FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第251巻 三宅久之等が「官房機密費」から多額の現金 など  

第251巻 三宅久之等が「官房機密費」から多額の現金 など

2010 - 05/02 [Sun] - 09:44

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
    (特捜検察の民主主義破壊批判大全集


■検察のおかしな逮捕に関するものすごい数の批判意見をリンクしていきました。参考にしてください。

第251巻 三宅久之等が「官房機密費」から多額の現金 など
 ==>リンク集を開く

政治評論家・三宅久之等が「官房機密費」から年一千万円という多額の現金をもらっていた。なるほど。三宅等が「御用評論家」と言われながら大きな顔をしている理由がよくわかった(笑)。
宮崎三宅たとえば、岸井某、宮崎某、青山某、北野某、福田某・・・等も(???)。官房機密費という黒いカネに買収されている政治評論家・三宅久之等、あるいは政治的な発言を繰り返すテレビ・タレント等の名前を公表し、即刻、テレビ画面から追放せよ。
疑いをかけられた各評論家は、身の潔白を証明する説明責任があるのではないか?


Re: 三宅久之が「官房機密費」から多額の現金
渡辺>ちなみに小沢さん亀井さん岡田さん原口さんは記者クラブを廃止し
>雑誌インターネット記者にも開放しています。
前原はなぜ開放しようとしないのでしょうか。グループに小宮山・安住などNHK出身者をかかえているからでしょうか。
生方生方は元読売で問題外ですが、「官房機密費」がもらいたかったのに、自民党にはいれなかった人たちなのでしょうか。
裏金脱税王はマスコミだったわけですね。それで昨年からネガキャンに徹してきたが、民主党になって裏金がもらえなくなってさわいでいたのですね。


毒饅頭(機密費)」を食らった評論家はどこのどいつだ~!

野中氏官房機密費の使途を具体的に証言
飯島元自民政府官房長官だった野中氏が官房機密費の使途を証言している。
○毎月5000万円~7000万円使った。
○首相に毎月1000万円、幹事長や国対委員長などに毎月500万円
○政治評論家にも配った。受け取らなかったのは田原氏だけだった。
○政治家から評論家になった人から小渕総理に自宅を新築したからと祝い金3000万円の要求があった。
○配る相手は名簿に記載されており、官房長官の引継ぎになっていた。
岸井今、政治評論家が民主政権を盛んに攻撃しているが、金を配らなくなったからではないだろうか。
また毎月1000万円受け取った歴代総理大臣は、横領罪にはならないのか。少なくとも脱税にはなると思うが。最近の総理、小泉、安部、福田、麻生などだけでも毎月1000万円受け取っていたなら、返却すべし。


野中広務元官房長官の機密費暴露発言にはウラがある
河上星浩2この野中氏の暴露が非常に大きいのは、権力を監視するはずのマスコミ人も含めた評論家たちが、具体的なワイロを受け取り、政権の批判もせず、意向にそっていたことだ。
この構図はアメリカのCIA工作資金が自民党にまわり、対米従属外交を続けてきたのと全く同じである。
この評論家のなかにはあの「痴の巨人」も入っているのではないか・・・?


後藤小沢叩きの元凶である『三宝会』とCIA人脈

小沢一郎幹事長の「起訴相当」には誰もが2度びっくり

検察ファッショ戦慄の裏側
地検の現場は小沢幹事長の早期起訴でうごめいている
議員これほど問題があるのに、検審を考える議連ができるのはいけないのか。小沢捜査に関して、世間には誤解と無知が多い。民主党議連は、小沢捜査の本質が何だったのかを問いかける運動から始めた方がいい。

<<保存版>>
無理スジを押し通し、敗北に向かう検察
3名の秘書は無理筋起訴。したがって、検察の敗北は濃厚。当然、小沢氏の共謀罪が成立するはずもない。

小沢一郎電波利用料オークション 
マスメディアが報道しない理由
記者会見のオープン化を最初にしたのは小沢民主党代表。クロスオーナーシップの禁止を発言した原口総務大臣。民主党で彼をバックアップする小沢幹事長。電波利用料オークション制の導入に意欲を燃やす小沢幹事長・原口大臣の頑張りどころである。

 ==>リンク集を開く

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/84-e3361f17

 | HOME | 

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム