FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第354巻 マニフェスト理念の否定は政権交代の否定だ!など  

第354巻 マニフェスト理念の否定は政権交代の否定だ!など

2010 - 08/24 [Tue] - 16:35

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。

第354巻 マニフェスト理念の否定は政権交代の否定だ!など

マニフェストの理念を否定することは政権交代の意義の否定だ!~辻恵民主党衆院議員
対米隷従小沢前幹事長に対する西松建設や水谷建設からの金銭授受の疑惑は、東京地検特捜部の数年にわたる捜査の結果立件出来ないことで既に決着済みであり、現在検察審査会で審査中の政治資金規正法違反事件は、不動産取引の代金決済と登記移転が年を跨ったため収支報告を前年ではなく翌年にしたという点を捉えた全くタメにする言い掛かりであって、自民党政権時代に問題になった日歯連事件等の政治とカネとは質的に全く異なるものです。
今日の日本の政治状況がピンチだと思うのは、多くのマスコミと政治家が、明らかに質的に異なる事実を理解せずムード的に一緒くたにして小沢前幹事長を非難していることです。理解した上で政敵を貶めるために敢えて違いに気付かない振りをして立ち回るのならまだ話は分かりますが、内閣の中枢部をはじめ本気で信じて言っているように思えてなりません。だとすれば、こんなに簡単な問題ですら正確に分析認識出来ない人達に、面従腹背の官僚との困難な闘いや高度な政治判断が要求されるタフな外交交渉を任せられる筈がありません


「小沢首相」なら起訴できない検察審査会の欠落部分/伊藤 博敏
米沢 小沢氏に対する好悪は別にして、ここまで政治家を追い詰める起訴議決制度とは何であろうか。プロが不起訴と判断したものを「市民目線」といったところで一週間に一度の審査で、膨大な資料と法律書を読み込んで、冷静な判断を下すのは不可能に近い。結局、結論は感覚、感情によって下される。
 制度に問題があれば、改めることを躊躇すべきではない。国政へのロスがあまりにも多い起訴議決制度は、早急に見直すべきだろう。
新聞・テレビは検察審査会の欠陥について何も言及しようとしない。
「市民目線」を金科玉条にしてはいけない。
小沢氏を支持する議員は堂々と正論を主張してほしい。


「日本一新運動」の原点―11
(平野貞夫) メルマガ「日本一新」臨時増刊号
 問題となっている検察審査会への告発も、受理することが疑問
視される人からのものであるといわれているし、小沢一郎を政界
から排除することで既得権を維持しようとするのは、旧体制官僚
や巨大メディアだけではないことは、民主党政権の閣僚たちが、
小沢一郎の代表選出馬を阻止すべく、珍言暴言を繰り出している
ことからも明かであろう。


平野貞夫氏「9月14日の民主党代表選は民主党の党是に反した菅代表の責任を問うことが最重要課題である」
完全無罪
対米隷属悪徳8人衆を糾弾する原口総務相正論 
(植草一秀の『知られざる真実』)

推定無罪を政治倫理の問題にすりかえる岡田外相
岡田外相の場合は、全てを知りながらわざとこんな馬鹿なことを言っているのだろう。なぜなら、推定無罪を認めてしまうと、小沢氏の代表選の出馬を牽制する理由がなくなってしまう。岡田外相を初めとした対米隷属悪徳8人衆にとって、「政治とカネ」の問題を訴え続けること以外に、小沢氏を失脚させる方法はないのである。
ついでに、産経が「首相をコロコロ変えるのはよくない」という菅内閣の閣僚の意見への反論を発表していたので紹介したい。どうやら、菅政権下では、官房機密費が産経まで行き渡ってないようである(笑)。

zebra_masa 岡田さんのこの発言はオモロイ「推定無罪は法律の問題だ。政治倫理の問題でどうなのか、次元の違う話だ」。鳩山さんに外相に選ばれたにもかかわらず、鳩山さんを裏切る行動をした岡田さんは政治倫理的にどうなんじゃろ?


【ホンマに出るんか~!?】民主代表選 高まる主戦論 
小沢氏「9月勝負だ」



今だに戦犯菅政権の続投を煽るメディア!飄(つむじ風)

菅首相が軽井沢で考えていたのは「首相の役割」か、それとも「代表選への戦略」か ?(田中秀征)

”偽”黄門新人議員157人のうち対話集会参加は100人程度、憐れカン政権の終わりが見えた!

菅直人続投こそ、早期の解散・総選挙は必至。そして新人議員は全滅だろう?(笑)

一体このザマは何だ!
~菅内閣の恐るべき無為無策

権力亡者の官房長官が仕掛けた小沢斬り
脳死状態の菅政権は円高阻止になぜ動かないのか


「私は対米従属派と断固戦う!」
 衆議院議員・国民新党代表 亀井静香 『月刊日本』 9月号

hatatomoko 9月民主党代表選に小沢一郎氏が09マニフェストを実現する為に出馬するということは、「政治とカネ」の問題について小沢氏が「説明責任」を果たす決意をするということだ。代表選最中のメディアからの、また総理として野党からのエンドレスの国会質問にも応ずる決意をするから出馬するということだ。
igabin 村木さん事件、足利事件、富山事件、御殿場事件、枚方事件、箕面カルフール事件、高知地検事件、白バイ事件、志布志事件、名古屋事件、、、、、、、その他 山ほど冤罪事件が発生している中、検事総長や最高裁判所長官を国会喚問すべき時ではないのか?司法腐敗を国会で調査すべき時ではないのか?


昨年の夏、小沢総理が実現していた。。
あのね。。。、本当は昨年の総選挙の後、小沢総理が誕生の筈だったのです
よ。。。
昨年の春、麻生政権の混迷で。。、小沢氏の支持率が麻生氏を抜いた途
端。。、小沢氏の秘書大久保氏が。。、いきなり逮捕されました。。。
あの有名な、当時の漆間副長官(元警察庁長官)の「自民党の先生には、決
して捜査は及びません」発言。。、そして今年1月13日の大久保氏の無罪
同様の公判でお分かりのように、明らかにあの逮捕は、当時の民主党小沢代
表の総理実現を阻止する為。。、小沢氏のイメージダウンを狙った「国策捜
査」でした。。
この捏造冤罪事件がなかったら。。、昨年の9月に晴れて小沢総理が実現し
て。。、今頃は改革が随分進んでいたのでは。。、ないでしょうか。。。?
返す返す。。、悔しい冤罪捏造事件でした。。。


検察、マスゴミの
犯罪的とも言える不当捜査や、偏向報道・世論誘導によって小沢総理大臣の誕生が1年以上も遅れ、日本国および日本国民に多大なる損害を与えた事に対し、小沢政権発足後にどのような責任をとらせるべきか、徹底調査すべきだ

地検特捜部は特高警察の再来か?
検察庁近年佐久間特捜部長が担当した事件で取り調べを受けた人の中でわかっているだけでも5人の自殺者が出ていた。偶然かもって。
http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/489.html

近年佐久間特捜部長が担当した事件で取り調べを受けた人の中でわかっているだけでも5人の自殺者が出ていたことに言及。もちろん偶然かもしれないが、いい加減に人質司法の手法は再考しないとこのままでは大変なことになりそう。

[小沢一郎ネタ] “検察のツラ汚し”扱いの特捜部長をクビにしない検察の「論理」
http://octhan.blog62.fc2.com/blog-entry-1219.html

ズサン捜査に大物OBも批判の集中砲火
保釈された石川議員ら3人の姿を特捜部の佐久間達哉部長(53)はどんな心境で見たのか。大失敗に終わったお粗末捜査に、特捜部OBからも批判というか、アキれる声が上がっている。検察内部でも、捜査のあり方が疑問視されているかと思ったら……。

小沢の不起訴処分当日にTBS「THE NEWS」で「これだけ、あっちこっち捜査しても何も証拠がなかったのだから、いくらやっても同じ。(捜査は)終わりだ」と唖然とした様子で語ったのは、同じく元特捜部長の石川達紘弁護士(70)。大蔵省スキャンダルなどの捜査を指揮した“現場派”の大物OBで、「(国会直前となった)捜査タイミングが悪い。意図的と言われてもしようがない」と、かつての部下たちに苦言を呈していた。

OBたちはハッキリ言わないが、捜査を指揮した佐久間氏は“検察のツラ汚し”扱いだ。ただでさえ、捜査手腕を疑われてきた男だ。主任検事を務めた旧長銀の粉飾決算事件は、被告全員の無罪が確定。副部長として手がけた福島県の佐藤栄佐久前知事の収賄事件では、2審で検察側の主張はことごとく覆された。大久保秘書を起訴した西松事件の裁判でも、検察側の重要証人が供述を翻す始末である。


コメント
取り調べ中に5人の自殺者。この検察官、人権に配慮した適切な取り調べをしたのかい。旧長銀の粉飾決算事件は、被告全員の無罪が確定。佐藤栄佐久前知事の収賄事件では、2審で検察側の主張はことごとく覆された。なんでこんなトンデモ検事が検事正まで登りつめたのか疑問、民間ではありえない。

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/189-994edb28

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム