FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第710巻 「検察審査会法改正案」を参議院に提出しました。 生活の党 森ゆうこ参議院議員 など  

第710巻 「検察審査会法改正案」を参議院に提出しました。 生活の党 森ゆうこ参議院議員 など

2013 - 06/15 [Sat] - 00:17

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
  (官僚&マスコミによる民主主義破壊批判大全集)

■官僚&マスコミに関するものすごい数の批判意見をリンク転載していきました。参考にしてください。速報リンク転載版はこちらです

第710巻 「検察審査会法改正案」を参議院に提出しました。 生活の党 森ゆうこ参議院議員 など

「検察審査会法改正案」を参議院に提出しました。 生活の党 森ゆうこ参議院議員 
森ゆうこ議員ら、生活、民主、社民3党で、明日は我が身に降りかかる検察審査会の改正法案提出 (かっちの言い分) 

aika
小沢氏の森ゆう子議員を讃える演説、胸を打たれました。
「検察と直接対峙して闘う事は、普通の政治家に出来る事ではない。
森君は、同志でもあり、僕の大恩人でもある!」
心が、篭っていました

      そもそも
ζ( ゜曲゜)ζ/ 最高裁事務総局は
<(  ) 検察を審査する機関である
 /  \ 検察審査会を
  UU  政治家(小沢氏)を
  貶める為に使うな~!
  司法が
  謀略の限りを尽くして良いのか~!
 
6月14日 最高検は「捏造報告書」漏えい者の処分なし!積極的に流出させたのか! (一市民が斬る!!) 
6月12日 最高裁、度が過ぎるぞ!作りも作ったり340枚の偽「審査員日当旅費請求書」! (一市民が斬る!!)元特捜部長ら、二審も無罪主張へ FD改ざん隠蔽事件(朝日新聞デジタル)
〈書籍〉真説!小沢一郎謀殺事件 平野貞夫(著) 6月10日発売 [内容紹介]
新刊『小沢一郎謀殺事件』のご案内 「小沢一郎謀殺劇こそ日本政治最大の闇と謎」 平野貞夫 
真説!小沢一郎謀殺事件 
最高裁事務総局の社会支配と戦う市民集会 司法の闇に光を! IWJ  「司法の闇」は深かった! 
陸山会事件虚偽報告書 元検事に「不起訴不当」(東京新聞:こちら特報部)【陸山会事件虚偽報告書】 「(不起訴不当)元検察幹部が、検察不祥事の事件で法的な助言をする審査補助員を務めるのはおかしい」 by・八木啓代氏。さて、どうお受けになりますか:東京弁護士会を追い詰めてまいります (八木啓代のひとりごと) 
誰が小沢一郎を殺すのか 
6月4日 腹黒・最高裁、捏造報告書を流出させて「架空議決」を誤魔化した! (一市民が斬る!!) 司法の闇に光を!改憲に抗するために!+【遠隔操作事件】「罪証隠滅のおそれ」 って何?(嘘の自白を取ろうと思って検察は必死だろうが許し難いよなー)
NHK 大阪地検激怒で「取り調べ可視化」番組を放送延期した (週刊ポスト) クローズアップ現代「中止」? 検察のイヌになり下がった国営放送 (今西憲之) クローズアップ現代中止疑惑 取材源をケアできんNHKはあきまへんな (今西憲之) 
NHK,ここでがんばらなくてどうする?! →<NHK>取り調べ映像の「クローズアップ現代」放送延期  江川紹子 
「> 観れば、多くの人は、「この程度のことを国民に知られるのさえ検察はいやなのか~」と驚くでせう」 山口一臣氏 
「このようなことを続ける検察には「証拠の独占」を許すことはできない:郷原信郎氏」 (晴耕雨読) 
【PC遠隔操作事件】「裁判所は信用できない」「検察は証拠を捏造する」「警察官は平気でウソをつく」by・元東京高裁の判事・木谷明。



スポンサーサイト



マイケルグリーンよ。このFAXを見て泣いてアメリカへ帰れ、バカめw

外道なおまえの下司下郎な手足である四権(立法行政司法+マスゴミ)執行機関に日本国主権者勤労納税国民が日本国憲法に保障された直接参政権を行使して直通FAXを送りつけてまとめて全部ふん縛ってやる。おまえごときにはもうなにもできんよw

-----------------
-----------------

内閣総理大臣 安倍晋三殿    並びに 全国務大臣殿 全国会議員殿
総務省中央選管及び事務次官殿 総務省統轄国務大臣殿 NHK殿 
法務省内閣法制局及び事務次官殿 法務省統轄国務大臣殿 
最高裁事務局及び長官殿 法テラス殿 
国家公安委員長殿 警視庁長官殿 警察庁長官殿
全国都道府県全国市区町村首長殿 当該地裁所長殿 当該地方警察署長殿 当該地方選管委員会殿
大手新聞社大手テレビ局各地地方支社支局報道局長殿 当該地方メディア報道局長殿 各位

主通信文
日本国憲法前文「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、」にある通り、日本国憲法国民主権の根幹は公正で不正のない国会議員選挙である。
しかるに昨年12月16日衆議院選挙は選管の不正な選挙管理が行われた日本国憲法違反の重大刑事犯罪選挙であった。
日本国憲法を誠実に遵守する我々国民は憲法が主権者国民に保障する基本的人権直接参政権を行使してすべての国政選挙を以下の如く監視し選管行政を直接国民監査する。
-----------------------------
昨年12.16投票場の鉛筆は選管の投票妨害という憲法違反犯行だった。
鉛筆文字は開票仕分け機ムサシで機械的に改竄された。選管に鉛筆犯罪を止めさせてすべての投票場に油性ボールペンを用意させよ。
期日前投票箱は期間中午後8時から翌朝8時まで指紋認証電子ロックで封印して所轄警察署長室金庫に保管せよ。投票日には夜8時まで警察で保管すること。
開票仕分け計数機の導入は総務省の随意契約談合汚職であるから各地選管で開票仕分けにムサシ等の機械を使用すれば総務省の憲法違反と汚職を警察へ告発する。
仮に開票仕分け機を使用したらば必ず公務員の手作業で機械仕分け後の全票目視確定検査を立会人の監視ビデオ全録画のもとで公明正大に行え。
この全票手作業最終目視確認を省略すればただちに当該開票場の憲法99条違反選挙妨害公務員全員を現行犯逮捕し、主権者国民が直接参政権を行使してすべての開票検票目視確認作業をDVD全録画記録のもとに代行する。
投開票は同じ場所で市民の立ち会い監視全経過ビデオ記録のもと各会場毎にすべて公務員の手作業で行え。
各開票所の集計結果を中央選管にファックス送信して中央で全体集計し開票率100%で初めて当選者確定発表。
臆測流布風評被害当確速報報道を全テレビ局に対して絶対禁止とし、抜け駆け当確速報報道があれば中央選管公務員守秘義務違反リーク犯行の証明である。その場合直ちに集計停止結果破棄し、全開票場で最初から全票公開手作業で徹夜再計数とする。速報したテレビ局は放送免許取消処分に付す。
投票時間の恣意的な短縮又は場外に投票者の列があるのに定刻で投票場を閉鎖すれば憲法違反の投票妨害であるから妨害行為公務員を現行犯逮捕してすべての来場主権者国民に投票行為を完了せしめよ。これが一票の重みの平等である。
選管は投票用紙に不正流用防止の通し番号を印刷しなければ偽札作りと同等の内乱罪である。直ちに通し番号印刷せよ。
・・・詳しくは「12.16不正選挙」リチャード・コシミズ著 定価1764円(税込)を参照せよ。
・・・販売者郵便番号住所電話番号等後記の新聞広告通りhttp://richardkoshimizu.at.webry.info/201305/article_109.html

「憲法99条違反内乱罪選管不正選出憲法違反外患誘致罪国賊総理安倍を憲法70条懲戒罷免せよ!」
「99条違反内乱罪選管1216同日最高裁裁判官国民審査も不正審査である。直ちに再審査せよ!」

以上、日本国主権者国民勤労納税者が直接参政権を行使して一筆啓上。

---附記:日本国憲法第10章 最高法規---
第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
  2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

送信終了


------------------
------------------

>>http://blog.goo.ne.jp/kill_me_deadly/e/661392a9521b1e9600431363ea01c0f0

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/551-803e7dec

 | HOME | 

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム