FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第459巻 岩上安身氏「小沢一郎議員インタビュー」 など   

第459巻 岩上安身氏「小沢一郎議員インタビュー」 など 

2010 - 12/23 [Thu] - 22:29

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。

第459巻 岩上安身氏「小沢一郎議員インタビュー」 など

岩上安身氏「小沢一郎議員インタビュー」

101223小沢一郎衆議院議員 from iwakamiyasumi on Vimeo.

小沢さん、すごい!
インタビューを見た。生の姿を見た。
迫力があるねえ。
すべて合点がいく。
他の政治家とは、器が違う。
話した言葉がすぐに文章に起こせる。
極めてロジカル。筋が通っている。
あ~、とか、う~とかがほとんどない。
構想力、展開力、洞察力を感じるねえ。
理解する政治家がもっといれば、と思う。
信念の持ち方は、角栄さんと似ているなあ、とふと思った。
幸あれ、と祈らざる得ない。
岩上さん、ご苦労様。
ニコニコ生は既存メディアを凌駕せよ

小沢総理
小沢氏:マスコミはやはり既得権益集団
インタビューで下記について触れ、これを打破しようとする
から、マスコミに嫌われるのかもしれないと話した。
(既得権の内容)
1.記者クラブ制度の維持による情報の独占化、
2.クロスオーナーシップによるマスコミ権力の集中
(資本系列化による新聞とTVの一体化)
3.電波料金制度の維持
4.新聞再販制度の維持
なお、自分の政治と金の問題について、新聞は報道するが、
大半は事実ではない、いまの新聞記者は裏を取らずに報道する、
とも語っていた。
また、もう少し開かれたマスコミであったら、日本の社会も
いい方向に変わっていく。


記者クラブ幹事社から事情聴取された ~前編~

狂気の朝日新聞と至極まっとうな産経記者

神保哲生:小沢一郎国会招致問題について


「そんな金は、びた一文もらっていないですよ。そんな薄汚い金を、僕は」by小沢一郎

Re: 週刊誌 (週刊ポスト 小沢特集号)
             □ ← 週刊ポスト   
    ∬(*^~^)∬/
     /(   )     1月7日号です♪
     /     \    (毎週月曜日発売)
       II II
                やっぱり
                買ってきて
                読みました♪

                いろいろと
                読み応えが
                ありました♪

岩上安身氏が広中惇一郎氏にインタビュー。

堀田私だけが知っている「田中角栄無罪」、さかえの日記(米国・宦官・マスゴミのエゴと無能議員の嫉妬は、小沢事件と同じ構図です)
ロッキード事件⑮…田中角栄無罪論、夢幻と湧源(米国の指示で、宦官・マスゴミ・無能議員が動く構図は、小沢事件と同じです)

村上正邦氏の「犯罪者による犯罪者組織改革」批判 
(植草一秀の『知られざる真実』)

月刊日本特別講演会 植草一秀 P1 政権交代の大義


魔境「検察審査会」の暗部が半分見えた
(田中龍作ジャーナル)
「検察審査会:幽霊審査会に予算は計上できない」
森ゆうこ議員のツイートより。
【重要!第五検察審査会1回目の審査事件票を公開】

証人喚問すべきは、傳田みのり東京第五検察審査会事務局長だ! by 忍忍(植草事件の真相掲示板) 
菅と岡田は悪魔になった!
菅、仙石、岡田どもはすでに悪魔に魂を売っており、
小沢が白だとか検察審査会が実体がなく幽霊会議だったなど関係なく、
米官報のために小沢を失脚させることができさえすればそれでよいのです。
無実である仲間を守るという人間としての最低限のモラルも欠如し、
法と秩序のもとに国民を守るという意識もありません。
たとえ奴らが大連立で生き延びても、次の選挙では絶対に許さない。
早く両議員総会を開いて食い止めないと、本当に間に合わないぞ。

対米隷従
平野貞夫:菅首相への手紙
小沢さんを国会に招致すべしとの世論の実体は、私に言わせれば「社会心理的暴力装置である巨大マスメディア」がつくりだしたものです。それを今、内閣総理大臣が悪用している
国会で証人喚問されなければならないのは小沢さんではありません。中国人漁船長を釈放する指揮権を発動したのは貴方かどうか、菅直人総理大臣こそ証人喚問されなければならない問題です。


仙原官房長官が中国政府と「密約」を結んでいた
 (杉並からの情報発信です)

TBS捏造報道発覚か?TBSに集中抗議をしよう!
youtube1217
TBS捏造報道のダイジェスト画像さらします!みのさん!うそつきは辛坊のはじまりです!(太陽光発電日記by太陽に集いしもの

壊れている産経新聞をはじめとするマスコミと検察

特捜検事が捜査報告書の改変指示、懲戒処分に
amneris84 < 高宮検事は昨春まで東京地検にも勤務し、特捜部に2度在籍。元防衛事務次官の汚職事件では、その後に郵便不正事件をめぐる証拠改ざん事件で逮捕・起訴された大阪地検特捜部元主任検事の前田恒彦被告と同じ捜査班だった>(朝日新聞のサイトより)
turffan マスコミは中国の反日デモより、日本国内のデモを報道したほうがいいんじゃないか?尖閣のデモもそうだし、検察・検審へのデモもそうだ。良くも悪くも報道には幅があって然るべきだが、日本のマスコミはどれも同じ論調。本当に気持ちが悪い国だ。


小沢憎し発言を繰り返す渡部恒三の害悪 いい加減 隠居したら!(ゲンダイNet)
偽肛門

岡田氏は1年前の西松消滅を知らなかった!
森ゆう子議員他が先週13日の申し入れの際、岡田幹事長は小沢氏の政治責
任に触れ、例として西松事件を上げた。
西松事件自体、今年1月の「検察側の証人が政治団体の実態があると証言し
て訴訟そのものが維持できなくなっている」のに!


 ∬( ゚曲゚)∬/  岡田幹事長!    (▽(00)▽゚)    小沢さんは
 <(森ゆう子) 政倫審へ    <(間抜け幹事長)>  西松事件の
/      \ 出なきゃ         ■■       ことも
   II II    いけない          II II       あるでしょ?
         理由を
         言って下さい!

         ∬(;゜mm゜)∬   ギャーーー!! 
            ( aika)
           /     \      
              II II 

1年前の西松事件消滅を知らなかったとは。。?
もうそろそろあれから1年が経ちます。。。
正にTBS の間抜け報道解説室長・杉尾秀哉氏と同じですね!
1年間も西松事件の公判の経過を知らずに、岡田幹事長も。。やれ「小沢さ
んの政治と金」と煽っていたのです!  (大呆)
     

「何の疑惑か首をかしげる」by小沢(代弁)
ありもしない「政治とカネ」 
「検察の期ずれ意外にどんな疑惑があるのか?」
川内議員の問いに 岡田幹事長答えられず。 
岡田幹事長は裁判を待てない「大義」を説明をしろ
「大義」→ 仙谷問責隠し
      菅消費税10%参議院選大敗ねじれ国会対策
      東京第五検察審査会疑惑隠し
      ・
「なんでも私のせいにしないように」by 小沢
「一部ですが・・・・・・・」by 岡田

9月に、良識ある国民は分かっていた。。★
> 演説は小沢さんと違って、薄っぺらだった。
> からっぽだった。

正に、これに尽きますね。。。
缶さんは小沢さんの「政治と金」を度々持ち出してあてつけを言った
り。。、自分の事は過去の自慢ばかり。。。
人間性の、いわゆる卑しさが滲み出ていましたね。。。
代表戦
ネットが新聞を潰すよ。
ネット大国アメリカでは明確だそうだ。
アメリカでは地方紙ばかりで日本のように捏造全国紙は存在しない。
でも、新聞業界は大異変。
日本での傾向も同じだろう?
朝日新聞は希望早期退職を募集しているらしいし。
毎日新聞などは情報収集は配信社に委託したと聞く。
退潮著しい新聞業界は打開策を模索して。
成長戦略を。。。何と。
ネット配信に見出すらしいよ。
これには笑った。
ネットに潰される相手が活路をネットに見出すんだって。
おいおい。。こらこら。。
ネットは捏造社会ではなくて。
選択される社会だよ。。
捏造やの活路???
笑ってしまいますね。。。。  
スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/297-f5c353f6

 | HOME | 

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム