FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 日本特捜部の真実ニュース > 第882巻 「日産・ゴーン氏事件」で問われる“日本人の品格” など  

第882巻 「日産・ゴーン氏事件」で問われる“日本人の品格” など

2018 - 12/18 [Tue] - 20:39

「日産・ゴーン氏事件」で問われる“日本人の品格”(郷原信郎が斬る)
国策捜査との疑いも囁かれている。
手口は陸山会事件と酷似している。
モリカケでは逮捕・起訴がなく、陸山会・ゴーン事件では合法なものを、違法にする罪を生み出す摩訶不思議な工作までしている。
これから、安倍政権が絡んでいると推認され、日本の品格を落しているのは日本人でなく、安倍政権というのが正しいだろう。
安倍政権は日本人が選んだので、日本人の品格が落ちているとの反論もありそうだが、罪を作ったり、無き物にする安倍政権なので、不正選挙で築き上げた政権と捉えれば、日本人ではなく、一部の集団が品格を下げていると言える。

検察の罠
ゴーン氏特別背任逮捕は、追い込まれた検察の「暴発」か(郷原信郎が斬る)
検察テロ剥きだし ルノー会長のクビ狙い 
追い詰められた特捜 「人質司法」批判に大博打の元凶<前> 大昔の背任容疑で「何を今さら」(日刊ゲンダイ)
追い詰められた特捜 「人質司法」批判に大博打の吉凶<後> これは国策捜査なのか 黒幕は誰なのか(日刊ゲンダイ)
ゴーン再々逮捕でも「有罪にはできない」 国際社会の検察批判恐れ、苦し紛れ? 日産クーデターの末路〈dot.〉
安倍夫婦がバカップル化して異常なテンション
<ローラ発言の波紋>裏に安倍昭恵の影があり!(simatyan2のブログ)
ゴーンは獄中でも巨悪は眠っている 地検特捜への国民感情 なぜ特捜部はモリカケを不問にしているのか(日刊ゲンダイ)
ゴーンの再々逮捕に比べて報道から消えていくモリカケ(そりゃおかしいぜ第三章)
「従軍記者」朝日の“値千金のドキュメント”が描く「検察の孤立化」(郷原信郎が斬る)
ゴーン氏の主任弁護士の大鶴氏は小沢一郎氏強制起訴に関わったキーパーソン(かっちの言い分)
大鶴
ゴーン前会長出廷で改めて露呈した特捜部の無理スジ捜査! 国策捜査の背後に安倍政権幹部と経産省の影(リテラ)
<東京新聞、目から鱗の落ちる記事を見つけた!>米国が日本の司法に従わない本当の理由  天木直人 

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/732-c1e9e8a4

 | HOME | 

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム