FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第610巻 田代検事の「虚偽」報告書を証拠申請へ など  

第610巻 田代検事の「虚偽」報告書を証拠申請へ など

2011 - 12/27 [Tue] - 18:20

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)

■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。速報リンク転載版はこちらです

第610巻 田代検事の「虚偽」報告書を証拠申請へ など

小沢氏側弁護団、田代検事の決定的な虚偽報告書:お天道様は見ている! (かっちの言い分)
小沢元代表弁護側、「虚偽」報告書を証拠申請へ (読売新聞) 
「東京第5検審の起訴議決は無効だ」 
「田代検事の虚偽の捜査報告書」(EJ第3208号)
「国政調査権を使って検察を調査せよ」(EJ第3209号)
「筋書、妄想、捏造」なんでもありの東京地検と大手マスコミの卑劣な逃げ腰態勢(いかりや爆氏の毒独日記)
IWJ録画動画12月22日「検察、世論、冤罪 III」 

osamu9912 修
郷原氏曰く「田代検事の「公文書偽造+偽証罪」については絶対見逃すべきでない大問題!前田元検事の捜査資料(水谷元幹部が50百万円を石川氏には手渡してないと証言した資料)が隠された結果、検審起訴が行われた。小沢弁護団が上記2罪で起訴すべき、しないのなら市民団体が田代検事を告訴すべき」
tokunagamichio 徳永みちお
郷原氏「田代検事は公文書虚偽記載で起訴されるべきだが、検察自らがそれをやらないなら、直接の被害者である小沢さんが田代検事を告訴するのが一番よい。もし小沢さんが告訴しないなら、市民団体が小沢さんの代わりに田代検事を告訴することも可能。」
hyodo_masatoshi 兵頭正俊
田代検事の「過失」の虚偽公文書(捜査報告書)が、察審査会に出る前に、組織的な検討がなされた筈である。「過失」部分は話題になって、田代自身が「過失」に気付いた可能性が高い。むしろ組織が絡んだ、意図的自覚的なでっち上げと解釈するのが、普通の受け取り方である。
hyodo_masatoshi 兵頭正俊
小沢裁判は、まだ判決が出ていない。しかし小沢への国策捜査と、メディアバッシング、人格攻撃が、民主党の代表交代を促したことは間違いない。その結果、鳩山が総理になった。すると検察とメディアが国会の上に立ち、国政の帰趨を決したことになる。これは主権在民の憲法に真っ向から反対する暴挙だ。

「政治とカネ」謀略報道の実行犯たち
(私は見た!現場を目撃しました!早く捕まえて!)
安藤優子橋本五郎渡辺
大越堀田若狭
島田敏男yorasugio
wanted330_s.jpg
検察審査会を利用した疑いが明らかとなった小沢裁判から改めて検察改革の必要を考える(法と常識の狭間で考えよう)
ふざけるな最高裁!審査員ソフトに関する質問状に対し「(回答には)応じない」と拒絶! (一市民が斬る!! ) 
橋村第五検審事務局長と初顔合わせ!しどろもどろ答弁「私の判断では生年月日は個人識別情報」! (一市民が斬る!! ) 
「日本一新運動」の原点―88(平野 貞夫) {氏がいよいよ年明けに登石裁判官の訴追請求を行う模様} (日本一新の会。)
(小沢裁判は民主政治に対する挑戦だ!)「日本一新運動」の原点―88  平野貞夫
東京地検特捜部を告発しましょう!smacさんが命を賭けた戦いへ
検察幹部の告発および証人喚問をめざしましょう
smacさんが東京高検に、地検幹部、佐久間・木村・大鶴に対する刑事告発へ(シチズンライブより)
謀略捜査職権乱用罪の実行犯たち
前田大鶴佐久間
小沢問題をどのように終息すべきか。
佐々木俊尚×神保哲生×宮台真司:
やっぱり2011年マスメディアは死んでいた
 2009年に「2011年、新聞・テレビ消滅」を著したジャーナリストの佐々木俊尚氏は、大震災と原発事故を契機に、新聞・テレビはマスメディアとしての機能を完全に失ったことが明白になったと言う。かつてマスメディアが担ってきた信頼性や普遍性といった表看板は、今や単なるがせネタに成り下がってしまった。
長年の馴れ合いで癒着が蔓延っている。。
  ∬(*μ_μ)∬    ウィキリークスに
  <(   )    暴露されていましたが
  /     \   外務官僚と米との
    II II     癒着に。。
              不信感を持ちますね。。

              それから
              司法と、行政の一機関である
              検察も

              これまでの判検交流などによる
              癒着が疑われます。。

              そして。。
              日頃から
              官僚に情報を貰っている
              マスコミも

              官僚の流す情報を
              そのまま報道している
              ように感じます。。

              癒着が
              蔓延っていますね。。

人間・小沢一郎「最後の大構想」 ① 聞き手・渡辺乾介氏 週刊ポスト2012/01/01・06号小沢一郎氏「福島県民は霞ヶ関取り巻くデモ起こしてもいい」 (週刊ポスト) 
代表戦
鈴木宗男氏、石川知裕・松木謙公議員支援を表明 (読売新聞) 
諸悪の根源は藤井裕久にあり(山崎行太郎)
民主党裏切り老人4人組は引退せよ!
偽肛門石井一藤井裕久氏江田五月
藤井税調会長、やるべき事をやってから言え
      党税調役員会にて。。

 <(`(●●)´)>/    与党は野党ではないんです!   
<(藤井税調会長)  やるべき事をやる責任が
    ■■       あるのが
    II II       与党なんです!

   ∬( ゚曲゚)/      約束した
   <(   )     公務員人件費二割削減など
   /     \    やるべき事を
     II II      やらないで
                偉そうに
                言うな~~

鳩山氏、小沢氏、菅氏のガラスのトロイカ体制、民主党を壊してしまった元凶は菅元首相だ (かっちの言い分) 
日本一の裏切り男菅直人の真相
popopo
お遍路で国民が許すと思うなよ!
菅お遍路菅ノム子
amneris84 Shoko Egawa
大坪本の中で、一つだけ「おや」と思うエピソードがあった。大坪元部長が、前田元検事について妻に話をし、メールも送っていることなどから、それに関連して事情聴取をしなければならないと、取り調べの最高検検事が告げた時のこと。大坪元部長は激怒して、次のように宣告した(続く)
続)「やるならやってみろ。知っている全ての秘密をバラして検察をガタガタにしてやる!」。そして、妻への事情聴取は行われなかった。大坪氏らがやっていた特捜部の捜査では、家族や秘書などへの事情聴取はもちろん、別件で逮捕するとの脅しで被疑者の自白を迫るのが常。今回の大坪氏については(続く
続)そうした別件をちらつかせての脅しではなく、彼の認識を確認するうえで当然やらなければならなかった事情聴取ではなかったのか。それが「秘密をバラしてやる」という大坪元部長の脅しで、最高検が手控えたのだとしたら、それこそが問題ではないのか

スポンサーサイト



ま、アメリカと霞が関の地位協定談合一味が全部悪いわ

「福一も防衛省もいまも人類への害毒大量拡散中」

>12月26日東京新聞 私説・論説室から:返還問題か、移設問題か
>「返還」と書くか「移設」と書くか。たかが二文字、されど二文字である。▲

書くべきは「破棄」の二文字。

すなわち地位協定破棄。

それだけで沖縄すなわち日本から治外法権軍属が屯する米軍基地は存在できなくなって倒産して無くなる。
なぜならもう米国には海外の交戦中基地を維持する財力がないから、撤退せざるを得ない。

それとも極東に戦争を起こして特需を演出し沖縄と本土の基地に交戦中治外法権=地位協定をたてに居座り続けるか。
アメリカの選択肢はこのふたつにひとつしかない。

参照:長周新聞
朝鮮転覆狙い軍事緊張作る米国
金正日氏急死
 米日韓軍事同盟で戦争挑発    2011年12月21日付
>>http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/tyousentenpukuneraigunjikintyoutukurubeikoku.html


平和を守る日本人はすべての精神力を地位協定「破棄」=平和憲法独立不羈立国へと集中させよう。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/450-6bd1c31e

 | HOME | 

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム