FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第349巻 お前たち菅閣僚はすでに死んでいる など  

第349巻 お前たち菅閣僚はすでに死んでいる など

2010 - 08/20 [Fri] - 17:03

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。

裏切り者たちの政権に国民はNOを突きつけた!直ちに総辞職し退陣せよ!居座りは国民への挑戦である!

第349巻 お前たち菅閣僚はすでに死んでいる など

菅内閣の閣僚に一言
「お前たち菅閣僚はすでに死んでいる」
20100315001612c33.png仙狸官房長官
仙狸よ、存じあげるも何もお前が一番気になっていることだろう。 「検討している」ということを聞いて、まさに失禁寸前なのが目に見える。 そしてお前も弁護士上がりで法律家でもあるなら、今回の小沢氏の件はすでに「無罪」決定、元々犯罪性がなかったことぐらい百も承知のはずだ。 挙党体制してる? 小沢氏を排除したのは、菅をはじめお前らがやったことじゃないのか? お前の発言は全て徳島の山狸の名にピッタリの見え透いた「すっとぼけ」発言でしかない。
対米隷従蓮舫行政刷新相
国民の声? 国民の声に逆行しているのはお前たち菅内閣だろう。国民の声より自分の地位や肩書、利権を優先しているのはお前たちである。 昨年の政権交代は「政治と金」のことではなく、自民党政権に見限った国民が、自民党とは違うことをやり、国民生活を重視した政策をやってくれるものだと信じで投票したのだ。 勝手に解釈するな。 またお前のやっている事業仕分けなどその辺の奥さんが家計簿を見てやるような、表向きの無駄を削減しているだけでしかない。  本当にやらなければならないのは「多額のへそくり」を使って利殖で儲けている「特別会計」に切り込んで、一般会計に組み込むことだ。 しかしお前には無理だ。 その前に官僚らの謀略に遭い失脚する。 クリーンな政治? その前に誰がどのようにクリーンじゃないのか、お前が詳細を国民に説明しなさい。 法律のプロ検察でも「起訴」できなかったということは、「推定無罪」ではなく「確定無罪」だ。 
千葉千葉法相
国民が納得していないのは、小沢氏のことよりお前が参院選で落選したにも関わらず法相に居座り続け、税金(議員報酬)をシャブリつくしていることだ。 また死刑廃止論者であったにも関わらず、自己保身のために参院選前に死刑執行の許可をしていたらしいじゃないか。 菅と官僚らに何を言われたか知らないが、政治家がコロコロ考えが変わる時点で政治家として存在する意味がない。 菅もコロコロ考えが変わるが、やはり「類は友を呼ぶ」である。  そしてお前は最終的に「死して屍 拾う者なし」になるであろう。

「必ず小沢氏を出馬させる」(山岡副代表)。
そうだ、我々が担ぎ出すという意識が必要だ!
民主党代表選挙における政見演説 小沢一郎 2006年4月7日  
小沢一郎≪民主党の政権構想の基本は、これまでの党内論議を踏まえつつ、政治、経済、社会の全てにおいて、筋の通った「公正な国」をつくることだと考えております。それによって初めて、でたらめな「小泉改革」によってボロボロになった日本を建て直し、真に豊かで世界からも尊敬される日本を築くことができるのであります。一部の「勝ち組」だけが得をするのは、自由ではなく、公正でもありません。私たち民主党の目指すべき社会は、黙々と働く人、努力する人、正直者が報われる「公正な社会」であります。その「公正な国」づくりのビジョンに基づき、政策立案、国会論戦、日常活動の全てにおいて、自民党との「対立軸」を明示していきます。
私自身が闘いの先頭に立ちます。その準備としてすでに、十三年前に世に問うた『日本改造計画』をさらに具体化させ、新しい日本の設計図を国民に明示する著書を執筆中であります。その「設計図」を基に党内論議を深め、合意を得たうえで、民主党の政権構想を高く掲げて、来年の統一地方選挙と参議院選挙を戦い、必勝を期そうと考えております。≫

カンさんは、自身が結党した民主党の理念を捨て去り、昨年の政権交代の意味まで消し去ろうとしている。この亡国の政権を打倒してもらうためにも、小沢一郎を代表選に担ぎ出さなければならない。そして、代表選を通して、今のカン政権の問題点をもっと多くの国民に訴えかけていただきたい。


小沢氏の正統性示すマスゴミ小沢氏攻撃大合唱
(植草一秀の『知られざる真実』)

一度は小沢一郎に天下を執らせてみたい!
(影山司会の日曜討論動画付き)


犯罪者ワースト20na700000 小沢氏を検察審査会に訴えたと言っている市民集団の幹部が警察に逮捕された。ことの始まりはこのようなもの。それにマスゴミが乗っかって、ことを大げさに騒ぐ。
montagekijyo 「小沢問題」とは小沢一郎という政治家の問題ではなく、特捜検察と司法メディア、政治メディアの問題。その問題がきっちり仕分けされなくては、政治家小沢一郎の問題はまともな議論にならない。
montagekijyo 小沢の不起訴がほぼ確定した今、メディアはこの2年間の自分たちの狂騒をきっちり総括すべき。フェードアウトは許されない。国政に大影響を与えたのだから。
montagekijyo 朝ズバで政治とカネの問題はどうなってるんだ?とかいってるけど、どうなってるんだとはこっちが聞きたいよ、連日報道してたあなたたちに。なんで不起訴?天下の東京地検特捜部が2年間かかりっきり、あなたたちもかかりっきりだった。国政に与えた少なからぬ影響の責任は?
montagekijyo 新聞や報道番組はまだまし。いちおう記者クラブの取材にもとづいているから。報道局ではなく制作局やプロダクションがつくる情報バラエティ番組は2次情報からの100%の憶測や全く畑違いのコメンテーターの思い込みや未確認のタレコミ情報が公共電波にのることで影響力をもってしまう。


朝日新聞には。。、困ったものです。。
いくら前期から赤字に転落したとはいえ。。、最近の朝日の報道や、テレ朝

報道ステーションでの論説委員のコメントは、あまりにも小沢批判に徹し過

ぎていますね。。。

経営が大変な上に、小沢さんに記者クラブ全廃、テレ朝の電波料金値上げ等

されて。。経営が益々大変になったら困るので、小沢総理を阻止したい気持

ちはよく分かりますが。。、ニュースに自社の願望を込めてはいけませ

ん。。。

先ほどもコメンテーターの論説委員さんが「小沢さんは政治と金の問題があ

るから。。政治と金の問題が。。。」と言っておりましたが。。

一度、この論説委員さんや、同社の星浩さんに。。、この報道ステーション

で、その小沢氏の「政治と金」とは。。いったい何なのか。。詳しく説明し

てもらった方が。。、いいかもしれませんね。。。

あまりにも。。、朝日新聞は。。国民を馬鹿にしています。。。

国民は無知だと。。、タカをくくっているようです。。。


Re: 朝日新聞には。。、困ったものです。。
どうも。。、日本のメディアはアメリカや官僚の都合の悪い事には、遠慮し

て書かないようですね。。。

アメリカのアフガンにおける状況等、大変重要だと思いますが。。日本のマ

スコミはどうもそれを大っぴらに報道したくないようです。。。

小沢氏に対する検察の冤罪事件もそうですね。。。

大久保秘書さんの時など、まず逮捕して。。それから。。やおらゼネコンの

捜査ですものね。。。

元特捜検事の宗像氏も指摘されていましたが。。、完全に証拠がためと逮捕

の順番が間違っていますよね。。。

検察だって、これだけ国中を騒がせて何も出てこなかったのなら。。、常識

的には。。国民に説明が要りますよね。。。

マスコミは検察官僚の下僕と化してしますので、勿論批判記事は書きません

が。。。

この国のマスコミは。。、本当に腐っています。。。

彼ら狡猾なマスコミは。。、大胆な仕事のできない菅総理は。。、自分達に

都合が良いというだけで。。、応援しているのです。。。

全く。。、この国で。。一番腐っているのは。。大手メディアですね。。。


Re: 朝日新聞には。。、困ったものです。。

   ∬(*^m^*)∬/  どうも。。
    (    )    朝日新聞の。。星浩さんや
   /      \   一色さんは。。
     II II    小沢氏の政治と金と
              言われているのものが
              どのようなものか
              ちゃんと。。理解されて
              いないようですので。。

              同じ系列の週刊朝日の
              編集長、山口一臣氏の
              とても分かりやすい。。
              解説を
              一度
              分かるまで。。。
              聞いていただいた方が
              良いかも
              しれませんね。。。(笑)

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/184-135d0614

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム