FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第377巻 党員サポーター票「60%対40%」で小沢氏善戦   など  

第377巻 党員サポーター票「60%対40%」で小沢氏善戦   など

2010 - 09/16 [Thu] - 00:25

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。

第377巻 党員サポーター票「60%対40%」で小沢氏善戦 など

党員サポーター票「菅氏60%小沢氏40%」で小沢氏善戦 
朝日新聞の事前調査では
菅氏     65%、 小沢氏17%  不明 18%
民主支持層では73%      20% 不明  7%
しかし、実際の党員サポーター票は
投票総数でみると菅氏13万7998票に、小沢氏9万194票と
       「60% 対   40%」の差
菅氏     40%  小沢氏26%  棄権 33%
棄権率が高すぎるので世論調査なみに換算してみると
菅氏     48%  小沢氏32%  棄権 20%(仮定)


消えた党員・サポーター票!! 11万3,463票34%

小沢前幹事長は「大敗」どころか大逆風の中で「互角」の戦いをした (杉並からの情報発信です)
代表戦

「政治とカネ」と言う<虚構>に敗れた小沢氏(olive徳山勝)
一見大差に見える選挙結果だが、党員・サポーターのポイントは各選挙区「総取り」方式だから、神奈川18区のように僅か11票差で菅氏に1ポイントとなっている。マスコミのネガキャンの中、全体の40%が小沢氏支持であった。特に沖縄は77%が小沢氏支持だ。これは何を意味するか。沖縄のように、切実な基地問題を抱えている人たちは、訳のわからない「政治とカネ」より、政策・政治手腕の政治家を望んだと言うことだ。

小沢氏、記者クラブメディアに敗れたり

犬察鳥越俊太郎「特捜部とマスコミがタイアップして、小沢氏の悪いイメージをつくって、それが世論となって、国会議員も影響された」

小沢氏と200人の民主議員に期待☆
   ∬(*μ_μ)∬   昨日から。。そして。。今現在も。。
    ( /\)   民主党議員。。おバカ206人に
   /     \  呆れ返って
     II II      おります。。

            今朝。。鳥越氏が
            「菅さん続行で一番喜んでいるのは
             検察でしょう。。。
             可視化もできそうにないし。。」と
            おっしゃっていましたが。。


            喜んでいるのは
            官僚もそうでしょうが。。
            それ以上に
            マスゴミかもしれませんね。。。

            これで。。当座は
            利権剥奪はされないと
            胸を撫で下ろしている事でしょう。。

            最後までどちらに票を入れるか
            迷っていた。。20数名の議員は
            当日。。殆どが菅さんに
            入れたそうですが。。。
            果たして。。彼らは。。
            何を決め手に
            菅さんを選んだのでしょう。。?

            劇作家の平田氏や
            仙谷、枝野氏らと共同で
            作ったと言われる演説文。。。

            何だか。。最後は。。
            小沢氏からのパクリもありで。。
            全体的に。。とてもお世辞にも。。
            格調高いとは
            言えないものでした。。。

            これから日本も、変わる!と
            心を膨らせていたしていた期待が
            官僚。マスゴミ軍によって
            又しても絶たれ。。
            昨日は、大変ショックでした。。。

            ただ小沢氏の掲げる
            この国の抜本的な改革制度を
            支持した議員さんが
            マスコミの目を覆うばかりの
            バッシングにも関わらず 

            そして。。
            地元の支援者の意見も
            説き伏せての。。          
            総勢200人。。いらっしゃった事は
            大変感動致しました。。。

            小沢さんと。。彼らの今後に
            心から。。
            期待しております。。。♪

田原田原総一朗 「小沢一郎は検察の世論操作と新聞・テレビの世論調査に負けた」
こんな素人みたいな事書いて勤まるなら評論家って楽な商売。
勝ったと言っても国会議員票はあんまり差は無いし、影響力は依然大きい。
この人は「小沢は終わった」と思い込みたいだけ。


アメリカでは世論形成の担い手は新聞でなくなっている〟
「ネットという鏡に暴かれたマスコミ偏向報道」佐々木俊尚 週刊ポスト
asyura

東京新聞の秀逸コラム[大マスコミと官僚]
コップの中の嵐という人も居るが 私には大変大事に思えた。 
菅首相の勝利に終わった民主党代表選のことである。
結果はなかば見えていたが、その過程で菅氏を担ぐ大マスコ
ミ(テレビと大新聞)や官僚たちの姑息さと事大主義が露呈した
のは良かった。
私自身は児童虐待の問題に取り組みだしてから 新聞が官報
に過ぎないことを知った。 早い話、児童虐待防止法が使えない
どころか、子殺しに加担していることなど一般の人は知らない
だろう。
NHKはもちろん、民放テレビの独占利権を総務省に握られた大
マスコミが官僚と癒着せざるを得ないことはご存じか。
特に今年の三月、鳩山内閣は六十年ぶりに放送法の大改革に
乗り出すことを 閣議決定して、虎の尾を踏んだ。 元来小沢氏
は記者クラブの特権を無視し続けてきた唯一の政治家である。 
大マスコミが排除をはかるのは もっともな ことで、その彼も 
また「米国との関係見直し」を明言することで 田中角栄と同様、
特捜検察の恣意(しい)的指弾の対象にもなった。
菅氏は代表選から降りるべきであったのだが 勝ってしまったの
なら 仕方がない。 せめて、放送法を既存利権から 切り離し
て 透明にして欲しい。
そして検事総長を “天皇勅任制” から 選挙制にする道を開
いてほしい。
民衆もようやく、問題が奈辺(なへん)にあるかを知り始めている。
          精神科医    斎藤 学
  

マスゴミを何とかしないと日本の将来ない
小沢さんの登場で、記者クラブを開放したり、電波料金などにも踏み込む良
いチャンスでした。。。
これらにより。。、経営の良くない。。それでいて扇動、捏造を繰り返
す。。悪辣なTBSなどは潰せたのです。。。
アホ缶では。。できそうにありませんしね。。
とにかく。。、マスゴミを何とかしないと。。これからも。。アホな総理ば
かり誕生してしまいます。。。
日本で最悪なゴミ集団です。。。


機密費アドバイザ~♪
> 各メディアは正々堂々と捏造デタラメ世論調査ができるぞ
> もうお墨付きだ
> 世論誘導も思うがままよ

> あの~仙谷殿、官房機密費をお忘れなく!


  機密費アドバイザ~♪
     ↓

    (メ`(エ)´)/  今使わないで。。
  <( 野 下)   いつ。。使う。。?!
    ■■
    II II
20100315001612c33.png
           (メ▽皿▽)  今月は
           (\戦国)\  思う存分。。。
    \\\      ■■      使った。。
\\\ 機密費\\\\  II II       ふぅ。。。♪

マスゴミの陰謀は。。、3回成就した。。
    ∬(*μ_μ)∬    おっしゃるとおりですね。。
     ( /\)    日本のメディアは
    /     \   狂っております。。。
      II II       常軌を逸しております。。

              マスコミは。。いくら
              権益死守の為とは言え。。
              どうして。。ここまで
              寄ってたかって
              一人の政治家を叩けるのでしょうか。。?

              よくここまで残酷になれるかと。。。
              本当に。。理解に
              苦しみます。。。
           
              大手メディアは
              小沢氏バッシングに関して。。。
              常に。。談合していますね。。

              徹底的に失脚させようと
              しています。。

              これが。。彼らの3回目の
              企みの成就でした。。

              1回目は昨年春の代表辞任。。
              2回目は今年5月末の
              幹事長辞任。。
              そして。。今回の代表選挙に
              関しても。。
              徹底して。。扇動報道を
              繰り替えし。。
              明らかに氏より劣る人物が
              代表に当選するよう
              援護してきました。。

              本当に。。。日本のジャーナリズムは
              どうなってしまっているのでしょう。。

              この国を本気で。。
              政治家生命を賭けて。。命をかけて
              変えようと。。。
              覚悟を決めてお立ちになったのに。。

              これまでの
              小沢氏へのバッシング。。。
              普通の人間では
              とっくに
              神経を病んで
              しまっているでしょうね。。。

              そのお心の内は
              正に、ハラワタが煮えくり
              かえる思いではないかと。。
              心中。。深くお察ししています。。。

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/215-7736a9ae

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に民主主義の危機を感じてブログを始めることにしましたが、個人的なリンク集になってしまいました。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム