FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第389巻 「検察の大罪」「現職検事逮捕は氷山の一角」 など  

第389巻 「検察の大罪」「現職検事逮捕は氷山の一角」 など

2010 - 09/29 [Wed] - 16:23

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。

第389巻 「検察の大罪」「現職検事逮捕は氷山の一角」 など

特捜部は今後一切事件を追わなくてよし!過去の特捜部案件を全て洗いざらい検証することを仕事とせよ!

デカデカと「検察の大罪」と書いてあり、サブとして「現職検事逮捕は氷山の一角」としている。
wanted330_s.jpg
wanted330_s.jpg

yjochi: あの女性検事が、真実を供述して頑張っていて、前田らが嘘をついて逃げようとしているなら、真の検察再生のためにも、女性検事を応援してあげなければならないだろう。
montagekijyo 法務省:塚部 貴子 検事 (大阪地検特別捜査部)
塚部 貴子 検事 (大阪地検特別捜査部)

「冤罪救助請負人」 緊急対談「村木さんの事件は例外じゃない。鈴木宗男さんも本当なら無罪だ」

三井環氏、大阪地検を告発する
三井環告発状をWeb Iwakamiに掲載したので、ご覧ください。
三井さん熱烈呼びかけ!あなたも検察処罰求める三井申立書の申し立て人に! 9/30正午までに氏名連絡を!
三井環さんの事件から「村木さん無罪」を考える (保坂展人氏) 三井氏の「妻からのメッセージ」
tokaiama 大坪弘道前特捜部長(現京都地検次席検事)と佐賀元明前副部長(現神戸地検特別刑事部長)逮捕! 彼らは三井環元検事の取調担当! 三井事件の真実、前代未聞の検察庁による大犯罪を暴露する可能性が十分にある!
tomoanisake マスコミは「調査」と称して「操作」を行い、特捜は「捜査」と称して同じく「操作」をする。一心同体、密接不可分の相互依存の捏造集団。どちらも巧妙に、そしてこの国で一番狡猾に行う。
montagekijyo 報ステ。古舘「自分たちで筋を書いた…捏造が発覚した…ミスということにしよう…組織的犯罪だ!!!」報ステのマクド店長ニセ制服事件や朝ズバの不二家VTR捏造事件とそっくりだ!
chateaux1000 2002年「鈴木宗男事件」2009-10年「小沢一郎事件」2009年「村木厚子事件」はすべて同じ構造。米国支配層と自民党政権が検察特捜部を使って政敵の抹殺を狙い事件をねつ造した政治弾圧。検察が事件をでっち上げ逮捕・起訴・長期拘留し裁判所が有罪にし大手マスコミが世論を誘導した。
amneris84 なるほど RT @works45 そりゃ、日常茶飯事だから。 RT @todamanabu: 「事の重大さを認識していなかった」RT @amneris84: 合掌 RT @montagekijyo 河上和雄弁護士「組織的隠蔽はなく、事の重大さを認識していなかっただけ」


情報の選択次第で「正義」は「不正義」となる :
「検察審」は歪んだ政治的目的への悪用に変質
(『哀国通信』・・・浮高亭瓢箪)
前田「検察審査会」と云う組織は当初の設立目的を大きく逸脱して、歪んだ政治的目的に悪用されかねない組織に変質してしまっているのだ。
人が人を裁くときに、≪特定の主義・思想≫や≪好き嫌いの感情≫によって左右されるのでは、法治国家とは言えないではないか。
≪特捜検事≫という少数のエリート検事の描いた「筋書き」「ストーリー」で事件が作られ、証拠が集められ、供述調書まででっち上げられるのでは、一体どこで「普通の市民感情」という曖昧な判断が生きて来ると云うのだろうか。
その上、その「市民感情」とか「民意」なるものさえ、メデイアの作り上げた情報操作でどうにでもなる・・・というのであれば、何が正しいものなのか・・・私たちはよくよく疑ってかからねばならないのである。


これじゃあ政権交代の意味がない
(なおも偽善マスコミが支配する日本)

20100315001612c33.png中国人船長釈放の裏に―可視化と引き換えた仙谷官房長官

馬鹿は死んでも治らない。前原外相を更迭せよ!第二の偽メール(漁船ビデオ)疑惑

検察の不当な捜査を質す
民主主義を守るためにトピずれですが貼り付けます。
一人でも多くの人々に事件の詳細を知っていただくためです。

この事件には、おそらく犯罪性はなく、処罰価値もありません。

1年半にも及ぶ事件捜査の裏に何があったのか、裁判の行方に国民全体が
関心を持ち見守ることが大切です。

*********************************
<<保存版>>

 検察は小沢事務所にも時限爆弾を仕掛けていた
   
*********************************

1 こんな起訴事実で石川議員は逮捕・起訴された

<<起訴事実>>

①小沢が立て替えた4億円を記載しなかった。
②04年10月に購入した土地を05年1月に購入したと記載した。

石川元秘書に対する起訴事実は本当にこの程度なのです(笑い)。

2 犯罪性がないといわれる理由

(1)無理スジの起訴事実

①については、「政治資金団体の職員が一時的に資金の立て替えをし、後
に清算した場合などの資金繰りは記載しなくてもよい」と総務省Q&Aに
あることが起訴後に明らかになり、犯罪事実の有無について疑問が持ち上
がっています。

②については、登記日を土地取得の日と見なすことができることから、虚
偽性は存在しないのではないかとの疑問が持ち上がっています。

3 検察は石川氏を別件逮捕し、小沢氏を狙おうとした

検察は、小沢氏が立て替えた4億円に対して、「こんな大金には何か不正
があるはずだ」と見立て、①と②を事由に秘書を逮捕して問い詰めれば
「必ず何かが出てくる」と考えたのでしょう。もちろん、何らの物証も
ないままです。

当然、「何か出てくるはずだ」という「妄想」に基づいた捜査は破綻し
ました。実際、捜査からは何も出て来ませんでした。

小沢氏が立て替えた4億円は、父親の遺産であり、銀行に預金してあった
遺産を金融危機の際に、銀行から卸してタンス預金にしてあったことが、
預金通帳などとの照合によって、皮肉にも検察自身の手で確認されました。

検察が最終的に出した起訴事実は次の①、②でした。1年半調べてもそれ
しかなかったのです。

①小沢が立て替えた4億円を記載しなかった。
②04年10月に購入した土地を05年1月に購入したと記載した。

4 公判の争点

04年の収支報告書には「借入金 小沢一郎 4億円」が明記されています。

検察は、「借入金 小沢一郎 4億円」の記載は、陸山会が銀行から借り入
れた4億円を表しており、したがって、小沢氏が立て替えた4億円を表した
ものではなく、すなわち、①が立証されるとの立場です。

一方、石川氏は、「借入金 小沢一郎 4億円」の記載は、陸山会が銀行か
ら借り入れた4億円を表しているのではなく、すなわち、小沢氏が立て替
えた4億円を表しており、したがって、不記載の事実は存在しないとの立
場です。

ところが、政治資金規正法には、政治資金規正法上、預金の範囲内での銀行
借り入れは、収入とみなされず、小沢事務所が銀行からの借入金4億円を記
載する必要はなく、「借入金 小沢一郎 4億円」の記載を「銀行借り入
れ」とみなす検察の主張には無理があります。すなわち、この記載は小沢氏
からの借り入れを表しているとみざるを得ません。


5 検察は「時限爆弾」(ウソの情報)を仕掛けた

検察は、マスコミを通して、「借入金 小沢一郎 4億円」=「銀行からの
借り入れ」というウソの情報(時限爆弾)を国民にリークし、そのことを国
民に信じ込ませた上で、「小沢氏が立て替えた4億円の記載がない」という
ストーリーを捏造し、石川氏を逮捕し、よしんば小沢を逮捕しようと画策し
ました。

検察は、石川氏を逮捕し、石川氏の記憶が曖昧なことに乗じて、「小沢氏
が大金を持っていることを知られることはよくないと思った」という供述
を誘導して引き出し、保釈を餌にして供述調書に署名させました。

小沢氏については「嫌疑不十分」という曖昧な言葉を使用して、小沢氏が
水谷建設から裏献金を受けたかのような誤解を国民に持たせ続けています。
実は、「嫌疑」とは「小沢氏が①と②を知っていたかも知れない」という
ものに過ぎません。

裁判所が、「借入金 小沢一郎 4億円」の意味をどのように受け止める
か、その上で供述をどのように受け止めるかを厳しく見守る必要がありま
す。

*********************************

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/227-26773e3d

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム