FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第404巻 強制起訴は暴走。その原因はマスコミにある。など  

第404巻 強制起訴は暴走。その原因はマスコミにある。など

2010 - 10/14 [Thu] - 16:14

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。

第404巻 強制起訴は暴走。その原因はマスコミにある。など

渡辺強制起訴は暴走。
その原因はマスコミにある。

真のジャーナリズムなら、このような不可解なことに目を向けるはずだ。そして、マスコミが公正・公平に報道しなかったことが、結果的に「検察審議会」の審査に影響を与えたことを真摯に反省すべきだろう。それとも、何も知らないで書いているのだろうか。それなら毎日新聞はジャーナリズムとしての存在価値はゼロである。

【マスコミ世論調査 速報 信頼できない67%

前田日本社会の「ガン」マスメディアの弱点を考察する必要性検察・司法はチンピラ以下だ(読後感)。今週の週刊朝日は必買だ!
◆≪検察騒乱罪/「起訴議決」は捏造調書でつくられた!?≫石川知裕議員、上杉隆(対談)
≪・・前田検事が大久保さんの取調べを行ったとなると、これは大問題ですよ。国際司法の常識ならば、証拠の洗い直し、もしくは最初から捜査をやり直す。それができない場合は、即時無効です。捜査自体への疑義を感じます≫
それに答えて石川氏が≪やはり、大久保さんの調書に関しては、私の今後の裁判の方針も変わってきます。いま公判前整理手続き中ですが、調書の無効を含めて争っていくことになると思います。≫といっている。これは当然でもあり、上杉氏の言うように最初から捜査をやり直すくらいなものでなければ納得できない。
最高検は前田被告の他の事件も検証するとしているが、どこまで本気なのか、泥棒が泥棒を検証では出てくるものは、事件捜査と同じで中途半端で誤魔化しておしまいだろう。


前田被告担当の過去の証拠品調査へ
(東京新聞Web 2010年10月13日 朝刊)-ソフトも以前から使用

カイザン前後のデータをUSBに保管 (gooニュース)
「前副部長も知っていた」そうです
意図的だろうがうっかりミスだろうが、真実でない証拠にもとづいて起訴・公判維持している以上は、地検そのものが、更に、それを知ってヤラセた大阪高検、最高検が、
特別公務員職権濫用(刑法194条)、
虚偽告訴罪(172条)
でしょう。

gendai1012

宮崎学が吉田繁実弁護士への懲戒請求を10月14日付で提出

匿名という名の悪魔たち
当時の民主党代表を「政治資金問題」でこの「真実を求める会」=似非右翼(小沢氏の政治資金問題の内容もほとんど知らない、ただ何でもいいから小沢氏を攻撃しダーティーなイメージを付け、貶めることを目的とした団体、個人)の中のたった1人(匿名)によって告発され、国民の血税を30億円も使って検察が捜査しまくっても、証拠がなく起訴できなかったのだ。
この「匿名」という国民の振りをした悪魔たちにいずれ小沢氏が「無罪」となった暁には、「真実を求める会」の匿名告発者や検審会に関わった匿名市民に、30億円以上捜査などに使われた費用や国政が悪化したことなどを理由に国民から莫大な損害賠償を求められるだろう。 
そして検審会が事実上機能し、審査されていたのかも全て明らかにしなければならないだろう。

post1012

佐藤善博氏:強制起訴は冤罪防止に問題のある制度
植草一秀の『知られざる真実』
sasahi1012

h_hirano 平野 浩 turffanから
 「サンデー毎日」10/24に郷原信郎氏が激白。起訴相当議決は無効。なぜなら、1回目の起訴相当議決にも、再捜査を受けての検察の不起訴事実にもなかった犯罪事実が第2回の議決に追加されているからだ。もし、そんなことを検察審に認めたら、検察審の権限が無限に拡大し、魔女裁判になる。
onsenkabumasa kabumasa
審査員の年齢自体まともに把握されていない検察審査会のふざけ切った小沢強制起訴議決のイカサマ性。これほど明白なイカサマ犯罪組織をまるで正義のごとくに扱うマスゴミや政治屋の品性下劣さ。それほど小沢一郎が邪魔なようだ。しかも仲間であるはずの民主党の連中の同様な卑怯な対応。仙谷らクズ認定


小沢氏側、15日提訴へ検察審議決は違法
   ∬(*^~^)∬/   頑張れ!!
   <(    )
   /      \   小沢さんは
     II II        これまで
              余りにも
              受身過ぎました。。。

              これからは
              積極的に
              反撃すべきです!

              議決書の内容も
              そうですが。。。
              その議決をした
              審査員が
              本当に実在していたかも
              疑われる状況です。。
              
              闘って下さい!

              頑張って下さい!

Re: 小沢氏側、15日提訴へ検察審議決は違法
    ∬(*μ_μ)∬/   全く、そのとおりですね!
    <(   )
    /     \   石川議員も
      II II       これからの
              公判で
              無実が明らかになる事は
              確実ですが。。。

              水谷からの献金だと
              捏造イメージ映像を
              流したTBS を
              絶対に訴えるべきです。。。

              これを放置してしまって。。
              以後のマスゴミの扇動を
              余計に
              大きくしてしまいました。。。

              悔やまれます。。。     

検審の幽霊審査員は、やっぱり幽霊?
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2010/10/post_677.html
           ↑
       ザ・ジャーナル♪ 
2回目の11人の平均年齢が、驚く事に!1回目の平均年齢34.27歳と全く同
じだそうです。。。(笑)
確か、審査員は全員入れ替わっている筈ですよね。。。
検察審査会事務局は、どんな神業でこのような奇跡の人選ができたのでしょ
うか。。? (笑)
おそらく。。2回目の審査会は開かれていないのでしょうね。。?
検察審査会は詳細を尋ねられて。。答えようがなく(笑)。。。仕方なく1
回目の審査員の年齢を言ったとしか考えられませんね。。。
すなわち。。、この「強制起訴」議決書は、補助弁護士が一人で書いた疑い
が濃厚という事です!
だって。。、無作為のクジで選ばれた審査員11人が、1回目と2回目共に
34.27歳だったなんて。。。1兆分の1も。。ないですものね。。?(笑)
それに、先日。。元国会議員・二見氏が検察事務局に問い合わせた時は、
「会議録はない」と担当者は答えたそうですが、昨日。。私が問い合わせた
時、担当者の金子政之氏は、「会議録はあるが、公開する義務はない」と答
えました。。。
はてさて。。。、どちらなのでしょう。。。?(笑)
でも、会議録は規定でとる事になっていますよね!

さて、皆さん!この疑惑だらけの検察審査会の連絡先はこちらです♪
   東京高裁地裁などの建物の中にあるようです
            (kensatunohanzaiさんより)
        第5検察審査会   03-3581-2878
http://www.courts.go.jp/kensin/seido/itiran.html


     ∬(*^~^*)∬/   皆様も。。。
     <(    )    この怪しい、怪しい、審査会に。。
     /      \   どうぞ
       II II        質問を
                浴びせてやって
                下さい。。。(笑)

                論より証拠。。。
                電話の応対で
                事務局のいい加減さが
                手に取るように。。。
                伝わってきます。。(笑)

マスコミが報道しない議決異議の欠陥
マスコミは、小沢氏が検察審査会の構成メンバーの平均年齢に異議を唱えて
いるかのような報道を繰り返している。
しかし、そうではない。
問題にしていることは、検察審査会の手続きの誤りである。
*******************************
<<保存版>>
  検察審査会に対する小沢側の異議の内容
*******************************
1 石川元秘書の起訴事実
①陸山会が小沢一郎氏から借り入れた4億円を記載しなかった。
②04年10月に購入した土地を05年1月に購入したと記載した。

2 第1回目 検察審査会議決
「04年10月に購入した土地を05年1月に購入したと記載した」について、
小沢氏は石川元秘書と共謀した。

3 東京地検が第1回目議決を受けて「再捜査」の結論
「04年10月に購入した土地を05年1月に購入したと記載することを、小沢一郎
は石川元秘書と共謀した」について、再捜査した結果、小沢氏を不起訴とす
る。

4 第2回目 検察審査会議決
「04年10月に購入した土地を05年1月に購入したと記載したことに共謀した」
及び「小沢から借り入れた4億円を記載しなかったことに共謀した」の二点
である。

5 問題点
一回目と二回目で被疑事実が異なっている。
一回目は期ズレだけを問題しているのに、二回目には期ズレの他に、「小沢か
ら借り入れた4億円を記載しなかっことに共謀した」として、新たな事実が付
け加わった。

被疑事実「04年10月に購入した土地を05年1月に購入したと記載したことへの
共謀」については2回議決されたことになるが「小沢から借り入れた4億円を
記載しなかっことに共謀した」ついては1回の議決で強制起訴されることにな
る。検察審査会の手続きには、誤りがあり、決議は手続き上無効である。
*********************************

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/242-1043bf86

 | HOME | 

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム