FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第528巻 放射性セシウムの雨:総理大臣の責任は?など   

第528巻 放射性セシウムの雨:総理大臣の責任は?など 

2011 - 03/23 [Wed] - 20:00

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。速報リンク転載版はこちらです

第528巻 放射性セシウムの雨:総理大臣の責任は?など 

菅お遍路放射性セシウムの雨が降る:
内閣総理大臣の責任は?

旧軍部となりはてた似非市民運動家-菅直人
aritayoshifu おいおい。デーブ!
RT @dave_spector: すっかり切れちゃったもの→菅電池
olivenews 【福島第一原発事故解説】ようするに、内部被爆の基準値がないということをさらけ出したわけです。だから今、1週間で「基準値」を創作中と云うことですが、皆さんはこの基準値を信頼できますか?
agencyboss 「プルトニウム測定してない」という東京電力。野菜の測定値は「洗った後」だった事を言い出す政府。信用できない政府と企業の信じられないいい加減さに、国民は付き合ってはいられない。第三者機関による放射能汚染の実態調査と、出荷を止められた農家への補償を政府と東電はする責任が有る筈だ。


菅直人の国家反逆罪的行為を暴く。何故、菅直人は、東電社員を「イケニエ」にしようとしたのか? 『毒蛇山荘日記』
佐々淳行氏 政府は危機管理上やってはいけぬこと行った指摘 ダイヤ混乱は菅が…? (NEWSポストセブン)
能力に限界を感じる自衛隊が反発、菅首相の形振り構わぬ押し付けに怒りの声
もし、菅首相が国民の安全より何より、東電職員を盾にしようとしたとすれば、「外国人献金」どころではない国家反逆行為だ
原発封印を急ぐべし!(浜田和幸 参議院議員)
福島第1原発事故:国民の安全より原発維持を優先する政府・東電の裏側に”原発推進派”の影(暗黒夜行)
復興の第一歩は菅の総辞職から…復興予算、誰に使わせるか(稗史倭人伝)
小沢待望論を“菅”無視…「復興庁」トップに人材いるのか?(zakzak)
代表戦
政府は東電を救済するな (池田信夫blog - BLOGOS(ブロゴス) - livedoor ニュース)
情報隠蔽体質に対する不信感・・・東電・保安院そして政府(政経徒然草)
文科省森口泰孝文科審議官、健康への影響は「コメントしないようにと首相官邸から指示を受けている」
どちらが真実か?既存メディアとネットの報道(和順庭の四季おりおり)
日本の原発は、やはり亡国官僚の暴走だった。元福島県知事の「佐藤栄佐久氏」が告発。いまUSTREAMでオンエア中。
kazu1961omi 検察は、この佐藤元知事の口を封じるために水谷建設会長の証言を使って、贈収賄事件をデッチあげたというわけです。原発事故の共犯です。RT @osukundayo 110320佐藤栄佐久元福島県知事インタビュー

moriyukogiin 水谷元会長を取り調べたのは前田元検事。 西松→水谷へ原発反対の旧知事佐藤さんに冤罪検察の担当はなんと!佐久間。またなんと!水谷建設証人。そして旧知事にとって代わったのが偽黄門氏の甥氏とか。小沢事件のオールキャストですね」
hyoutan_twoki 本日TBSラジオで小西氏の報告で「福島第一原発には一ヶ月前の定期検査で『バックアップ用のディーゼルに亀裂があった』のが発見されたが、保安院は承知で福島第一原発へ更に十年間の使用許可を出した」という報告がされました。海外メディア発信で日本記者クラブは隠蔽。


予言されていた“原発震災”広瀬隆氏インタビュー
ビデオニュース・ドットコム

東京・大気中の放射線量急上昇中 ドイツ気象庁の予測でも高濃度汚染範囲に入っています。

【被爆には外部被曝と内部被曝の2種類がある。】
田中優:原発と自然エネルギー
原発建設が止まらない理由(電力会社の焼け太り)
田中優×小林武史 緊急会議(2) 「新しいエネルギーの未来」
放射線被爆量を自分で計算する
〔福島第一原発〕東京電力は「プルトニウム」を計測していないらしい!
水道水の許容「放射能」上限を一気に「30倍」も緩和した模様

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/367-358fe4d0

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム