FC2ブログ

新聞テレビ報道に騙されないように、ネットで真実を追求しましょう! 西へ行く 東へも行く 真ん中を行く   中行(中行庵にて)

  日本の真実ニュースリンク     。のナビゲーター   トップページ  > 小沢事件の真実ニュース2 > 第258巻 売国“談合”マスゴミとカネ(官房機密費)など  

第258巻 売国“談合”マスゴミとカネ(官房機密費)など

2010 - 05/09 [Sun] - 10:49

■検察とマスコミのおかしな逮捕に関するものすごい数の批判意見をリンクしていきました。参考にしてください。

第258巻 売国“談合”マスゴミとカネ(官房機密費)など

売国“談合”マスゴミとカネ(官房機密費)
番組構成に仕組まれたサブリミナル効果&洗脳報道と“認知的不協和”について

img_1547703_48263367_0.jpg
官房機密費をせびる悪徳洗脳テレビ報道番組ワースト10

毎日新聞の重チンジャーナリストまがい、岩見隆夫がツイッターを「正統な言論でない」と必死。そらそうだ、ツィッターでは機密費バラマキ問題が書かれまくっている

日本のメディア産業の行方
chara4.gifとくに、報道というのは、第四権力ともいわれるマスコミの影響力の根源であり、自らの影響力の大きさを自覚すればするほど、国民をミスリードしないように、徹底して、自問自答しなければいけない。とくに新聞社は、日中戦争、太平洋戦争で国民をミスリードして、無謀な戦争に煽ったという、大きな前科もあるわけだ。
河上取材といっても、テレビ局の場合は、街角インタビューを、制作会社に安いコストでやらせて、それも、誘導質問をしたあげく、自分たちにとって都合のいいインタビューだけを切り出す。または、インターネット上で情報提供者を募集して、どうみてもうさんくさい人間を、「関係者A」という形で、覆面で、音声を変えてテレビに出す。(前回、バンキシャがこの件で、BPOでも問題になったが)
結局、彼らが意識しているのは、情報操作をするうえでの「利権」であって、ある意味、世論操作マフィアともいえよう。
後藤「風を吹かす」というが、とにかくこの点に関しては、実に巧妙なテクニックをもっている。各新聞社、テレビ局て毎週分担を決めて、毎週のように、「支持率が下がりました」ということで、政権を追い込むことで、自分たちの力を、政府側に誇示する。
みのもんたそれから、御用評論家や、御用コメンテーターをテレビなら台本、ディレクター指示で、一方向の発言をさせ、また、新聞ならそういうお抱えの評論家がいるわけで、つまりは、本来、メディアというのは、視聴者、読者のほうを向いて、きちんと情報を届ける、という仕事のはずが、いつの間にやら、利権とズブズブの集団になった。渡辺いや、これは戦前、戦後を通じてのことかもしれない。戦後まもなく、公職追放されたはずの新聞経営者がGHQ撤退後もどり、正力松太郎(読売)や、緒方竹虎(朝日)のような、CIAや、自民党の協力者がすでにメディアから出ている。
岸井そもそもテレビ局や、新聞社なんて、政治家の息子だの、娘だのコネだらけだし、また政治家そのものに、元新聞記者がけっこうな数がいるというのも、うさんくさい。こういうことを国民は、よくわかっていないから、新聞や、テレビ局は、「公平・中立」であるという大ウソを信じてしまうわけだ。


江川辛抱江川昭子氏の意見を遮る辛抱、鳩山首相がコケた時の日本

外務省は国家の悪性癌細胞の1つだ
川内博史議員、テニアンより電話出演。外務省を「はじめから国外移転不可として米と交渉していない」と批判。岡田外相について「沖縄県内移転可と思っているのは日本中であなただけだろう」。よく言って下さいました。

普天間移設問題~大メディアが伝えない米国のホンネ沖縄県民の怒りの火に油を注いだのはテレビだった―。(ゲンダイ的考察日記「鳩山VS沖縄県民」をひたすら煽るテレビの無責任報道政局こしらえて視聴率稼ぎの魂胆
鳩山「沖縄の飛行訓練を全国分散」は 鳩山の高等戦術か?  
(世相を斬る あいば達也)
高等戦略でもなんでもなく、普天間の問題は国外か本土しかなかった。最初から本土のことを表に出すと、回りまわって沖縄しかないって結論(本土の人口が圧倒的に多い)が出るので、先に沖縄を潰して次に本土は当たり前でしょう。マスコミが少し気づきだして論調に迷いを感じます。本土の場所を特定しないで議論を先行していけば基地問題を参議院選挙の争点にする事も可能です。 アメリカ軍基地を極力減らして日米安保を維持して、アジアで平和を維持するのが民主党だと訴えれば勝ちます。バカなマスコミを利用する意味では高等戦略かも。

小沢氏起訴相当議決を考える(検察審査会)
議員本来、被害者救済の為のシステムであるはずの検察審査会。今回、何故このような事になったのか。原因はマスメディア・司法制度にある。まず、取調べが全面可視化されれば間違った検面調書が作られる機会も少なくなるし、その信憑性も格段に高くなる。更に、その取調べの内容がマスコミにリークされ、被疑者が追い詰められた時も真実を見極める事が可能になる。そしてマスメディアの偏向報道(極端な警察・検察・既得権寄り報道)と既得権との癒着を是正するため、マスコミ改革(クロスメディア規制・電波オークション制)を実施しなければ、正しい情報を得ることが出来ない。また、野中氏が暴露している官房機密費の問題を徹底的に調べ、マスコミや御用メディアの腐敗を国民の前に明らかにすることが不可欠だ。

小沢一郎「起訴相当」議決と自称「審査申立て人」についての追加的雑感

官房機密費に関する野中広務氏の爆弾発言
本心は計り知れないが、官房長官だった政治家の発言であり、相当大きく重い。
なのに、マスゴミは無視している。

飯島そういえば、田中真紀子氏も外交機密費に手を付けようとしたら、小泉に切られたな。
外交機密費も、外務省から官邸に上納されていたようだ。

検察も、裏金情報を小泉に握られ、取り引きしてから“けもの道”を歩くことになっのは、阿修羅の支持者であれば周知のとおり。

機密費は、政治評論家だけでなく、マスゴミ各社にも流れていたんだろう。
そう考えれば、異常な検察、マスゴミの鳩山、小沢氏への攻撃が透けて見える。

マスゴミの奴らは許し難い。あれほど小沢氏に対し、説明責任とぬかしやがって、自らは黙りを決め込んでいる。
自分は小市民であるが、マスゴミに抗議しようと、手始めに朝日新聞社に電話した。

電話は、一方的に切ることができないので、メールに比べて効果100倍である。
メールなど、無視されて終わり。

以下、その時のやり取り。
なお、(自)自分、(朝)朝日新聞社である。

(朝)朝日新聞社、受付です。
(自)政治部に繋いでくれ。

(朝)読者ですか。
(自)違う。(朝日新聞など読むか!!)一般の者だ。
(朝)では、政治部にお繋ぎします。
   ……はい。政治部です。(窓際族的な中年が出た)

(自)官房機密費に関する野中氏の発言について、苦情を言いたい。
(朝)何時の記事の件ですか。
(自)記事の話ではない。官房機密費がマスゴミに流れていたと、ネットで騒がれているだろう。
(朝)ネットですか。何時の発言ですか。
(自)2日かな。苦情が行ってるだろう。
(朝)初めてです。(嘘をつくな!!)
(自)新聞社のくせに、随分とアンテナが低いな。
(朝)……。

星浩2(自)ニュースステーションに偉そうに出ている、星浩も貰っていたのか。
(朝)貰っていないと思います。
(自)いないと思いますだと。社内で調査しないのか。調査しないのに、貰っていないと何で言えるのか。
(朝)……。
(自)貰っていると、疑いが掛かっているのだから、説明責任があるだろう。
(朝)明らかな指摘はありませんから。

(自)あんたら政治部の者も貰っていたのか。
(朝)多分、貰っていません。(多少、声が震える)
(自)多分? 絶対、貰っていないと言い切れるんだな。
(朝)……。(コイツラも手を染めていたんだ!!)


(自)言いたいことは、おたくらマスゴミは、小沢一郎に対し、朝から晩まで説明責任と騒いでいたじゃないか。疑いを掛けられているおたくらにも、説明責任があるんじゃないの?
(朝)……。

(自)まったく、あのころは朝から晩まで、検察か弁護士しか知り得ない、検察のリーク情報を垂れ流しやがって、あんたらに正義感なんてないのか。
(朝)……。


(自)新聞の販売部数、落ちてるだろう。
(朝)まぁ…。
(自)いい気味だ。まあ、せいぜい頑張ってくれ。(当然嫌み)
(朝)有り難うございます。


ついつい興奮してしまう。(多少反省)
今日は、時間がないので、早めに切った。何時もは30分ぐらいは粘る。

明日は、毎日に電話するか。1日1ゴミ。
押し紙についても訊いてみるか。
でも皆さんの中で、誰か朝日新聞社に抗議しなかった? 誰かいない?

小沢支持者よ。行動あるのみ!!


マスコミへの苦情を言う時の連絡先。一覧

野中発言のニュース   



スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lm2lm3.blog129.fc2.com/tb.php/91-73b94b07

У?ά ?? ?顦?顦? ?

?ά?

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

納屋中行

Author:納屋中行
私は普通の老人(男)ですが、戦前を思わせるようなテレビ新聞の報道に自由と民主主義の危機を感じて、個人的なリンク集を作りながら勉強しています。

コンテンツ

最新記事

月別アーカイブ

下関地方ニュース

おすすめリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

検索フォーム