FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第427巻 マスゴミ世論(仙谷内閣)vsネット世論(小沢内閣) など   

第427巻 マスゴミ世論(仙谷内閣)vsネット世論(小沢内閣) など 

2010 - 11/07 [Sun] - 21:31

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。

第427巻 マスゴミ世論(仙谷内閣)vsネット世論(小沢内閣)など

APF NEWS 【市民の声】「マスコミの偏向報道は許さない!」 市民ら約1200人が都内でデモ行進 権力とマスコミの横暴に抵抗する国民の会が呼びかけ
【撮影日時】11月5日(金)【内容】インターネットのコミュニケーション サービスなどで知り合った市民らが、“権力とマスコミの暗部によって人権が 著しく侵害される恐れが強い”という危機感から立ち上げた、「権力とマスコ ミの横暴に抵抗する国民の会」は5日、都内で「検察・検察を糾弾するデモ~ マスコミの偏向報道は許さない!」と題するデモを行い、全国から市民ら約1 200人が参加した。明治公園を出発した参加者らは、「マスコミは悪の枢軸 」「検察審査会は可視化を」などと書かれたプラカードを掲げ、「マスコミは 嘘つきだ!」「小沢(一郎議員)は無実だ!」などとシュプレヒコールを上げ ながら、表参道周辺をデモ行進した。


朝日新聞の狂気。。。
戦前にある。
鬼畜米英とニッポン国民を煽りに煽って。
真珠湾攻撃に仕向けた。
朝日新聞の狂気は今でも社員のDNA。
捏造報道を得意技として。。。。
反小沢。
リーク検察の共犯新聞がニッポンの民主主義を。
常に危機に供する。
許されざる狂気である。

20100315001612c33.png小沢氏に関するネット世論とマスコミ世論について
(かっちの言い分)
今までネット世論を知らなければ、マスコミ世論と違う意見の人間は異端者、もしくは変わった人と見なされたかもしれない。しかし今は違う。ネットを通して、何の強制もなく、自分で問題を考え、それに共感するネット世論が出来つつある。
それが小沢氏の事件がきっかけになったことは、小沢氏を抹殺しようとしている勢力から見れば大きな誤算であったろう。昨日のデモも、まさにネット世論から生まれた直接の行動と言える。
これからマスコミ世論は朽ちていき、確実にネット世論が世の中の真の世論として形成していくと考える。」


2-2尖閣ビデオ流失問題-週刊フジテレビ批評緊急生討論!
テレビに与えた波紋(小沢氏ニコ生は1分30秒あたり)


待ち往く人も審査員が幽霊だと知っていた♪
    昨夜のデモにて。。。♪

 (`/○\´)(`/○\´) ∬(`/○\´)∬ 検察審査会の
 (    ) (     )   (    )   審査員は
  ■■     ■■   /      \  出てこ~い!
  II II      II II      II II


(`/○\´)∬(`/○\´)∬(`/○\´)    検察審査員よ~!
 (    )  (     )  (    )    出てこ~~い!!
  ■■   /      \ ■■
  II II       II II    II II

             いないものは   \(゚▽^*)
             出て         (通行人)\
             これねぇ~よぉ~!   ■■
                            II II

小沢一郎とメディアと法青山貞一
小沢一郎そもそも、特捜部の何はともあれ片っ端から捕まえ、家宅捜査してから容疑を考えるトンデモ捜査こそ断罪されるべきであろう。
このように法、法理、証拠、事実、真実などをまるで伝えず、ただ「政治とカネ」と喧しく騒ぎ続ける人権無視の大マスコミとそのスクラムは、一体どう責任を取る用意と覚悟があるのだろうか?

nanachan77 nanachan
まだ遅くないです! RT @moriyukogiin: 仲間を守る気持ちがない人に、国民を守ることはできない。民主党は、小沢元代表に対する検察の捜査、メディアスクラム、検察審査会の問題点について、党をあげて「議会制民主主義の危機」であると国民に訴えねばならなかった


既得権者は、我が世の春の。。今がいい♪
 (▽皿▽)  (▽皿▽)   (▽皿▽)   (▽皿▽) (▽皿▽)
<(検察)> <(裁判所)><(マスゴミ)<(自民党)(民主反小沢)
  ■■     ■■      ■■      ■■    ■■  
  U U     U U      U U      U U    U U


     ∬(*μ_μ)∬/    小沢氏の冤罪を
     <(   )     捏造し
     /     \    又、それに
       II II        加担している
                皆様がた。。。。

「組織防衛のためには手段を選ばないのが検察組織の恐ろしいところ」堀江貴文氏のコラムより(日々坦々)
完全無罪今回も、検察内部ではこの日本最強の組織を維持するためにあらゆることを考えて行動しているに違いありません。
現役の検察官だけではなく、そのOBたちの生活や名誉もかかっているので必死なはずです。これからびっくりするような奇策を繰り出すだろうと思います。
この組織を改善するためには、国民の監視と積極的な関与が必要でしょう。具体的には検察に「No!」と言える政治家が必要です。検察と癒着しているとしか思えない大手マスコミの社会部・報道部から徹底的に叩かれている小沢一郎衆議院議員しかこの問題に鋭く切り込める人はいないと思います。彼こそ特捜検察に徹底的に追いかけ回されている張本人ですが、民主党は管首相を選んでしまいました。
しかし、2年後の民主党代表選では支持率が低下している可能性は高いでしょう。その際に小沢一郎氏を選ぶことができれば、検察の問題にも鋭く切り込んでくれるのではないかと私はかすかな期待をしています。そうしないと検察組織は腐敗したまま温存され、また数々の冤罪事件を発生させる装置として生き残るに違いありません。そんな状態が続けば、日本社会の活力は失われ、みんな目立たないように生きる暗い国家になってしまうのではないかと懸念しています。
今こそ、国民の声を政治に届けるべきです。この千載一遇のチャンスを逃すことになれば、後悔してもしきれないという悲惨な結果が待っているのではないかと思います。


最高裁には官僚からの天下り判事がいる
小沢氏への一連のでっち上げ事件を捏造したのは東京地検特捜部です。
検察は、証拠がなくて自分達が小沢氏を起訴できない場合は最終的には「検
察審査会」に持ち込んで、そこで起訴するつもりでした。
その事は、今年1月の石川元秘書さん取り調べ中に、特捜副部長がいみじく
も言っております。
そして案の定、検察の不起訴処分から8ヶ月後。。検察の最初からの思い通
りに、小沢氏は検察審査会により強制起訴されてしまいました。。。
しかしながら、この検察審査会の所轄は最高裁です!
最高裁には、私達は大変不信感を持っております!
と言いますのは、代表選挙中の鈴木宗男氏の上告棄却処分をした事です。
明らかに、盟友小沢氏への選挙妨害です。
メディアが代表選挙直前に大々的に報道してくれますものね。。。
そして今、最高裁の所轄である。。検察審査会の疑惑は紛れもない事実で
す。。。
大変疑いを持っております。。。
小沢氏の特別抗告は、正に泥棒に。。泥棒の処分をしてくれ!と言っている
ような気も致します。。。
最高裁の判事も、官僚からの天下りで司法資格を持っていない判事が大勢い
るとか。。。
特別抗告への対応を、国民は注視すべきだと思います。


マスゴミが隠すので、国民は知らないまま
   ∬(*μ_μ)∬    そうですね。。。
    ( /\)    野党も
   /     \   民主党内の
     II II       反小沢グループの議員も
             
             もう今年1月13日の
             大久保秘書の公判で
             小沢氏の冤罪は
             気がついていたと
             思われます!

             大久保氏は
             この時の公判で
             実質無罪に
             なっております!

             この検察の敗北を
             隠そうとして
             検察は
             すぐさま
             今度は
             これまたでっち上げの
             収支報告書虚偽記載容疑で
             石川秘書、池田秘書を逮捕
             そして大久保氏を
             再逮捕したのです。。。

             権益を剥奪される事で
             小沢氏追い落としを謀っている
             マスゴミは
             検察を援護し
             大久保氏の西松事件での
             実質無罪という公判内容を
             殆ど報道しませんでした!

             そして
             その後もなお
             マスゴミは世論を煽って
             いたのです!

             ですから
             今でも国民の多くは
             小沢氏が
             西松から裏献金を
             貰っていたと
             思っているのです。。。

             そしてこれまた
             そのマスゴミの扇動に乗じた
             野党や
             民主党内の反小沢グループ
             すなわち
             現政権の主要閣僚達は
             今なお
             小沢氏の「政治と金」を
             政争の具に
             使っているのです!

             野党も野党ですが。。。
             必死の尽力で政権を
             とってもらい
             夢である大臣にもなれて

             なれたら
             大恩人を
             策略で追い落としを
             諮るとは。。。

             何たる事。。。

             正に人間としての
             根本のところで
             現政権には
             全く信頼が
             おけません。。。。。
             
検察審査会議決←特別公務員職権濫用罪
議決要旨は、やたらに「隠蔽」とか「執拗」とか「偽装」とか
果ては「絶対権力者」などという言葉まで使って、
その悪質性を強調しようとしているが、
それらはすべて、修飾(言葉のお飾り、デコレーション)にしか過ぎない。

要は、04年の報告書に記載すべき事実を05年の報告書に記載したのが、
犯罪に当たると主張しているだけのことである。

この04年に記載するのが妥当か、05年に記載するのが妥当かという問題は、
検察側と小沢サイドで見解が分かれていることであって、
この部分が裁判で争われることになる。

しかしながら、05年の報告書に記載することによって、
小沢サイドになんら不当な利得が生じたわけでもなく、
メリットが生じたわけでもない。

この議決文が主張する「悪質性の根拠」はきわめて脆弱なものであって、
小沢を罪に陥れようという悪意の感じられる不当なものであり、
非常勤の公務員に当たる検察審査会メンバーおよび補助弁護士の
権力の濫用が認められるものであり、
これは、特別公務委員職権濫用罪に相当するような悪質な議決であると
断定せざるを得ない。


Re: 大阪のデモでは最高裁も天下りだー!
   ∬(*μ_μ)∬    現役時代
    ( /\)    鈴木宗男さんと
   /     \   天敵関係にあった
     II II        外務省の幹部が
             現在
             司法資格を持たないで
             最高裁の判事に
             天下りを
             していますね。。。

             鈴木宗男氏の
             上告棄却の
             直接の担当では
             ないでしょうが。。。

             やはり
             少し
             嫌なものを
             感じます!

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/265-6f142b3a

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム