FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第200巻  既存の大手マスコミは裁判官か? など  

第200巻  既存の大手マスコミは裁判官か? など

2010 - 03/13 [Sat] - 10:14

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
    (特捜検察の民主主義破壊批判大全集


■検察のおかしな逮捕に関するものすごい数の批判意見をリンクしていきました。参考にしてください。

第200巻  既存の大手マスコミは裁判官か? など
 ==>リンク集を開く

“検察の正義”に委ねていいのか? 既存の大手マスコミは裁判官か?
今回の記者会見で少なくても日本にいる海外のメディアには、昨年来の西松事件や4億円の不記載の根本的な裏事情が知れてしまったという事になる。結果、日本のメディア報道のあり方、つまり「恣意的・偏向的」であることが世界中に知れ渡ったということでもある。

日本政治再生を巡る権力闘争の謎=カレル・ヴァン・ウォルフレン
検察官たちは日本の民主主義を脅かそうとしている。民主党の政治家たちは今後も検察官がその破壊的なエネルギーを向ける標的となり続けるであろう。
日本の新聞は国内権力の中に参加する当事者となっている。国内権力を監視する立場ではない。新聞社の幹部編集者の思考は、高級官僚のそれとほとんど変わらない。


マスメディアこそが虚業だった
実際には彼らは記者クラブという談合組織の中で権力と癒着する発表ジャーナリズムに堕し、この部分でも読者や視聴者に対して大ウソを撒き散らかしてきた。しかしそのウソもブログやツイッターの普及によって暴かれはじめている。
要するにマスメディアという虚業モデルは、もはやあらゆる面で信用が崩壊してしまっているのであって、となればその行きつく先は消滅しかない。それは必然的帰結である。


冤罪と国策捜査(大陪審と予備審問)
「検察の暴走」、「検察の起訴権・公訴権の濫用」を防止する制度(検察による起訴をスクリーニングする制度)が必要と思います。

小沢一郎氏を叩いて大恥をかいた”立花隆”(恥の巨人) など

立花隆が産経に登場…ボケの進行が加速している

小沢一郎氏を叩いて大恥をかいた”立花隆”(恥の巨人)の文章は「便所の落書きレベル」(東京新聞、週刊朝日)

小沢捜査で意気消沈した検察は大人事異動
・「佐久間特捜」が最後に狙う「久間案件」 【伊藤博敏「ニュースの深層」】

ホリエモン、国税の強制執行に思う事 ― 山口 巌
結論:こう考へて来るとホリエモンの復活こそが日本再生の始まりでは!

 ==>リンク集を開く

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/30-6ac4e4db

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム