FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第350巻 小沢氏支持主権者国民派はマスゴミと闘うべし など  

第350巻 小沢氏支持主権者国民派はマスゴミと闘うべし など

2010 - 08/21 [Sat] - 11:35

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。

大手新聞テレビのウソの報道に洗脳された世論調査と11人の素人に日本の総理大臣を決めさせていいのかの大問題でもある

第350巻 小沢氏支持主権者国民派はマスゴミと闘うべし など

完全無罪小沢氏支持主権者国民派はマスゴミと闘うべし
こうしたすべての事実から俯瞰されることは、マスゴミによる小沢一郎氏に対する執拗な攻撃が、特定の政治目的による一種の謀略である可能性が高いことだ。
  こうした判断を踏まえれば、マスゴミの攻撃に正面から対峙して9月14日の民主党代表選に立ち向かうことが極めて重要である。
  先の大戦でも、虚偽の情報を流布して戦争に加担したメディアに正面から対峙した言論人の主張が結果的に見て正しかった。現状もこれに類似している。
  小沢一郎氏が代表選に出馬して首相に就任する場合、極端に言えば、マスゴミ発表の世論調査での支持率がゼロでもまったく問題はない。
  主権者の審判は選挙で受ければよい。マスゴミのうさんくさい世論調査を無視する啓蒙活動を展開するべきだ。この場合、小沢首相は早期に衆議院を解散して民意を問うだろう。これが正道である。


タダの野次馬 この国の新聞・テレビ
 小沢サイドは代表選に向けて最大の障害は「いい加減なメディア」とみている。この国の民主主義にとって不幸なことだ。
小沢内閣総理大臣実現の障害はマスコミだけである

メディア経営者も、巨大利権集団に偏向報道を強いられている
<メディアは、"悪徳ペンタゴン"にがっちり組み込まれている>
img_1547703_48263367_0.jpg悪徳ペンタゴンは、巨大利権を守るため、小沢氏を抹殺しなければならないのだ。悪徳ペンタゴンの大物は利権の大きな"米国"と"特権官僚"だ。しかし、"米国"は他国ゆえ、小沢氏に直接手を下すことはできない。"米国"は、"米国"に隷属する外務省や防衛省等に、「小沢氏は"米国"にとって好ましくない人物」と伝えている。"特権官僚"はその意を受けて動くのである。"米国"は得意の諜報で小沢潰しに貢献している。
元運輸大臣二見伸明氏は自身のツイッターで
『「小沢問題」のルーツは「西松建設の外為法違反」。日本の捜査当局が全く知らなかったことをCIA が捜査当局に示唆。検察はこれを奇貨として、マスコミと政界の一部を抱き込み、小沢の政治生命を断つことを画策。米の狙いは「米からの独立」を主張する小沢の抹殺だ。「闇」は深い。』

"特権官僚"は、"大資本"や"御用メディア"にめっぽう強い。"特権官僚"は、"大資本"や"御用メディア"にさまざまな許認可を与えている。"御用メディア"は、スポンサーの"大資本"に頭が上がらない。
"御用メディア"が一番弱い立場だ。"特権官僚"の一大事であれば、なんとしても頑張らなければならない。かくして、"御用メディア"は、危険でも、ネタがなくなっても、小沢バッシングを続けるのである。悪徳ペンタゴンは、小沢氏を完全に抹殺してしまうまで、小沢バッシングを続けたいであろう。しかし、検察も次の一手がない。メディアもアップアップだ。悪業はそう長続きしないのではないかと思う今日この頃だ。

権力構造

民主党代表選:小沢一郎vs菅直人のガチンコ勝負が現実味
対米隷従マスコミは民主党内の分裂を面白おかしく報道し、民主党はこんなにダメな政党だとでも言いたいのだろう。民主党を分裂させ、弱体化させたい官僚やその手先たちのマスコミの罠にまんまとはまってしまった菅総理は、後世のいい笑い者として記憶されるだろう。
あの選挙の神様と呼ばれる小沢氏が来週情勢を見て決めると言っているのだから、小沢氏はすでに代表選に出馬する決心をしているだろうし、票集めにしたって準備万端なのであろう。誰がどう考えたって、2年前の衆院選で政権交代を実現させ、民主党の進展に結びつけた一番の功労者である小沢氏を内閣から排除し、党の分裂を招いてしまった菅直人の方が分が悪い。
民主党は一刻も早く、代表を変えて体制を整え、一つの党として一致団結するべきだ。

小沢一郎
「菅さんじゃ無理」 田中真紀子が 小沢総理を推す理由

「コロコロとカネ」は無視してよし!小沢一郎総理大臣で日本を救おう!

小沢・鳩山連合軍が宣戦布告か?
鳩山研修会の盛会を見て、小沢は立候補を決断か?
第五検察審査会の動向をちらつかせて小沢一郎立候補を牽制する菅・仙谷一派の思惑は、完全に裏目に出ようとしている。

小沢氏の出馬多くの人が願っています

小沢一郎氏、 ぜひ総理大臣に
皆さん、 小沢氏を不公平に罵倒するマスコミを 無視ししましょう。
今の日本を救えるのは、 彼だけです。  他の人では 無理です

小沢総理

『虚像に囚われた政治家小沢一郎の真実』平野貞夫著 講談社+α文庫 「小沢さんは叩いても全く埃の出ない男だよ」検察幹部

montagekijyo 小沢のことは毎日追求を続けるメディアが、国家によって国民がとんでもない人権侵害にあってる可能性を放置してきた。ときどきアリバイのような報道をするだけで。小沢問題よりえん罪死刑や40年間の独房拘禁の方が遙かに大問題だ。

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/185-4e527222

 | HOME | 

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム