FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第340巻 検察と検察審査会事務局は同じ穴のむじな など  

第340巻 検察と検察審査会事務局は同じ穴のむじな など

2010 - 08/10 [Tue] - 23:01

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。

第340巻 検察と検察審査会事務局は同じ穴のむじな など

検察と検察審査会事務局は同じ穴のむじな 
 『騙しのテクニックはこうだ』
米沢メディアは、検察審査会制度や検察審査会事務局の問題など一向に報道しない。
メディアは、議決結果をもとに「議決は国民の意見を代表するものだ」「国民目線では小沢氏はクロだ」「小沢氏は辞職すべきだ」とひたすら報道する。
それどころか、公表してはいけない内容を報道してしまう。
2月4日小沢氏不起訴のすぐ直後に、メディアは一斉に「検察審査会に対し申し立て書が出ており、3ヵ月後には検察審査会が開かれる」と報道した。
「第5検察審査会は11人全員が起訴相当の議決を下した」と報道した。
これらの情報をメディアは一体どこから仕入れたのか。検察からのリークとしか考えられない。


「在特会」にようやく警察の捜査
「在特会」はこの間全国で排外主義むき出しの暴力的街頭運動を展開してきた極右偽装市民団体ですがその代表がこの間お伝えしていますように桜井誠氏です。
桜井誠氏は「第五検察 審査会」に「審理申し立て」の権利がないのに特別に事務局に許されて検察の小沢幹事長「不起訴」に対して「申し立て」を行い、今年4月27日に「起訴相当」の議決を全員一致で議決させた張本人なのです。



「小沢総理でシミュレーション」
勝負に出た?週刊ポスト!
小沢一郎「政権交代を果たした民主党が最初にやるべき3つの改革は、政治改革、行政改革、そして地方分権だった。そこが進まない、あるいは後退しているから国民の不信を招いている。俺がやりたいのは革命的な改革なんだ。誰がトップになればそれができるか・・・・」
それが出来るのは小沢さんしかいないだろう。
≪最近は、新聞でも夕刊紙やスポーツ紙のほうが真っすぐに伝えていると思う。大メディアは戦後体制にドップリ漬かっちゃってワンパターンの思考しかできなくなっている。結局、彼らも既得権があるから、自民党的官僚体質を壊したくないんだな。(SPA 8月30日号 2005年8月23日)≫


検察審査会への疑問は、当然。。。
さっき私が説明した内容で、果たして起訴できると。。、本気で思っている
の。。?
今度は弁護士が検事の役目をするけど、公判を維持できる。。?(笑)
それからね。。、辻議員の事だけど。。、マスコミは当時さっきも言った自
己の権益関係で、煩く騒いでいたようだけど。。、実際私も。。、ここで過
去何度も検察審査会についての疑問を書いたけど。。、心ある人は大抵多く
の疑問を、感じていると思うの。。
まず、補助員の弁護士の選定方法。。。
どうして、敢えて。。政敵である自民党の谷垣氏と懇意な弁護士を補助員に
つけるの?
それから。。、11人の審査員の選定方法。。。
これもクジだと言われているけど。。、どうも様子が違うみたいね。。
完全なクジではないようよ。。。
それから。。、守秘義務があるのに、どうして11人全員が起訴相当とした
かが外に漏れたの?
これらの疑問を、辻議員でなくても。。、私も国民の一人として。。聞いて
みたいわよ。。。(笑)


Re: 検察審査会の議決内容を説明
 辻恵弁護士の様な行動を、国会議員全員が取るべきだった。
 政治資金規正法で現職の石川議員が逮捕された時、議員全員が検察に対し
て抗議するべきだった。
収支報告書の虚偽記載では、会計責任者が逮捕され
た事例はあるが、当時会計責任者でなかった石川氏が何故逮捕されたのか?
いつから、政治資金規正法の法の趣旨が変わったのか、説明しろ!と。
 民主主義の国で、選挙によって選ばれた代議制の国民の代表である国会議
員が、一部の馬鹿な検察官によって、法の解釈を勝手気ままに変え、誰でも
彼でも摘み食いするように逮捕される状態では、民主国家は成り立たない。
 莫大なお金をかけて選挙する意味が無い。選挙を廃止し国会議員を無くし
官僚が全てをつかさどる官僚国家ならそれでも良いが・・・


メディアよ、捏造世論・記事は止めなさい!
   ∬(*^~^*)∬  メディアも
   <(    )   真に国を想うなら
   /      \  真に国を改革できる
      II II      人物を
             いつまでも
             叩いていては
             いけません。。。

             今は週刊ポスト、
             週刊朝日など
             大手新聞、テレビ以外の
             週刊誌が
             真実に近い事を
             書いているようです。。。

             大手メディアも
             いつまでも
             自己の権益の事ばかり
             優先していては
             今に
             国民にそっぽを
             向かれてしまいます。。。

             現に
             購読数や
             CM収入激減など
             その兆候が
             見えております。。。
             
             昔とは
             違います。。。
             今はネットで
             真実の情報を
             得る事ができています。。

             捏造世論や
             捏造記事は
             すぐに
             バレてしまいます。。。

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/175-1eacb664

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム