FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第252巻 官房機密費ワイロ事件「自民党お雇い工作員」 など(日本は買収テレビ新聞による洗脳国家だった)   

第252巻 官房機密費ワイロ事件「自民党お雇い工作員」 など(日本は買収テレビ新聞による洗脳国家だった) 

2010 - 05/03 [Mon] - 11:29

   西松&郵便&水谷捏造事件の真相 ●最新版
    (特捜検察の民主主義破壊批判大全集


■検察のおかしな逮捕に関するものすごい数の批判意見をリンクしていきました。参考にしてください。

第252巻 官房機密費ワイロ事件「自民党お雇い工作員」 など 
      (日本は買収テレビ新聞による洗脳国家だった) 

 ==>リンク集を開く

お笑いタレントは、何故、政治的発言を繰り返し、自民党を擁護するのか? その方が、お笑いよりカネになるからなのか(笑)。(写真はテリー伊藤。この男は典型的な自民党お雇いの工作員だな。)
タケシテリー野中は、政治評論家だけではなく、政治的発言を繰り返す「お笑いタレント」たちにも、官房機密費から、盆暮れの二回、500万円ぐらいずつ、つまり年間1000万円のカネを手渡したと爆弾証言したが、ootaこれで彼等が、何故、政治や政局の話に固執するかという謎の一端がほぼ明らかになったと見ていいだろう。お笑いタレントたちこそ、自民党に買収された情報工作員、つまり日本国民を洗脳するための「自民党お雇い工作員」だったのだ。テリー伊藤、ビートたけし、太田光・・・。

御用評論家は「説明責任」を果たすべきだ
辛抱みのもんた『極秘メモ流出!内閣官房機密費をもらった政治評論家の名前』竹村健一 200、藤原弘達 200、田原総一郎 100、俵孝太郎 100、細川隆一郎 200、早坂茂三 100、三宅久之 100(単位は万円)
御用タレントとしては、みのもんた、テリー伊藤、北村弁護士、大田光(爆笑問題)、古館伊知朗、ビートたけしの面々。
古舘後藤御用キャスター(ジャーナリスト)として、後藤謙次(元・三宝会の世話人)、木村太郎、辛坊次郎、青山繁晴、田崎史郎、橋本五郎(読売)、星浩(朝日)、岩見隆夫(毎日)、岸井成格(毎日)、桜井よし子、池上彰など。
御用コメンテーター(評論家)として、三宅久之、田崎史郎、屋山太郎、福岡正行、河上和雄(元・東京地検)など。

星浩2
政治評論家の終焉。
政治ジャーナリズムの終焉。

宮崎三宅 植草一秀を、批判、罵倒するだけでなく、その存在を社会的に抹殺すべく、「性犯罪者」というだけではなく、「病者」とまで呼び、「入院・治療」の必要性を主張した宮崎某は、何を根拠にしてそういう暴言を吐き続けたのか。「植草を徹底的に潰せ」という政府関係者からの働きかけを受け、それを忠実に実行したのではないのか。つまり、宮崎某にも官房機密費かあるいはそれに類するカネが渡っているのではないか。河上岸井いずれにしろ、政治評論家やお笑いタレントが密にカネをもらうことよりも、カネで言論を売り渡し、権力者やスポンサーに迎合するような言論や報道を繰り返すことこそが、マスコミに溢れる政治評論や政治ジャーナリズムの自滅と終焉を意味している。我々は、これから、三宅久之やテリー伊藤、河上和雄、岸井成格等のような政治評論家やお笑いタレント、元検事のコメンテーター、新聞記者等が、突然、民主党や小沢一郎を罵倒し、自民党擁護の政治的発言を始めたら、官房機密費にかかわる「言論とカネ」という問題を思い浮かべながら拝聴することになろう。

今日のテレビのクズ番組では官房機密費=賄賂を懐にして来た評論家まがいやマスゴミのゴロツキどもは偉そうに小沢・民主党攻撃に精出したのかな。まあ、恥知らず連中だ、黙っていれば逃げられると思ってんだろう
こういう野中発言が出て来て、あの河村コケシ官房長官がアホーアッソー政権末期の衆院選敗退直後のもうやることのない時期に2億5000万円の官房機密費をコソドロしていった件だが、ますますこの手の賄賂に回ったのが鮮明になった訳だ。しかし、検察はそのコソドロに関して告発が出ているのにまったく動こうとしないな。小沢幹事長などの件ではえらく仕事が早く税金を湯水のように投入してんだが。つまりはあの2億5000万円の中から検察のくそ連中にも相当の賄賂が行き渡った成果と理解できるのかな。

田原金欲評論家・ジャーナリスト一覧
この中に機密費まみれの偽評論家・偽ジャーナリストがいるな。。。
今後の奴らの発言にはチェックが必要。。
検察も動けよな。。どうみたって収賄だろ。脱税だろ。
( 当然、マスコミに渡っていたら、所得を申告をしていない事になりますし、首相経験者であれば、所得もしくは政治資金不記載、自民党の国対に渡っていたのであれば、政治資金の部分で記載漏れ・自民から野党の国対へ渡った分も政治資金規正法違反w・・・時効前に始末をv )


田原さんもそう胸を張れることはないと思うんだが

官房機密費を暴露した野中広務の真意を測る
河村自民党が衆院選で敗北し、政権交代が決まった2日後に麻生内閣の河村官房長官が通常の2.5倍、2億5000万円を引き出した。河村氏はいったい何に使ったのか。選挙資金の穴埋めとか諸説が乱れ飛んだ。本来、もはや実質的には政権を失った状況で、それほどの巨額資金を使う正当な理由があるとは思えない。大阪市の市民団体「公金の違法な使用をただす会」のメンバー39人が背任容疑などで河村氏を東京地検特捜部に告発したのはその意味でしごく当然であるが、いまだに東京地検が捜査に乗り出したという話を聞かない。河村氏を告発した原告代理人のひとり、辻公雄弁護士は野中氏の発言で官房機密費の実態がはっきりしたとして、東京地検に証拠資料の請求をしたという。常識的な「市民感情」から言えば、政治資金収支報告書における記載期日のズレよりも、2億5000万円もの公金の使途こそ、法廷で明らかにしてもらいたい重大な問題なのではないだろうか。

野中広務氏の「官房機密費暴露」の裏読みと小沢戦略

タイム誌世界100傑に鳩山氏!報道しないマスコミ

記者クラブ優遇のぶら下がりは廃止せよ
鳩山首相「ぶら下がり」やめたい 周囲に意向
フルオープン会見の増加が実現するなら、記者クラブのみを優遇する既存のぶら下がりは必要ない。国民の為と言っている記者クラブ会員の既存メディアは、国民が多くの情報を得られる機会を奪い、自分達に都合のいい情報操作のしやすいメディア運営をしようとしている。つまり、国民を騙そうとしている。このようなメディアの作り出しているテレビ番組や新聞に騙されてはいけない。全てではないが、ほとんどの既存メディアがそうなのが現状である。自分で信用出来る情報を選別し、取捨の正しい判断をしなければいけない時代になったのだ。皆さん、くれぐれも、既存メディアに騙されませんようにお気をつけ下さい。

郵便不正事件・倉沢被告への判決を読んで(江川紹子ジャーナル)

 ==>リンク集を開く

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/85-4364896c

 | HOME | 

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム