FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第326巻 これでいいのか、検察審査会(江川紹子) など  

第326巻 これでいいのか、検察審査会(江川紹子) など

2010 - 07/24 [Sat] - 15:20

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。

第326巻 これでいいのか、検察審査会(江川紹子) など

これでいいのか、検察審査会(江川紹子ジャーナル)
 「嫌疑不十分」で不起訴となった人が、検察審査会で2度の「起訴相当」を経て強制起訴された場合、裁判で無実が明らかになったら、どうするのだろう。検察審査会によって、間違った起訴がなされた場合、いったい誰が責任をとり、誰がどのように謝罪するのか。損害を回復するための措置を、誰がどのようにしてやってくれるのか。
 強い権限と重い責任を担っている検察審査会のあり方が、果たして今のように不透明でいいとは思えない。予断を排し、証拠のみによって審査を行う工夫や、検察官や補助員弁護士の説明や証拠の標目は公開するなど、改善すべき点は少なくない。早急に、検察審査会の問題点を洗い出し、よりよい制度にするための議論を始めるべきだ。


やっぱり森田健作には甘かった検察審査会
米沢
「政党隠しを行っていたと推測できる」としながら なぜか不起訴相当にした千葉検審の“見識”
h_hirano  小沢氏に対して第5検審は2ヵ月半で議決なのに、森田知事に対しては7ヵ月もかけて「不起訴相当」。明らかにおかしい。森田氏は選挙戦術として完全無所属を連呼し、政党色を隠蔽。これはきわめて悪質だ。それにしても新聞は完黙。このていたらくでは、検審制度は根本から見直すべきだ。

いくら「小沢復活」を妨害しようとしても、もはや無駄完全無罪検察と検察審査会、そしてマスコミの「いかがわしさ」が白日の下に晒されていくだけだろう。
それにしてもも産経新聞は、何故、「小沢不起訴」にいたった検察の失敗や迷走ぶりを、書こうとしないのか。不思議である。検察審査会の「不起訴不当」という議決が、前回の「起訴相当」という議決とどう違うか、要するに「不起訴不当」では強制的に「起訴」ということにはならないわけで、検察審査会のメンバーたちも、その後、ずいぶん勉強せざるを得なかっただろうし、その結果、議決の中身がどのように後退せざるを得なかったか、その辺の事情を知らないわけではないだろう。知っていても書けないのであろうか。

官僚改革は司法(検察)改革から
千葉 国会議員の不逮捕特権は、民主主義の根幹をなす「選挙」によって選ばれた人たちであることを忖度し、彼らを戦前のような官憲の横暴から守る意味合いを含んでいる。
それだけ国会議員には、国民から重い信託を背負っている人たちである。政治家たちもその意味するところを汲み取り、検察の横暴をなすがままにしてはならない。
 法務大臣の指揮権は、民主主義的な支持基盤(選挙の洗礼)を有さない行政機関である検察が独善的な行動をとらないよう掣肘する目的も有している。いたずらに指揮権の発動などは慎まなければならないが、行政機関の暴発を防ぎ民主主義的コントロール下に置くことが付託されている。
 政権与党が司法への介入をしてはならないなどと尤もらしい正論を口にする必要はない。検察に堂々と「逮捕理由と裏づけとなる証拠は何か」くらいのことは糺すべきである。また検察も記者会見を開き、逮捕理由と証拠を開示するべきである。
記者の質問にも耐えられないようなヤワな逮捕理由ではダメだ。司法の独立性の乱用を許せば、官僚(検察)がこの国を支配することになり、日本は民主主義国家とは言えない。


【菅首相は自ら職を辞するべきだ。】

アメリカは、アンポンタン総理を望んでいる
アメリカにとって、植民地のリーダーは、アンポンタンの。。お人
好しに限りますからね。。。(笑)
[思いやり予算]にしろ。。、ふんだくり。。易いですしね。(笑)
昨年の、小沢氏秘書の大久保氏逮捕も、ヒラリー・クリントンが来
日して、小沢氏への面接(?)終了後。。。
そして。。、今年2月のキャンベル国務次官補の小沢氏訪問は。。、
小沢氏不起訴の直前でした。。
暗に。。。、「ワタシタ~チハ、アナタヲドウニデモ、デキマ~
ス!」の意思表示だったのでは。。、ないでしょうか。。?

対米隷従
舌の根も乾かぬうちに。。。(笑)
   ∬(*^~^*)∬   そうですね。。
   <(    )>   今までの
   /      \   「静かにしておれ」等の
      II II       失礼な言動や

              自分が政権をとるや
              まるであてつけのような
              反小沢の急先鋒である
              枝野、小宮山、安住氏などの
              党執行部人事を断行。。

              それが。。参院選挙で大敗し
              ネジレ国会が心配になると

              「お会いしたい。。。。」

              舌の根も
              乾かないうちに。。。
              よく。。言えますね。。? (笑)

朝日新聞、貧すれば。。鈍する。。
 > 首相は見誤ってはならない。選挙に負けたからこそ決別を急ぐべきだ                        (朝日新聞)
    ∬(*^~^)∬/   朝日新聞
    <(    )    長年黒字を
    /      \   続けてきましたが
       II II       
               広告収入等の落ち込みにより
               前期、営業収益40億円の赤字転落

               これで記者クラブ全面解放など
               されたら
               ますます将来の経営が
               心配ですよね。。。? (笑)

               マスコミ改革を
               断行しそうな。。。
               小沢氏復権を恐れるのは
               分かりますが。。。
               いつまでも
               こういう論調をしていたら

               それこそ
               「良識ある読者」に
               決別されますよ。。。

               ☆さんの日頃の
               テレビでの論調で
               朝日の意図しようとしている事は
               まるわかりです。。。。(笑)

               朝日は。。、堕落しましたね。。

論説、解説委員は自己の高給維持しか。。
メディアの横暴と傲慢さは、全く目に余ります。。。
今彼らは、自分達の意思一つで政治を動かせると、慢心しておりま
す。。。
ネットが普及しているとは言え、まだまだテレビのニュース報道の
内容に影響されている国民が多いのが現状です。。。
昨夜は、TBSの夜のニュース番組で「機密費」関連をしていました
が、テレビ・新聞の小沢氏バッシングは、自民党の機密費を貰って
いたからやっているのではなく。。、それより現在彼らマスコミが
受けている「既得権益を、死守する為」ではないでしょうか。。。?
   まず、現在の超破格料金に設定されている電波料金
   記者クラブ全面解放(中央、地方共)
   読売新聞と日テレ等の同一資本のメディア禁止
これらを一番断行しそうな政治家が小沢一郎氏と、彼らは確信して
いるからに違いないと思います。。。
星浩2朝日新聞の星浩氏が、先日の日曜テレ朝番組、「サンデーフロント
ライン」で、又ゾロ「政治と金」を、とってつけたように(笑)。
。、言っておりました。。。
この朝日の星浩氏などは、マスコミ既得権益死守の代表のような
人物ですね。。。
彼が、今年当初から目論んでいる事は、彼が出演している番組をご
覧になっている方がたには、もうとっくにお分かりになっていると
思いますが。。。
ちなみに。。、朝日新聞は長年黒字でしたが、前期09年度は、営
業利益が40億円の赤字に転落しております。。。
記者クラブ全面開放されたら。。。ますます赤字拡大は。。避け
られません。。
彼らの言動を、我国と。。わが国の政治を思っているからと。。妄
想してはいけません。。。
自分の高給維持と、自分の新聞社の存続と、系列のテレビ局の事し
か。。。。思っていないのではないでしょうか。。。?

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/161-d85d8627

 | HOME | 

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム