FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第414巻 10月24日『検察・検審を糾弾するデモ』 など  

第414巻 10月24日『検察・検審を糾弾するデモ』 など

2010 - 10/24 [Sun] - 16:23

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。

第414巻 10月24日『検察・検審を糾弾するデモ』 など

10月24日『検察・検審を糾弾するデモ』『検察・検審を糾弾するデモ』は狼煙でありサインでもある
asyura

何故、東京地裁は「ウソ」をついたのか
hageta東京地裁も東京高裁も 恣意的な判断の下に
憲法で保障された国民の提訴権利を無視した事になる。
かつ、ウソまでついて提訴を拒否した事実から、
 強引に公判へ持ち込む事を予め決めていた
としか思えないのである。
大掛かりな捜査の結果、小沢氏を不起訴にした検察
だったが、小沢氏を徹底的に政界から抹殺すると言う
所期の目的を検察が諦めていない事を示すものだ。
鈴木宗男氏や三井環氏も 陥ったように検察と司法の
裏取引による暗黒裁判が再び行なわれようとしている。
その裏取引には反小沢の政治家や霞ヶ関の守旧派が
当然絡んでいる事は疑いの余地が無い。
小沢氏グループの議員たちは
憤怒の気持ちに燃えて 裁判所のウソに
猛抗議すべきである。
これは裁判官弾劾に相当する憲法違反だろ!


【インターネットは、21世紀の黒船。】

検察が信頼を取り戻すために必要なこと
chara4.gifつまり、インターネットが新聞を超える第二媒体に成長して、しかも、テレビを抜くのも時間の問題という現実を踏まえたうえで、検察が、国民の信頼を取り戻したいというのであれば、まず、自ら、批判を向けられている事案について、隠すことなく、ひとつひとつ、真摯に向き合っていくべきことではないか。
img_1547703_48263367_0.jpgその結果、起訴有罪率99.8 % という北朝鮮並のむちゃくちゃな状態が生まれ、本来、裁判の場では、罪の因果関係そのものを争うことが必要なのに、まるで量刑を決めるのが刑事裁判のあり方になっている。
これは、日本が、欧米、韓国、台湾、モンゴルでも導入されている「取調べの可視化」が行われないために、検察が密室で、やりたい放題に取調べを行ってきたためだ。
また、国策捜査の被害者となった人たちが、体験本を出し、その真相を明らかにしたことも、国民の大きな共感を呼び、そして検察への怒りとなっていった。
とくにそのきっかけとなったのが、佐藤優の「国家の罠」。ここに描かれている鈴木宗男事件。
植草さらに、植草一秀事件、ホリエモン逮捕など、国民的に知名度の高い人々も、既得権益にとって邪魔になった途端に、罪をでっちあげられたり、また微罪を拡大解釈して、意図的に葬り去るという検察の動きが、国民の間に伝わってきた。
昨年には、戦後最大の疑獄事件といわれたリクルート事件の江副浩正元社長が、その体験本を出し、いかに自分の罪が検察と朝日新聞によって、つくられてきたかということを告白した。
三井環その本の中で、江副氏は取調べにおいて暴行まがいの事実があったことも証言している。
とくに、検察の裏金づくり問題を告発した三井環元大阪高検部長を、マスコミへの取材を控えた中で、緊急で罪をつくりあげて、国策逮捕した件など、言語道断である。
今週の週刊朝日では、この事件に関わった暴力団関係者が、実は検察と結びついて、罪をつくりあげた構図を証言をしている。
もはや暴力団とまで癒着するようになっては、検察への信頼は地に落ちたも同然である。
・国策捜査の実行部隊である地検特捜部の廃止(東京、大阪、名古屋)
・取調べ可視化に応じること
・過去の冤罪、および国策捜査案件の検証をすべて行うこと
・少なくと、大坪、佐賀、前田が関わった過去の捜査案件の検証はすべて行うこと


【第2回】編集長山口チャンネル
郷原信郎×山口一臣:週刊朝日編集長が視聴者の質問にこたえます!

検察審査会と「市民感覚」の罠 (保坂展人氏) 
さきほど、TBS「報道特集」で検察審査会を取り上げた
なぜ、検察官適格審査会に関心がないのか。それは、簡単だ。メディアがほとんど報道しないからだ。なぜ、報道しないのか。長年、法務・検察のインチキを容認し、60数年にわたって問題にしたこともないからだ。検察改革は、検察報道のメディアのあり方の出直しも必須条件だ。


石井紘基 日本病の正体


今、法廷で裁かれなければならない人たちは
 小沢ではなく、彼らだ!特に写真左の目つきの悪い人。
hatatomoko はたともこ
三井環氏著「検察との闘い」。裏金問題で検察首脳が政権に弱点を握られ「けもの道」に入った01年以降、三井氏・鈴木宗男氏・佐藤優氏・日歯連・佐藤栄佐久氏・緒方長官・小沢氏陸山会・村木局長等と、政治検察による国策捜査事件が続く。村木事件を除けば裁判所もグルなのは古田佑紀氏の存在で明白。


検察批判を一切しない自民党!
なぜなら、検察が冤罪マシーンに成り果てたのは、自民党が政治利用したためだからである。清和会(森元総理)の手下となって働いたのが、冤罪検察である!

TBS、捏造5千万円授受場面捏造VTR
塀に中にいる 水谷建設を取り調べたのが 村木冤罪裁判のFD改竄前田検事
それに沿った、みのもんたTBS捏造授受場面VTR流す
赤旗 NHK 他マスコミ 一斉に報道
押収した石川秘書の手帳に、全日空ホテルと書き込みあり
石川秘書の全日空ホテル日付と 
関係者リーク(前田検事?&冤罪虚構制作者?)授受日付 半年ズレ
赤旗 NHK マスコミ訂正報道せず
前田検事と TBSみのもんたの関係は?
時事放談の爺は知っている筈だ
みのもんたと 前田検事の間にいる 
虚構作成者が怖いだけだ 
卑怯者腰抜け時事鼬


■関西検察のドンが西松に天下りw
【逢坂 貞夫】
 ・元大阪高検の検事長で、
  関西検察のドン。
 ・「なぁ三井君、
  組織を裏切ったやつは
  モリカズみたいになるんや。
  そのことはよう覚えとき」
 ・現在は西松建設の取締役。w
-----------------------------------------
事件一覧はこちら↓

三井環氏が検察審査会に検察幹部告発へ
小林敬大阪地検前検事正と玉井英章大阪高検前次席検事は
三井環氏によって検察審査会へ告発される
大坪弘道裁判へ証人申請される
いよいよ国民の目の前で司法官僚の内部抗争が本格化してきた
小沢事件と併わせてますます大きくなり検察の大疑獄事件へと拡大する


最高検の犯罪を告発するのは国会 !!
三井環はやる気だ。命を賭けて検察を潰す
三井環の国会への参考人招致が検察大疑獄摘発のきっかけになる


ある時は民意  ある時は市民感覚
全て 記者クラブのストーリー誘導!!
記者クラブ 廃止して同一ニュースは止めましょう。


Re: 蓮舫氏は、卑怯な議員。。。。。
   ∬(*μ_μ)∬    襟巻きトカゲが
   <( aika)>   テレビで
   /     \   そんな白々しい事を
     II II       言っていましたか。。

             今まで
             小沢氏が冤罪であると
             知りながら
             散々。。。
             説明を!説明を!と
             非難してきたのは
             どこの。。。
             どなたなのでしょう。。?

             政権を取ってもらって
             用がなくなったら
             お払い箱にし。。。

             ちゃっかり
             自分達のグループが
             大臣におさまって

             少しは
             罪悪感も
             湧いてきたのかも
             しれませんね。。。           

             それに。。。
             ネットでも
             この事件の真相を
             知る人が
             多くなり

             そろそろ
             保険を。。と
             考えているのでは
             ないでしょうか。。。(笑)

             嫌な。。。トカゲです。。。

恫喝長官、謝罪するだけで官僚の守護神
  (メ▽皿▽)    本人の将来に         (ー△ー;)
/(仙谷恫喝長官)\  傷がつくのでは?と。。 /(古河審議官)\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    私としては         ■■
             心配して               II II
             おります。(脅)



          (メ▽皿▽)   先日は
         <(陰謀長官)>  このような
           ■■      不適切な答弁をしました
           II II     謝罪します。。。



     ∬(*μ_μ)∬/    自身の「現役出向」を断り 
     <(   )    現在の民主政権の
     /     \   「官僚改革後戻り政策」を
       II II       内部告発している
               現役キャリア官僚
               経産省審議官、古河茂明氏に
               嫌がらせをして

               待機ポスト・大臣官房付に
               もう10ヶ月も放置し。。

               先日は。。。
               通常ありえない
               2週間ぶっ通しの
               国内出張を
               させたそうです。。。

               正に、虐めですね!  (呆)

               この仙谷陰謀長官操る
               アホ菅。。官僚主導への
               後戻り政権。。。

               官僚改革を
               「内部から訴えている官僚」を。。
               正に。。
               幽閉同然に。。。
               しております。。。。(怒)

               口先だけで
               恫喝した事を謝罪しても
               官僚改革を後戻りさせようと
               している事を
               反省しなくては
               何にも
               なりません。。

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/252-6fd7565f

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム