FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第552巻 小沢一郎がついに決断、対する菅は目くらまし など   

第552巻 小沢一郎がついに決断、対する菅は目くらまし など 

2011 - 05/10 [Tue] - 19:39

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)


■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。速報リンク転載版はこちらです

第552巻 小沢一郎がついに決断、対する菅は目くらまし など 

小沢一郎がついに決断、対する菅は目くらましの浜岡原発停止(稗史倭人伝)
代表戦
東電不正救済電力料金引上げこそ「政治とカネ」核心
 (植草一秀の『知られざる真実』)
東電の場合、企業そのものが、政・官・業・学・電の巨大癒着構造を構築してきた歴史を背負っている。政治屋への利益供与、巨大な天下り構造、御用学者・御用大学への巨大な利益供与、電波業界への膨大な広告料支払い、によって、政も官も学も電も、「正義と公正」に基づいて行動できない構造が作り上げられてきてしまっている。
「浜岡原発停止要請は、電気料金引き上げを強行実施するための方便として示されたものである可能性がある。」

善良な反原発主義者を欺く菅政権の罪  (天木直人のブログ)
浜岡原発が止まらないのは・・・。 (kimekime25)
菅首相の突然の「浜岡原発全面停止」は米国の命令!

5・7原発やめろ渋谷デモ (6時間連続再生へ)



(続)3日公開されたSPEEDIの驚愕すべき事実
ウィキリークス「日本の原発はろくなテロ対策をしていない」
80キロ圏はチェルノブイリ以上の汚染/福島の被曝者すでに広島と同じ症状
肥田舜太郎医師と福島の女性
【今すぐ逃げろ!?】欧州放射線委員会が福島原発事故の予想死亡者数:40万人以上と発表!
ホリエモンの実刑判決は、長老支配による“現代の魔女狩り”!?これを機にダイエット本の出版をという声も

小沢氏失脚の陰謀
・ここを何とか凌(しの)いでほしい[東京新聞]
白川勝彦:小沢事件の裁判官は…!?(永田町徒然草)
小沢問題の主役は検察であり、マスコミは共犯者である。しかし、この構図を分かっていながら小沢疑惑なるモノを無批判に報道するマスコミは、共犯者であっても共謀共同正犯といって正犯と看做され、実際に犯罪行為を行った正犯よりも重く罰せられることもある。“検察権力を使って政敵を追い落す”という卑劣な行為の是非を審判するのは裁判官でも裁判員でもない。1億の国民である。追い落されようとしている政敵は、もちろん小沢一郎民主党代表である。小沢一郎という政治家に対する好き嫌いはあるだろう。私だって小沢氏は好きなタイプでない。しかし、“検察権力を使って政敵を追い落す”卑劣な行為など絶対に許すことはできない。だから、こうして闘っているのである
《第10回》陸山会公判傍聴記 ── 水谷建設元社長のウラ金渡し証言は真実なのか? (News Spiral)
弁護側の反対尋問。川村氏の証言には矛盾があるとして、問いただす。反対尋問の内容は、胆沢ダムの受注額、受注元のゼネコンとの関係、最終的に水谷建設が得た利益など多岐にわたったが、ここでは主なやりとりのみを掲載する。
(── は弁護人、「」は川村氏、※は筆者の補足)
── 金を渡す前に石川氏と面識があったということですが
「はい」
── (金を渡すときに)携帯電話の番号を聞いたりしなかったのですか
「そのような配慮をしたかどうかの記憶がございません」
── 石川氏とはどこで何回会ったことがあるのですか
「パーティーの席で挨拶したこともありますし、議員会館の事務所でもあいさつしたことがあります」
── 小沢氏のパーティーでは代理を出していたのではないですか
「2回は私が行きました」
── 議員会館で会ったのは何回?
「はっきりとは覚えていません」
── 議員会館以外の小沢氏の事務所に行ったことはありますか
「小沢氏の事務所で行ったことがあるのは議員会館のみです」
※ここで思わず吹き出しながら笑いをこらえる大久保氏の顔が目に入る。石川氏も「そりゃないでしょ~」といった感じで、軽く笑みを浮かべている。その理由は・・
── それはおかしいですね。石川は秘書時代に議員会館の事務所には常駐していませんよ。何度も会えることはないはずですが
「それは私は存じ上げません」
※補足。現在の議員会館は建て替え工事が終了して部屋が広くなっているが、04年当時の議員会館はスペースが狭く、秘書をたくさん抱える政治家はスペースの確保に困っていたほどだった。そのため、「政界の実力者」と呼ばれる政治家は永田町の近辺に個人事務所を構えていた。小沢氏も議員会館以外に事務所を所有していて、弁護士は、石川氏は議員会館外の事務所で仕事することが多く、議員会館で何度も会ったという証言は信じられない、と主張した。
── 平成16年10月15日に石川氏に5000万円を渡したあと、大久保氏に石川氏に会ったという報告はしたのですか
「話したかどうかはわかりません。確認したかしなかったかの記憶はございません」
── 水谷建設はこういった裏金のやりとりはシビアだったのではないですか
「私はそういう経験が少なかったものですから・・」
 以上で午前の部が終了。
★13時20分再開。引き続き、弁護側の反対尋問。
── 水谷建設のウラ金がいくらあったかは認識していましたか
「認識がありませんでした」
── それにもかかわらず、平成16年9月に大久保氏から1億円を要求された時にその場で承知したのですか
「はい」
── 裏金でいくら使えるかを知らずに、大久保氏とお金の約束をしたのですか
「はい」
── (大久保氏に渡した)2度目の現金の授受が4月中旬の9時~10時となっていますが、4月15日以外に都内にいたことがわかる記載がスケジュール表にあるのですか
「(東京にいたことを)書いていない場合もあるので、この日とは限りません」
── ではあなたは時間はどのように確認したのですか
「レシートを見て確認しました」
── レシートではこの日だろうとわかっていたのに、記憶がないので4月中旬ぐらいだろうと思ってたということですか
「はい」
※補足。川村氏の証言では、大久保氏に渡したという2回目の5000万円の日付は「4月中旬」という曖昧な日付のまま、最後まで確定されなかった。疑問に感じたのは、川村氏は5000万円を渡した時期について「(大久保氏に5000万円を渡した喫茶店の)レシートで確認した」と証言しているにもかかわらず、日付を特定しなかったことだ。一般的なレシートであれば、レシートの発行日付も書かれているはずだが。
 その後、弁護側は水谷建設からの裏金は知人に貸し付けるために私的に流用したのではないかなどと問い詰めたが、川村証言を覆すような証拠は出なかった。
★ 以上で第10回公判が終了。
印象としては、川村水谷建設元社長の証言は"陸山会裁判のヤマ場"と言われてきたが、検察側は決定的な証拠を提示することができず、衝撃度は思った以上に小さかった。特に、大久保氏に5000万円を渡したとされる日付は「4月中旬」と語るだけで、日付すら特定しなかったことには驚いた。
おそらく、これまでの特捜事件では、この程度の証言でも「具体的かつ迫真性がある」として裁判所は事実認定してくれたのだろう。しかし、郵便不正事件で大阪地検特捜部の暴走が明らかになり、検察側が描いたストーリーがすべて作り話だったとわかってしまった以上、今回の裁判で裁判官が証人の法廷証言のみで事実認定するとは限らない。言い換えると、陸山会裁判を担当している3人の裁判官が、郵便不正事件で明らかになった特捜部の捜査手法の問題点をどのように評価しているかで、事実認定のされかたも変化してくるのではないか

現金授受の場面を証言=同席の協力会社社長-陸山会事件公判(時事ドットコム)
はいはい、大久保秘書が当時勤めていなかった議員会館で、大久保秘書に裏金よこせと要求されたのね。
大久保秘書が勤めていなかった議員会館で大久保元秘書と社長は何度か会ったのね。
5キロの紙袋(鉄アレイ五個・・・)。三重から電車で来たんだってね。重いね。大変だね。駅で落としたら大変だね。
普通ゴルフバッグやアタッシュケースに入れるよね。ゴルフバッグに5000万入れて渡した別の事件もあったよね。
何で紙袋なの?
何で目立つのが嫌なのに、衆人環境のホテルの喫茶室で会ったの?
5キロあったら、テーブルの下で紙袋すべらせて渡すのも、重くてどっこいしょ、だね。
それもらってテーブルの下から持ち上げるのもどっこいしょ、だね。
動作目立つよね。お相撲じゃないんだから(笑)。
たまたま喫茶室のレシートがあったから無理やりこじつけたんだよね。
普通の献金はしていたから、ホテルでなくてもどこかで会ったことがあったとしても、それは変じゃないね。
覚えているかどうかは別としてね。
それはそうと、一度目の時石川は京都にいたんだってね。
これアリバイが第三者に証明されたらおしまいだね。

裏献金するのに、わざわざ別会社の人間を同席させる?そういうもんなんですかね?で喫茶店の領収書で時間は特定できたけれど。日付けは特定されてないんだよな~。アホチャウカ!。


 何度も書いていますが、この陸山会事件は政治資金報告書の虚偽記載に問われているものです。水谷建設からの裏金の事件ではありません。それだけの証言と証拠があれば、その罪で大久保さん、石川さんは逮捕、起訴されているはずなのです。だから私たちは、おかしいと言っているのです。裏献金のほうが政治資金報告書の虚偽記載よりもよっぽど罪が重い。西松事件や陸山会事件が起こったとき、テレビに出る評論家はこんなことで民主党の代表の秘書が逮捕される訳は無い、もっと他に検察は証拠を握っているはず。と言っていました。
 ところが証拠は一切ない。その後その評論家は口をつぐみました。我々のようにおかしいといったらテレビに出られなくなり、収入が減りますから。ちなみに上記の証言は裁判所が採用しないでしょう。小沢さんのダーティなイメージを作ることは、戦前では非国民のレッテルを貼るのと同じです。65年過ぎても日本は何も変わっていないし、より非国民を巧妙に言っているに過ぎないのです。

検察には良心というものが無いのだろうか。
国民を洗脳する為に、明らかに異常だと感付かれる、具体的な証言を証人に伝えるよう依頼するとは。
これに違和感なく従う証人は検察に弱みを握られており、それをチャラにするとの司法取引をしているのだろう。
これだけの茶番を繰り返す背景には、裁判所と検察での何らかの取引が有る事を疑わせる。
検察・裁判所は筋書きを書いたら、それを実際に再現するとの行為をしないのだろうか。
5Kgの袋は簡単には移動しない、しかも机の下での動作には無理がある。
検察・裁判所は複雑な論理を展開し、さすがは国民の代表と思わせるような高尚な
手段を選べないのか。
現状の成り行きを見ていると、小沢は裏金を受け取っているとの筋書きで、証拠が無くとも、偽証させれば有罪に出来るとの3文芝居にも無い劣悪な筋書きだ。
国民を馬鹿にし過ぎている、これで何故給料がもらえるのか

スポンサーサイト



棄民政策=殺人政策であり、殺人者は牢へ行け

なんとも不思議なのは福島原発冷却機能停止という事故を、緊急電源回復も炉心緊急冷却もしないで放置するという菅総理・保安院・東電三位一体の不作為人災によってメルトダウンさせ、大量の放射性核物質を原子炉外へ放出させた未必の故意の殺人行為の刑事責任を、なぜ国民の代表である国会が告発追及しないのか。絶対に炉外へ漏れてはならないのに菅総理・保安院・東電三者の怠慢のせいで破損した炉から漏出した殺人放射能によってすでに何人もの人命が失われ、その後の菅政府の人道にもとる未必の故意=故意の棄民政策によって何十万何百万人もの被曝被害者が生まれている。

菅内閣・保安院・東電は明白な無差別大量殺人犯の集団なのである。小佐古氏や小出氏はその目撃者証人である。国会がこの未必の故意殺人を告発しないのなら関係者として事実を知る彼らが菅総理・保安院・東電を警察に告発して逮捕させよ。

もはや不信任がどうたらこうたらの政局問題どころではない憲法違反行政による凶悪極まる大量無差別殺人テロ犯行の刑事問題である。

菅内閣・保安院・東電はただちに現行犯逮捕されるべきである。国会は菅内閣全員逮捕後すぐに暫定政権を立ち上げて国家非常事態宣言を発し、菅殺人者政権棄民政策をすべて破棄してまったくの新機軸で迅速に復興に努めよ。

証拠隠滅政治を許さない。

「保安院が実行犯であり主犯」

作業員に無防備のまま殺人的被曝を強いるのは常に保安院です。JCO臨界事故でもそうでした。
そうしておいて常にデータを改ざんして発表し自分の犯行の証拠隠滅をはかります。データが改ざんできなければ基準値を改ざんすることさえためらわない、根っからの悪党殺人者集団が保安院官僚・御用学者ども東大閥法匪連中です。テロ組織オウム真理教教団とまったく同じ構造の犯行ですね。

かつて自ら「官僚はバカばっか」とこき下ろした対象である霞ヶ関に、首相になったとたん「日本の優秀な官僚に全面的に依存して政治する」と手のひらを返す二枚舌で公言した菅直人は、官僚組織が泥棒稼業で稼いだ談合利権の巨額さに目がくらんで自分も汚い手を突っ込んで私腹を肥そうと浅ましくも共犯者宣言をした確信犯の共犯者です。
今回の福島原発メルトダウン事故処理に関しては保安院と菅内閣は対等の立場で共謀して強盗の主犯となっています。もうけも半分ずつ私腹へ入るように、震災被災者救援そっちのけでせっせと犯行証拠を隠滅する事後法つくりにだけいそしんでいるのです。その間政府の災害対策によって現実に窮地から救い出された被災者の数はゼロなのです。

人の道を踏み外して最下層の餓鬼道へ転落した者たちが発する酸鼻極まる腐臭の害毒が、日本の美しい国土にチェルノブイリを越える高濃度放射能汚染の救いのない阿鼻叫喚地獄を現出させたのです。

私はこの放射能テロ無差別殺人常習実行者である保安院を法の下に厳正に裁くことこそが日本の復活に絶対必要であると考えています。
このテロ集団は常に証拠隠滅を図っていますから即逮捕が必要でしょう。
確信犯の共犯者である菅内閣も被災者救援そっちのけで自らの犯行の証拠隠滅に余念がないのでこちらも同日逮捕勾留する必要があるでしょう。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/391-a7a6da7d

 | HOME | 

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム