FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第420巻 坂本龍馬と小沢一郎 など   

第420巻 坂本龍馬と小沢一郎 など 

2010 - 10/31 [Sun] - 22:38

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。

第420巻 坂本龍馬と小沢一郎 など 

小沢一郎坂本龍馬と小沢一郎

日本の国体を変化させえる者を探す
昨年、小沢一郎の秘書が東京地検特捜部に逮捕された所謂西松事件から、日本という国は実は民主主義国家ではなくて全体主義国家であって且つ暗黒国家でもあるということが朧気に分かってきた。
僕たち日本人は選挙で投票し政治家を選んでいるから日本は民主主義国家なのだと思っている。しかし選挙で選ばれた政治家ではなく官僚が国政を担っているので、結局は選挙自体が茶番となる。いくら選挙で政治家を落とそうが当選させようが変わりはないのが真実だ。この国に民主主義など機能していない証左である。
20100315001612c33.pngそのような国政の実態は、それを現実に動かしている官僚からすると、既にシステムが出来上がっていて、官僚らの利益も確保されているので居心地が良く、この状態を継続し洗練させていくことが官僚の目的となる。またアメリカにとっても日本は何でも言うことをきく理想の友好国である。財政は援助してくれるし国際問題でも常にアメリカに賛同してくれる。勿論それはアメリカの国益に適ったのである。勿論ここに国民のための政治という主題は欠落している。


前原誠司は国民の敵であることがはっきりした

三井環三井環氏が民主党「全面可視化議員連」主催の院内集会で「検察の裏金」を全面暴露

国民に大嘘をついた森山法務大臣
森山法務大臣は、記者会見で、「(検察の)裏金の話が出た時に、十分調べて事実無根とはっきり結論ついた」と述べた。
取材直前の逮捕劇「検察史上類を見ない犯罪」の真相(2)


iwakamiyasumi 岩上安身
三井環氏を国会の法務委員会に証人喚問することを求める要望書と、法務大臣の諮問機関である「第三者委員会」の委員に任命することを求める要望書を、「三井環を支援する会」が、それぞれ法務委員会、法相あてに、提出しました。
rkernel 再生核研究所 hanayuuから

日本国の首相になろうという人に 疑いをかけていて、結局、起訴できませんでしたと 検察は言っているわけですね。 そんなこと許されるでしょうか。 おかしい。おかしいぞ 日本の検察。
検察組織犯罪1

石井紘基氏の殺人を依頼した背景には、小泉政権周辺の闇将軍の影がちらつく!
suzuken2002 Kentaro_SUZUKI hanayuuから
石井紘基殺害事件、鈴木宗男=佐藤優逮捕事件と同じ2002年。「国家の罠」の年であったと。時の「権力の中枢」といえば、もちろん小泉純一郎政権。
himurotakasi 氷室隆
【K氏とは菅氏のことでしょ】「石井紘基議員はK氏に相談した翌朝に刺殺され、その際に抱えていた資料は行方不明のまま。三井環氏は検察裏金疑惑を同じK氏に相談した翌日に逮捕された。そして、その「K氏」は今、この国の首相なのだ」。byとりにく
菅直人首相と三井環氏(逮捕)と石井紘基氏(暗殺) (低気温のエクスタシー)石井紘基氏が殺される前日、菅直人と会っていた。石井議員の無念を晴らすと彼の集めた資料は民主党が回収。菅がその発言をしてた。その後立ち消えになってしまった。

arths2009 asuma-ken
【石井紘基氏事件】その変額保険を追及していたのが石井議員といわれ、その他、保守系大物代議士の産廃がらみの利権とかあるが、一番の問題が、整理回収機構の不正問題だと思っている。これなら、時の小泉政権も吹っ飛びかねなかったと思われる。

nanachan77 nanachan
菅直人も RT @na700000: 裁判を前に忙しい小沢氏。 岡田は小沢氏が無罪になったら、それなりの責任をとって、 辞任すべきだ。
tetuzin20go 馬田 歩乱多 hanayuuから
報道2001で民主党の渡部周氏は中国ではデモが報道されていないがみんな知っているという。しかし、日本でも小沢氏支持のデモは報じられていないがみんな知っている。このように、日本の問題に目を向けない民主党には「うんざり」する。


一市民が斬る!!
誰でもわかる"検察審査会事務局の騙しテクニック"解説。
― 完全犯罪「架空議決」は破綻寸前!―


検察審査会審査員が不正に再任された濃厚な疑惑
 (植草一秀の『知られざる真実』)
turffan turffan
マスコミの異常な体質、官僚による情報統制、偏向報道を正す為にクロスメディア規制、電波オークション制、そして記者クラブの情報独占体制の打破。やる事は山ほどあります。絶対に成し遂げよ。 
turffan turffan
既存メディアや御用ジャーナリストが官房機密費について口を閉ざし続けているということは、既存メディアや御用ジャーナリスト側に機密費が流れていた証拠。既存メディアがダメなら、それ以外の皆で徹底的に追求していくしかない。
犯罪者ワースト20
turffan turffan
民主党現執行部に告ぐ。官僚の顔色ばかり見ていて、国民との約束を反故にし、小沢氏排斥を考える腐った現執行部は退陣せよ。「国民の生活が第一」の精神を思い出し、官に洗脳されていない正常な政権党である民主党に戻れ。
turffan turffan
「小沢バッシング」など、偏向的なマスコミ報道が繰り返されるものの裏には、必ず米国や官僚・マスコミの都合や意向が見え隠れしている。小沢首相阻止・強制起訴を成し遂げた日のマスコミの解説者やコメンテーターの笑顔を忘れるな。  
turffan turffan
小沢氏の「政治とカネ」の問題の真相とはなにか?実は「小沢潰しの為のでっち上げ」であり、小沢氏サイドは秘書も含めて裁判で潔白が証明される可能性が高い。一般の有権者は、このことを理解せず偽報道だけで小沢=悪だと思っている。官僚とマスコミに騙されるな。  
turffan turffan
鈴木宗男氏の実刑確定・収監に心より抗議する。明確な理由無き棄却は、日本の司法制度を根幹から揺らがせ、捏造検察偏重の司法制度を更に増長させる要因となる。検察の面子を守り、官僚の論理と都合で優秀な政治家を排除する最高裁判事の判断を決して許すな。  
三井環×鈴木宗男
turffan turffan
調べの可視化は公平な捜査、冤罪・警察や検察の暴走防止の為、絶対に必要です。捏造検察の横暴を許すな。 
turffan turffan
社会では普通、就任期間に関係なく適正が無い人はそのポストを奪われる。菅に適性が無いのが明らかなのに首相を続投させるのは、バカな社長を続投させ倒産にまっしぐらの会社のようなもの。著しく国益を損なう行為だ。今の菅内閣は官僚に取り込まれ、国益を損なうことしかしていない。
turffan turffan
現政権首脳は「財源が無い」を繰り返す。そりゃ、官僚の論理に騙されてりゃ見つかるわけが無い。言ってる事が自民党と一緒。官僚に丸投げの菅一派は既に完全に「自民党化」してしまった。こんな人たちに日本の舵取りは絶対に任せられない。  
turffan turffan
代表選、官僚と記者クラブメディアの勝利となった。しかし、小沢氏の力が必要な時はいずれ遠くないうちに来る。うわべの強制起訴に騙されてはいけない。マスコミに騙されず、真実のみを見よ。
turffan turffan
村木さんの件での大阪地検特捜部の証拠捏造、検察は前田検事や大阪地検特捜部だけに全ての罪を着せて「一部署だけの問題」として処理し、検察組織の恒常的隠蔽・捏造体質を闇に葬り去ることは許しがたい。こんな事が許されるわけ無い。犯罪捏造の検察を絶対に許すな。
turffan turffan
検察の捏造と同時に、検察からの偽情報を尻尾を振って我が物顔で振りまいていたマスメディアも同罪だ。日本の政治や社会を根本から歪め私物化してきた、検察をはじめとする官僚組織と記者クラブメディアの黒い癒着を炙り出せ。
検察組織犯罪2
turffan turffan
証拠の捏造、これは検察の恒常的な組織犯罪の氷山の一角だ。最高検の捜査は心の底から信用出来ない。検察上層部に都合のいいようにだけ操作した情報を発信している。法相の指揮権発動の下、第三者調査機関を設け、徹底的に追求せよ。
turffan turffan
起訴された前田検事が小沢氏の秘書らの捜査に深くかかわって信用に足らない調書を作成していた事をマスコミは報道しない。これだけ検察捜査の異常さが報道されるのに、小沢氏への不当な捜査がクローズアップされない。小沢バッシングありきの報道姿勢に心から憤りを感じる。
turffan turffan
小沢一郎氏の強制起訴。議決日が9/14という。意図的に発表のタイミングを計っていたのだろう。独立性も何もあったものではない。こんないい加減な議決内容は、すぐに無罪として晴らされる。小沢氏の政治生命が絶たれる事があってはならない。
turffan turffan
もし、今回の小沢強制起訴に対して、民主党内で「離党勧告」や「議員辞職勧告」などを行う議員がいたら、その人間は「推定無罪の原則」を軽視し、人間の権利を軽視する輩だ。議員どころか一社会人として相応しくない人間である。その人は冤罪を容認する人間なのだ。
検察組織犯罪
turffan turffan
小沢強制起訴報道の怪。①なぜ9/14(代表選当日)議決?②9/14議決のものが何故今日発表?③仙谷は代表選中から「小沢は強制起訴」と発言していた。どうして? ④なぜマスコミに議決発表日が漏れていたのか?
turffan turffan
検察審査会の怖さを感じる。証拠など無くても、世論如何で「国民目線」で起訴されてしまう。冤罪の温床となる極めて危険なシステムだ。適用範囲を定めるなど適正に運用しないと、官僚や米と対峙する人間が次々と葬り去られる事になる。今の検審は世論という数の暴力の「魔女裁判」だ。
turffan turffan
検審の議決で奇妙な点。別紙の犯罪事実に小沢氏の不起訴内容ではない4億円の借入記載漏れが盛り込まれている。酷い間違いだ。被疑事実(帳簿の期ズレ)以外の事を付け足すのは検審の仕事ではない。
turffan turffan
小沢氏側は登記簿(10月仮登記→1月宅地申請許可・本登記)どおりに報告書に記載しただけ。記載が逆だったら、今度は本登記が売買だったといちゃもんをつけただろう。ただの魔女裁判。これが罪だったら、不動産売買だけで全法人・団体が立件される可能性があるということだ。
turffan turffan
小沢氏の検審議決提訴を心より支持する。今回の議決は、本来の審査されるべき検察の捜査内容の犯罪事実を超えて審査議決されており、検察捜査の審査をするという法の趣旨から逸脱している。また、二度の「起訴相当」議決の要件も満たしておらず、違法。検審は審査をやり直すべきだ。

turffan turffan
マスコミは中国の反日デモより、日本国内のデモを報道したほうがいいんじゃないか?尖閣のデモもそうだし先日の検察・検審へのデモもそうだ。良くも悪くも報道には幅があって然るべきだが、日本のマスコミはどれも同じ論調。本当に気持ちが悪い国だ。
 

東京第五検察審査会 異常事態だ!
検察審査会(有権者)平均年齢 
(有権者平均年齢 全国 52.02歳 )
鳩山(東京第4)1回だけ 52.36歳
JR脱線(神戸第1) 1回 47歳 2回 53歳
明石事故(神戸第2)1回 53歳 2回 42歳
小沢(東京第5)   1回 34.55歳 2回 34.55歳
審議回数
JR脱線(神戸第1)は、9回審議した
明石事故(神戸第2)は、7回審議した
小沢の東京第5は、審議回数、開示できない 

10月26日 参議院法務委員会 有田芳生議員 
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
岡田幹事長、確かに異常事態だ!


最高裁の関与は、特別抗告対応で分かる
     ∬(*μ_μ)∬   あの。。。
      ( /\)   検察はもうとっくに。。
     /     \    今年2月4日に
       II II      不起訴処分に
              しました。。

              ところが
              その後怪しげな
              最高裁の下部組織
              第5検察審査会が
              「強制起訴」を議決したのです。。

              ただし
              1回目はともかく
              2回目の審査は
              120%開かれていない事は
              明らかです。。。。

              小沢氏弁護団が
              最高裁に
              特別抗告を出されましたが
              これに対する
              最高裁の対応を
              国民は
              注視すべきです!

              最高裁が
              小沢氏冤罪でっち上げに
              検察と共に
              関与しているかどうか
              これで
              分かります。。。

小沢一郎を恐れる検察・マスゴミ・アメリカ
検察は裏金スキャンダル・数々の冤罪捏造実績を抱え込んでいる。
マスゴミは司法記者クラブで検察の懐柔にどっぷり浸かっている。
アメリカは検察を通じて日本を意のままに操っている(傀儡政権)。
これらの”けもの道”を徘徊する薄汚いゴキブリたちは小沢一郎が政権を取れば白日の下に晒されるのを極度に恐れているのだ。
それ故に必死で反小沢キャンペーンを展開しているのは今や明白。
この掲示板でも彼らの必死のトビが氾濫している。
今や、フランスTV報道(作品)や三井環氏の証言で一般国民にもジワジワと浸透しつつある。
彼らの悪あがきがいつまで続くか、時間だけの問題になりつつある。


あぁ。。、枝野が陳情受付で、俺は。。
 ┫ ̄旦 ̄┣/ フランケン!   ( ´Д⊂ヽ 幹事長失格だった
<( ozawa ) 今迄に     <( 岡田)  枝野が
  ■■    収支報告書の    ■■     陳情受付部長就任で
  II II    記載ミスに       II II   
        ついて               俺は
        政倫審や              こんな
        証人喚問に             損な役割か。。?
        よばれた例は            これは
        あるのかね?            誰の。。
                            陰謀だ。。?

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/258-ca8adf8c

 | HOME | 

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム