民の為の政権を、忘れてはいけない。。
     ∬(^―^)∬      本当に
    <(   )>     無作為のクジで
    /     \     選ばれたメンバーなら
       II II         おそらく
                普段から
                法律に興味も
                知識もない人達
                である確率は
                高いと考えられます。。。

                資料を説明する
                補助弁護士の。。匙加減ひとつで
                彼らの意思は
                決定してしまう危険性が
                大いにあります。。

米沢                この一人の弁護士の
                考え一つで。。
                今後の日本将来が
                大きく変わってしまうかも
                しれません。。。

                昨年の夏に起きた政権は
                とにかく。。。
                庶民の為の政権を作る為で。。
                今までの
                政官財癒着で。。。
                彼らのみが甘い汁を吸う政治を
                打破する事が
                一番の目的なのです。。

                小沢氏を、何としても
                失脚させては
                いけません。。。
Re: 庶民の為の政権を、忘れてはいけない。
    ∬(^―^)∬/    applenakama さん
    <(   )    こんばんは♪
    /    \    先ほども、どなたかが
      II II        投稿していらっしゃいましたが

              もう。。多くの方々が
              大久保秘書、石川秘書、
              それと大阪の郵便不正事件が
              どれも、当時の民主党の
              イメージを落とす為の
              捜査であった事に
              気がついていらっしゃる
              ようですね!

              郵便不正事件でも
              全ての調書が
              検事の作文であると。。
              証拠採用されませんでした。。。
              これは異例の事です。。

              検事の作った
              ストーリーに沿う
              自白をしないと。。。
              いつまでも。。。
              帰してもらえなかったのです。。。

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/154-cd2582cd

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム