FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第546巻 首相にふさわしい政治家→小沢氏がトップに など  

第546巻 首相にふさわしい政治家→小沢氏がトップに など

2011 - 04/26 [Tue] - 16:31

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。速報リンク転載版はこちらです

第546巻 首相にふさわしい政治家→小沢氏がトップに など

首相にふさわしい政治家→小沢氏がトップに
安藤優子(FNN&産経合同世論調査) hivere 壺井須美子 osamu9912がリツイート
国民は、小沢氏が掲げた「国民の生活が第一」のマニフエストを支持して、民主党に政権を与えたのに、実際には「小沢一郎の政治」を一度も、まだ体験していない。劣化した自民党、菅内閣。それに代わる政権は、衆議院選で国民に支持され、しかも未だ実行されていない、小沢政権しかありえない


もう革命しかない! 天木直人 | 民主党で政権運営の本質を知っているのは小沢だけ 平野貞夫『日刊ゲンダイ』 04/23


やっぱり可視化は必要だ~陸山会事件第9回公判傍聴記
(江川紹子ジャーナル)
 4月22日に行われた陸山会事件の第9回公判。検察側証人として出廷した検事が、取り調べ中に作成したメモを、被疑者の面前で破り捨てたことを認めた。3人の裁判官たちはこの事実に強い反応を見せ、口々に「なぜ破ったのか」「どのようにして破ったのか」「あなたはその時に興奮してたのか」などと検事を追及。郵便不正事件の裁判では大阪地裁の裁判官たちが、公判前にメモを廃棄したことについて取り調べ検事に鋭い質問を浴びせていた。東京でもメモの扱いを巡っては、裁判官が敏感に反応するようになってきたのだろうか…。
[小沢裁判] 呆れた特捜副部長登場 『日刊ゲンダイ』 (「日々担々」資料ブログ)“別件”を持ち出し、そちらは目をつむる代わりに“本件”を認めさせる。よく検察が使う手だ。吉田検事も、勝手に描いたストーリーを完結させたかったのだろう。ところが、肝心要の水谷建設の裏金についても、吉田検事は法廷で「証拠関係を精査して間違いないと思った」なんて言いながら、その根拠は「覚えていない」といういい加減さだった。
脱原発孫正義は経済界の小沢一郎だ (ryuubufanのジオログ )
原発孫の100億円寄付で検察は手を出せない (ryuubufanのジオログ)

田中真紀子1 投稿者 maruimarui2121

田中真紀子2 投稿者 maruimarui2121
▼低線量被曝でも発がんリスク―米科学アカデミーが「放射線に、安全な量はない」と結論―
kawauchihiroshi 川内 博史 chateaux1000がリツイート
現時点において、東京電力福島第一原子力発電所から放出された放射性物質の総量は、大気中に放出された量が、広島型原爆が撒き散らした放射性物質の量の、少なく見積もっても30倍。水に溶かした量は60倍。恐ろしい量。ベクレルとか、国民に分からない単位ではなく、分かりやすく説明すべき。
iwakamiyasumi 岩上安身
続き。田中龍作さんの質問。保安院は、電気事業者の天下り先であり、文科省は原子力の安全神話をばらまき、原子力安全委員会のトップは推進派。メディアは広告を受け取っている。国民は信用していない。細野氏の回答。そうした不信感があることは承知している。それを払拭するのが、政治家。


電力会社の膨大な原子力マネーは、大小様々なメディアにばら撒かれ反原発世論を封じ込めてきた。
その大物ジャーナリストも、週刊現代に反小沢記事を書いていたライターも一致したのが、「なぜ、この時期に小沢一郎を使わないんだ!」という疑問であり怒りだった。
INTRODUCTION ●さらば八百長メディア。
【原発事故】金と権力で隠される東電の闇
 マスコミ支配の実態と御用メディア&文化人の大罪!   川端幹人
【原発利権】用地買収、下請け参入、利益供与
 原発ビジネスと反社会的勢力   李策


「市民運動家」という偽りの仮面を被った菅直人の正体 ~正体は「全学連に対峙する”体制の犬”」~
アホが官僚を怒鳴り散らし官邸機能せず
   ( ̄(●●) ̄)/    あのアホは
     <(官僚です)   アホのくせして
       ■■       僕らを
       II II        怒鳴り散らすので

                  もう
                  僕たち
                  官邸の建物を
                  見るのさえ
                  嫌なのです。。。
                    (キッパリ!)

スポンサーサイト



占領軍の治外法権をかさにきる植民地法匪組織

「諸悪の根源は日米地位協定」

>>http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20110424/1303618256
で孫正義氏への批判意見を見たので紹介する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1. 2011/04/25 01:11 ソフトバンクの孫氏の巨額な寄付は携帯電話で一番無能を出したのがソフトバンクの携帯電話と報道されました。売名行為です。被災地の高校生や中学生に無償でプレゼントをする報道もありますが、美談ではなく偽りの美談です。au(KDDI)は
KDD(国際電話)+稲盛和夫のDDIが合併をして誕生しました。無料で配る事は可能ですが、商売としておかしいのでやらないでしょう。NTTドコモは法律(NTT法)で禁止されているので・できません。孫氏は平成9年ごろにテレビ朝日の株を朝日新聞社に高額で売却をしています。かなり話題になりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2. 2011/04/25 02:47 孫氏は商工中金も売却しないという約束で引き受けておきながら結局、約束を破り売却しました。(あおぞら銀行)どんなに便利で使い易いかもしれませんが大事な通信手段をソフトバンク系に委ねたくはしません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

auやdokomoなど電波利権総務省談合詐欺電話会社は7月からの電話帯域の切り替えが遅れて自社が投入した新機種が損失を出すことがいやで追随しないだけである。
被災者のために無料通話用の旧式機を配れば新機種への強制切り替え官製談合商売の目論見が大きく狂うからね。
ちょうどテレビの地上波デジタル放送全国強制全面切り替えが被災地3県ではできなくなったように。

たしかに孫氏もかならずしも純粋に商売抜きで無償配布配信しているわけではないが、他の官製談合電波利権癒着利益至上主義の電話業者に比べればはるかに公共の利益電話使用者国民の利便向上につくす電話業者として優れている。まず第一に顧客のニーズに柔軟に全力でこたえるのが公共インフラに携わる業者の武士道でありノブレスオブリージュである。

対して最も国民の利便向上のためだけに尽くさなければならない公僕としての責務を負う総務省行政の、電波利権汚職談合随時契約(NHKおよび au&docomoとの不公正取引)は国民と国家に対する叛逆行為そのものである。総務省の課長以上の役職公務員をすべて公務員法違反公正取引法違反で全員摘発逮捕全員懲戒罷免しなければならない。同時に総務省の違法行政である地上波デジタル全面移行と携帯電話帯域変更を直ちに破棄中止する。官製談合にかかわったNHKおよびau&docomoの利権提供者企業経営陣には公正取引法違反および贈収賄罪で刑事処分民事処分を科す。さらに公正な競争を阻害する憲法違反のNHK放送法を直ちに破棄し、NHKテレビ部門を経営陣総入れ替えして民間会社化する。

総務省に限らずすべての霞ヶ関省庁は全身官製談合行政汚職犯罪組織でありそれ以外の何者でもない。また「司法」と詐称して霞ヶ関官僚と法務省職員公務員だけで組織される最高裁という「行政機関」は法匪の法匪による法匪のための匪法機関である。霞ヶ関は検察という法匪の飼い犬をけしかけて国民を匪法最高裁で冤罪有罪判決し投獄することを常習している人権無視国家機関でもある。

霞ヶ関が日本国憲法を無視して恥じることが無いのは、在日米軍の治外法権にべったりと癒着して「思いやり予算」という賄賂献金で自分の後ろ盾についてもらっているからである。

霞ヶ関法匪官僚が恃みとする在日米軍の日本国土内治外法権は日本国憲法の埒外にあり、二国間条約である日米安保条約のうちの地位協定規定に基づいている。

地位協定は人権上の不平等条項のみで成り立っており、これを直ちに破棄しても安保条約上何の問題もないことは国連の人権監視委員会の査察を受けるまでも無く独立国家同士の共通認識国際法上の常識である。

霞ヶ関を解体再建するためには地位協定破棄=対米独立が絶対必要条件である。日本が国難から復興するためには霞ヶ関解体再建が絶対必要条件である。

対米独立するためには国会で地位協定単独破棄決議するだけで必要十分条件が満たされる。独立不羈の日本復興のリーダーたらんという気概ある国会議員はただちに地位協定破棄可決動議を衆議院へ提出せよ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/385-c3d953fd

 | HOME | 

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム